復縁したいあなたへ!連絡時期など復縁成功する10個の方法をご紹介

qu-lu
ライター: qu-lu
失恋・復縁
スポンサーリンク

復縁したいあなたへ!連絡時期など復縁成功する10個の方法をご紹介

「大好きなあの人ともう一度やり直したい」「別れたことを後悔している」こんなことを考えていませんか?一度別れてしまった相手にやり直したいと伝えるのは難しいですよね。

確かに復縁は簡単にできるものではありませんが,
連絡する時期や正しい方法を知れば復縁の可能性は高くなります!

今回は復縁したい人に向けて、復縁を成功させる方法をご紹介します。

恋人と別れる理由によっては復縁を考えていい!

恋人と別れる理由には様々あります。「復縁をしたい!」と望んでいても、別れた原因によっては復縁をしない方がいいこともあります。

恋人が別れることには、どのような理由が考えられるのか見ていきましょう。

  • マンネリ化した
  • 喧嘩の勢いで別れた
  • 恋人があなたに興味をなくした
  • 相手の浮気が原因で別れた
  • 結婚を重荷に感じてフラれた

このように別れる理由は様々です。どのような別れ方ならば復縁を考えてもいいのか、別れた理由の詳細と共に解説していきます。

マンネリ化した

マンネリ化が原因で別れてしまった場合は、復縁を考えても問題ありません。マンネリ化はカップルであれば必ず訪れる壁です。マンネリの壁を乗り越えて仲良くなる人もいれば、その壁を乗り越えられずに離れてしまう人もいます。

マンネリは一緒にいすぎたこと、新鮮さがなくなってしまったことが原因なので、マンネリ化で離れるのは、新鮮な気持ちを蘇らせるために大切な時間です。

人によってどれくらいの期間を空けるかは様々ですが、自然と元に戻っていきます。マンネリ化が原因で別れたならば深くは考えずに、時間の流れるままに身を任せてください。

喧嘩の勢いで別れた

つい熱くなってしまう人であれば、喧嘩の勢いで別れを決断してしまうこともあるでしょう。

勢いで別れたカップルであれば、頭が冷えれば相手の大切さに気付けます。

何度も喧嘩別れしては復縁する状態を繰り返すのは良くありませんが、一度くらいであればすぐに復縁しても問題ありません。

むしろ別れていたと考えるよりも、喧嘩して距離をおいていたくらいに考えてください。喧嘩の勢いで離れてしまった場合は、早めに相手に連絡をすることをおすすめします。時間が経てば経つほど戻りにくくなってしまいますよ。

恋人があなたに興味をなくした

興味をなくしたと聞くと、一見もう戻れないように感じられます。しかし、興味がなくなったというのは、当たり前になりすぎていることが原因だったりします。

好きな食べ物だって毎日食べ続ければ飽きてしまうように、人は当たり前になりすぎると飽きてしまうもの。会う頻度が多かったり、毎晩電話をしていたり、いつでもLINEを送り合っている関係であれば、相手はあなたの存在を近くに感じすぎて、あなたへの興味をなくしてしまうかもしれません。

相手が興味をなくして「冷たくされている気がして別れた」、もしくはフラれたのであれば、期間を空けることで復縁を望めます。興味をなくすくらいに常に一緒にいたのであれば、時間を空けることで相手も喪失感を感じるようになります。

相手が自分の存在の大きさに気付くまで何も仕掛けずに待てるのであれば、復縁を考えましょう。待てずに自分から連絡を送ってしまうと「面倒な人」と思われてしまい、復縁を望めなくなってしまいます。

相手の浮気が原因で別れた

相手の浮気が許せずに別れてしまったのであれば、復縁を考えるのはやめましょう。浮気が原因で別れたということは、浮気をした相手を許せなかったということです。

時間が経って許せたと思うかもしれませんが、今後も「浮気するんじゃないか?」という目で相手を見るようになってしまいます。浮気の内容にもよりますが、一度浮気をしたということは、もしかしたらもう一度浮気をするかもしれません。

勿論相手が反省をして浮気をしなくなることも期待できます。復縁をしても必ず元に戻れるとは限りませんが、どうしても相手を好きでいるのであれば、様子見で復縁を考えてみてもいいかもしれません。

結婚を重荷に感じてフラれた

20代後半になればお付き合い=結婚を考える人も増えるでしょう。しかし、まだ結婚を考えていない男性にとっては、その事実が「結婚」のプレッシャーとなってしまうこともあります。

その結果、女性側が「結婚したい」と口に出さなくても、「結婚を考えていないのにいつまでも付き合っているのは悪い」と思い、別れを切り出すことも。

結婚できないことを理由にフラれたのであれば、復縁を望むのはやめましょう。付き合い続けても結婚ができないままに、ずるずる付き合うだけです。

早く結婚しておけばよかった、結婚できる相手と付き合っておけばよかったと思い始めた時には出遅れていることもあります。好きな人でも、結婚を望めない相手であれば時には諦めることも大切です。

復縁したい人が知っておきたい7つの心得

復縁を考える時には、心得ておきたいことがあります。

復縁は片思いから付き合うことよりも難しく、心が折れやすいものです。心が折れないために、心得ておくべきことを見ていきましょう。

  1. 別れてすぐ連絡しない
  2. 連絡しない期間を作る
  3. 未練を相手に伝えない
  4. 付き合ってた頃の感覚で連絡しすぎない
  5. 恋人感覚の発言は避ける
  6. 復縁は長期戦
  7. 追われるように仕向ける

上記を見てもわかるように、普通の恋愛とは気を付ける内容が違います。復縁を成功させるために、それぞれの詳細を確認してみてください。

1.別れてすぐ連絡しない

「別れたくなかった」という気持ちが強いと、別れ話をした帰り道にLINEで自分の思いを伝えてしまうこともあるでしょう。しかし、すぐに思いを伝えてしまうと、未練たらしい人と思われてしまいます。

別れた後は、後悔すると同時に、別れてよかったという気持ちも芽生えます。

特に振ったのが男性の場合は、別れた直後は「自由になれて良かった」と喜んでいます。女性は、振った側でも罪悪感や楽しかった時のことを思い出して感傷に浸りがちです。

「女性に対してなら、すぐに連絡してもいいのでは?」と考えてしまいますが、女性が感傷に浸るのはあくまでも昔の記憶に対してです。どちらにしても別れてすぐの連絡は、別れた時の気持ちの延長戦になってしまうのでいいことはありません。

2.連絡しない期間を作る

復縁を考えるなら、必ず別れてから連絡をしない期間を作るようにしましょう。

最低一ヶ月、できれば三ヶ月は連絡を取らない方がいいです。付き合っていた時に頻繁に連絡をしていたのであれば、尚更冷却期間が必要です。

突然連絡を取らなくなれば、相手も「付き合っていた時はたくさん連絡をしていたのに、どうして連絡が来ないんだろう?」と頭の中があなたでいっぱいになります。

三ヶ月後、思い出したかのように連絡することで、お互いに別れた時の怒りを忘れた状態で自然と連絡を取ることができます。

「連絡が来ない間何をしていたんだろう?」と自然と興味も湧くため、その後のやりとりも続きやすいです。

早く復縁したい人にとっては、この期間が一番我慢時であり、辛い時でもあります。しかし、この期間が復縁を成功させられるかどうかを左右するのです。

3.未練を相手に伝えない

好きという気持ちが残っていれば、「別れてもまだ好きだよ」と相手に伝えたくなってしまいます。しかし、未練を伝えてしまうと重いと思われてしまうだけです。

人は離れていく人は気になったり、追いたくなったりしてしまいますが、縋り付いてくる人からは離れたくなります。

未練を相手に伝えてしまった時点で負けと思ってください。離れていってしまうか、都合のいい関係として使われてしまう可能性があります。自分の気持ちは一度堪えましょう。

4.付き合ってた頃の感覚で連絡しすぎない

別れた後、連絡しない期間を作った後に連絡をするのは大丈夫です。だからといって、我慢をした分送りすぎるのはやめましょう。

例え付き合っていた時は毎日連絡を取り合う関係だったとしても、今は赤の他人です。連絡をしすぎてしまうと、相手の重荷になってしまい、連絡を取れる状態が台無しになってしまいます。

相手が昔と変わらずに連絡を返してくれても、用件がある時だけ連絡をするようにしましょう。

5.恋人感覚の発言は避ける

別れた後の連絡では、恋人の時に送っていたような発言は避けましょう。女性ならば「ちゃんとご飯食べている?」と心配する言葉だったり、男性ならば「夏だからって露出の多い服着るなよ」というような、恋人だからこそ許されていた発言です。

いくら元恋人だから気になると言っても、今は恋人ではありません。余計なお世話と思われてしまい、気持ちが離れてしまうかもしれません。

「やっぱりこの人とはやり直せない」と思われてしまうとアウトです。あくまでも今の関係を意識しましょう。

6.復縁は長期戦

復縁は片思いの時のようにすぐに進展していくものではありません。なぜなら、お互いに付き合っていた時のこと、別れた時の記憶が残っているからです。

楽しいこともあれば、辛かったこともあります。それらの気持ちを抱えている状態なので、気持ちの変化には時間がかかります。

連絡を取らない期間を作るだけでもまず時間がかかりますし、連絡が取れた後も急接近しすぎると相手に引かれてしまいます。

連絡ができるようになっても、会うまでは時間をかけた方がいいでしょう。1年以内に復縁できたら早い方と考えるくらいがちょうどいいです。

7.追われるように仕向ける

復縁となると、アピールして相手の気持ちを向かせるのは難しいです。

片思いの相手であれば、押しに負けて付き合うということもあります。

しかし、元恋人という関係であれば、追いかけすぎると「一度別れたのに」と相手に引かれてしまうもの。一度は別れてしまっている関係だということを意識して、相手の気持ちが変わるのを待つのが大事です。

最初はよそよそしい連絡をしていた二人も、またあなたと連絡をすることが当たり前になれば付き合っていた時の楽しい気持ちを思い出すようになります。相手が自然と「もう一度やり直してもいいかもしれない」という気持ちになるまで待ちましょう。

連絡は頻繁に送りすぎずに、相手から連絡をしたくなるように行動するのがいいです。がつがつしすぎると、自分勝手と思われてしまい、ブロックされて関係が終わってしまうこともあります。焦ってアピールしすぎないように注意しましょう。

別れた後の恋人の状態【男性編】

別れた後恋人はどのような状態になっているのでしょうか?まずは男性の心の状態を見ていきましょう。

  • 時間が経ってから別れを実感する
  • 彼女のその後が気になって仕方なくなる
  • 幸せな元カノの姿を見て後悔する
  • 嫌いで別れても忘れてしまう

男性の心の状態を見てみると、意外と元恋人に対して未練を抱いている人が多そうです。それぞれの心の状態を詳しく解説していきます。

時間が経ってから別れを実感する

男性は別れた直後は解放感に満ち溢れています。

休日はいつも彼女と過ごしていたり、平日の夜は電話していたりしたのであれば、その時間が全て自分の自由になります。しばらくやっていなかった趣味に時間を使ったり、男友達と遊んだりとできなかったことを楽しんでいるものです。

しかし、次第に自由な時間に飽きてくると彼女がいないことに寂しさを感じていきます。「いつもならば彼女と出かけていたのにな」、「彼女と電話しながら寝ていたのにな」、と徐々に元カノのことを考え始めます。

寂しさを感じるまでの期間は人それぞれですが、だいたい三ヶ月後が多いです。この頃から「久しぶりに連絡してみようかな?」と考えるようになります。

彼女のその後が気になって仕方なくなる

彼女のことを考えるようになると、「今どうしているんだろう?」と気になり始めます。男性は別れた後も、いつまでも元カノは自分の彼女と考えるものです。

そのため、「自分がいなくなって、悲しい思いをしているんじゃないか?」と考えるようになります。連絡を取りたくなったり、突然会いたくなるというのも珍しくはありません。

男性は女性に酷い振られ方をしていない限りは、彼女にいつまでも怒りを持つ人は少ないのです。

幸せな元カノの姿を見て後悔する

元カノの楽しそうな姿を見ると、「俺と付き合っていた時よりも楽しそう」と感じ、途端に後悔が押し寄せてきます。「自分はもう必要ないんだ」という事実に気付くからです。

SNSでいつも楽しそうにしていたり、LINEのアイコンがどこかに出かけた時のアイコンに変わっていたりすると、「もしかしてもう次の男が?」と気になってしまいます。

一段と素敵になっている彼女の姿を見ると、手放したことが惜しくなり連絡するようになります。

男性は狩猟本能があるため、自分のものが自分のものではないと知るとまた手に入れたくなるものです。復縁したい女性は、この心理を利用するといいでしょう。

嫌いで別れても忘れてしまう

思い出は美化されると言いますが、男性は特にその傾向が強く感じられます。男性側が怒って振ったとしても、時間が経つと「いい女だった」と良い思い出だけがピックアップされていくものです。

そのため、男性側が嫌いになって別れたとしても、まるでなかったかのように気持ちが風化されます。

男性は復縁をするかは別にしても、元カノを特別な存在として大切に扱おうとする人が多いのです。

別れた後の恋人の状態【女性編】

女性の場合別れた後はどのような状態になっているのでしょうか?男性との違いを見比べながら、別れた後の恋人の状態を見ていきましょう。

  • 別れた直後はショックで落ち込んでいる
  • 時間が経つと前に進もうとする
  • 関わりたくないと嫌悪感を出すこともある
  • 友達からでもいいからやり直したい

男性の心の状態とは全く違うことがわかりますね。女性は復縁を望む人と、ふっきる人とでタイプが別れます。それぞれどのような心の状態か、一つ一つ解説していきます。

別れた直後はショックで落ち込んでいる

女性の場合は男性とは反対に、別れた直後は落ち込んでしまいます。振った側の場合、振ったことに対する罪悪感を感じ、フラれた側は失ったショックでふさぎ込んでしまいます。

どれくらい引きずるかは女性の性格や環境によって異なりますが、見た目には元気でも一ヶ月は最低でも落ち込むものです。

女友達に愚痴を吐いて気持ちを紛らわせたり、写真を見返しては楽しかった頃を思い返していたりします。女性は別れた直後が一番感情が揺れ動きやすいです。

時間が経つと前に進もうとする

ある程度落ち込んだ後、女性は過去を振り返らずに前に進もうとします。見返していた写真や思い出の品を手放すようになり、元カレの記憶を自分の中から消していきます。

この時期に入ると、女性はもう元カレの存在を過去として切り離して踏ん切りがついている状態です。

ここから女性の性格によって行動が変わります。元カレの連絡先自体消してしまう人もいれば、友達としてなら連絡を取ってもいいと考える人もいます。

関わりたくないと嫌悪感を出すこともある

女性は男性とは違い、元カレを自分の恋愛フォルダーに上書き保存していきます。男性が元カノのことを別れてからも自分の彼女のように大切に扱うのとは反対に、女性は新しい恋をすると記憶から消していきます。

恋愛の思い出として残るため、失恋の時の嫌な思い出ばかりがピックアップされてしまいます。その結果、「もう二度と会いたくない人」として記憶に残るのです。この場合は、LINEの連絡での復縁は難しいです。LINEを送っても未読スルー、もしくはブロックされている場合もあります。

しかし、直接会えるのであればチャンスはあります!二度と会いたくないと思っていたけれど、直接会うことで怒りの気持ちが消え、楽しかった頃を思い出すこともありえるからです。

友達からでもいいからやり直したい

復縁したいと考えている女性であれば、友達でもいいから傍にいたいと思う人もいます。こういう心の状態にある女性からは、時間が経ってから連絡が来る可能性があります。

ただ、一度別れていることを考えて男性の出方を伺う人がほとんどです。連絡をしても、自分から踏み込んだ話をしようとはしません。普通にLINEが続いているのであれば、男性の方から復縁を迫ってみてもいいでしょう。

復縁したいと思わせるには?

復縁したいと思わせるには、付き合っていた時よりも素敵になった!と思わせることが大切です。

何も変わっていないのに、復縁しようと言われても魅力を感じてもらえません。意識する点を見ていきましょう。

  • 外見を磨く
  • 性格を客観的に分析する
  • ポジティブなことを口ぐせにする
  • 知らないところへ出かけてみる
  • 過ごし方を変える
  • 楽しく過ごしているアピールをする
  • 仲の良い異性の友達を作る

このように、相手の気持ちを向かせるためには様々な行動が必要です。まず自分は何から始めるのがいいのか、一つずつ確認して試してみましょう!

外見を磨く

女性は付き合っていた時よりも可愛くなった、綺麗になったと思われるように外見を磨きましょう。ファッションやメイクを楽しむことで、失恋のショックを和らげることもできます。

別れてからイメチェンをする人も多いように、外見を磨くことで前向きな気持ちになれます。外見を磨くことは相手のためだけではなく、自分の心を明るくさせるためでもあります。

男性も自分磨きをすることで、「かっこよくなった」と惚れ直してもらえるかもしれません。普段は外見に意識を向けない男性ならば尚更効果的です!別れてから素敵になった男性の姿を見ると、元カノも別れたことを惜しんでくれるかもしれません。

素敵な姿を見せて「もう新しい恋人ができたのか?」と元恋人を焦らせましょう。会っていない時間こそ、自分の魅力を高めるチャンスです。

性格を客観的に分析する

内面磨きも大切です!別れた時の性格のままだと、せっかく再会できても、やっぱり戻れないと思われてしまうかもしれません。

性格の不一致で別れてしまうことは多く、別れの大きな要因となっています。その原因を知るためにも、人からの見られ方を分析するのがいいですよ。

誰にでも長所と短所があります。まずは分析して短所を知るだけでもいいのです。

自分でわからない時は、信頼できる友人に聞いてみましょう!本音で話してもらうことで、自分では気づけなかった自分の短所に気付けますよ。

ポジティブなことを口ぐせにする

ポジティブな言葉を口ぐせにすることで、自然と明るくなれます。今までネガティブなことを言っていた人ならば、口癖を変えるだけで明るくなれるものです。

自分が明るくなれば、周りの人を明るくすることもできます。「一緒にいると明るい気持ちになれる」と思われる存在になれば、復縁への道が近づきます。

まずは、ネガティブな言葉を言ってしまった時に、ポジティブな言葉に変換してみましょう。

知らないところへ出かけてみる

新たな挑戦は人を大きく成長させてくれます。一人で色んなところに行くことで、今まで一人では外に出なかった人もアクティブになれます。

「色んな挑戦をしてみよう!」という気持ちになれるので、自分磨きにもぴったりです!

様々なことに前向きに挑戦していく人はキラキラと輝いています。誰もが見ても「充実している」と思われる素敵な人になれば、人を引き寄せられる人になれます。元恋人を引き寄せられるかもしれませんよ。

過ごし方を変える

いつもなんとなくやっていた習慣はありませんか?

なんとなく家に帰ったらお酒を飲んでいた、夜更かしをしていたなど、なんとなく続いていた悪い習慣を変えてみましょう。悪習慣を断ち切り、過ごし方を変えるだけで人は変われます。

他にも、いつも家と職場の往復ばかりしていたのであれば、帰りに本屋に寄って帰る、カフェに行ってから帰るなど、小さな新しいことを取り入れてみてください。毎日に刺激ができれば、淡々と過ごすことがなくなり今より楽しく明るい自分になれます。

楽しく過ごしているアピールをする

男性は元カノの楽しい姿を見ると後悔してしまう心理があるように、楽しく過ごしているアピールは効果があります。

別れてからずっと気持ちが沈んでいる、いつまでも元恋人に依存していると相手は余計に逃げてしまいます。

しかし、楽しそうにしている姿を見ると、自分と別れてからの方が楽しそうで悔しい気持ちにさせられます。何よりも自分の時間を楽しんでいる人はキラキラして見えるもの。自分自身の魅力も上がるので「こんなに素敵な人だったかな?」と思わせることができますよ。

ただし、あてつけのようにSNSに連投するのは逆効果です。あくまでも「楽しそうにしているな」と感じさせることが大切です。

特に女性に対して見せつける場合は、頻度は多すぎず言葉選びにも気をつけましょう。勘づかれる恐れがあります。

仲の良い異性の友達を作る

復縁したいからといって、その間異性との関わりを絶つ必要はありません。むしろフリーになったのですから、思う存分異性と交流してください。

異性と交流を図ることで、「復縁できなくても大丈夫」と自分の気持ちにも余裕が生まれます。余裕が生まれれば、焦った行動がなくなり復縁が上手くいきやすいです。

異性の友達と一緒にいる姿を相手に見せることができれば、「新しい恋人かな?」と気にもさせられますしね。友達感覚でいいので、仲の良い異性を作りましょう。

復縁を成功させる10個の方法

いよいよ、復縁を成功させるための方法をご紹介します!

実際に復縁を叶えた人が行っていた、一番難しい復縁のきっかけ作りの方法を見ていきましょう。

  1. 偶然の出会いを狙ってみる
  2. 誕生日LINEを送る
  3. 久しぶり!など簡単な挨拶LINEを送る
  4. 相談してみる
  5. 辛い時に電話してみる
  6. 連絡先の変更を伝える
  7. 繋がっているSNSに楽しそうな姿を載せる
  8. なんとなくLINEしてみる
  9. まずは友達からやり直す
  10. 元恋人からの誘いは一度は断る

10個の方法の中から、自分が挑戦できそうなものを見つけましょう。一番やりやすい方法を見つければ、復縁の成功に近づけます。それでは、それぞれ一つずつ解説していきます。

1.偶然の出会いを狙ってみる

相手の職場を知っているのであれば、帰宅しそうな時間にその道を通ってみたり、相手がよくいる場所に行ってみましょう。相手がSNSによく投稿する人であれば、それを頼りに行ってみるのもいいでしょう。

ただし、この方法で二回くらいやっても会えない場合は別の方法に切り替えてください。目的を見誤ってストーカーのようになってしまう場合があります。出会えるかどうか難しいため、何の頼りもなければ難しい方法なのです。

偶然出会えた時は、相手に「魅力的になったな」と思ってもらうために、印象良くしておきましょう。出会えた時のあなたの状態で復縁の可能性が変わってきますよ。

2.誕生日LINEを送る

相手の誕生日をきっかけにLINEを送るのも効果的。誕生日にLINEを送るのは、知り合いであれば不思議ではありません。他の友達からもLINEは届いているでしょうから、他の人に紛れさせれば違和感もなくなります。

誕生日LINEは簡潔な文章を心がけて、特別感を出しすぎないことが大切です。相手から返信がくれば、それをきっかけにLINEを再開させられます。

3.久しぶり!など簡単な挨拶LINEを送る

冷却期間を三ヶ月ほどおいた後に、何事もなかったように「久しぶり!」と送ってみましょう。

それに対して返信がくれば、相手とのやりとりがスタートできます。もし返信がこなければ、また数ヶ月経った後に違ったLINEを送ってみましょう。

相手から「久しぶり、どうしたの?」と返ってくれば「最近どうしているのかと思って」と近況を聞くLINEがいいですよ。近況を聞けば恋人の有無の確認もできまし、何気ない会話が続けられます。気負いせずに相手が返しやすい簡単な文章を送ってみましょう。

4.相談してみる

相談事は二人の距離を縮めるのに最適です。

ただし、口実として嘘の相談を作ってしまうと、相手にバレて面倒なことにもなりかねません。相談する時は本当に困っていることがある時にしましょう。

相談内容に恋愛話を入れるのもおすすめできません。恋愛相談をすると、相手としては「もう自分のことを異性として見ていない」と考えてしまい、人によっては不機嫌になってしまうからです。

相談内容は仕事のことや、人間関係に関することが無難です。相談を持ちかける時は、「相談しない方がいいと思っていたけれど、この相談をするならあなたが適任だと思って」というような理由をつけるといいですよ。

「自分だから頼りにされている」と感じると、純粋に嬉しいものです。相手に「自分はまだ必要な存在なのか」と感じさせられれば、復縁の話にも繋げやすくなります。

5.辛い時に電話してみる

辛い時に電話してみるのも効果的です。突然の電話に相手は戸惑いますが、元恋人の辛そうな声を聞いて放っておける人は少ないでしょう。

「他に頼れる人がいなくて、どうしても誰かに聞いて欲しかった」というように言ってみましょう。

話を聞いてもらえた後は、「やっぱり頼りになる。話聞いてもらえてよかった」と言うのがポイントです。相手に「力になれて良かった」と思わせられると同時に、「自分はまだ頼りにしてもらえる存在なんだ」と認識させられます。

更に人は頼られれば、「あの後大丈夫かな?」とその後が気になってしまうのが心理です。相手から「大丈夫そう?」と聞かれる状態が作れればチャンス到来。相談事がきっかけで意識し始める人も多いです。

6.連絡先の変更を伝える

きっかけ作りとして有効なのが、連絡先変更を伝えることです。「電話番号が変わるから一応伝えておく」とLINEを送ることで、LINEを送るきっかけが作れます。

この時に既読がつくかどうかの確認もできます。相手から返信が来れば、「返事が来て安心した」と伝えてみるのもいいかもしれません。

この時は何も起こらなくても、一度メッセージを送ることで相手に意識づけられます。その後のメッセージも送りやすくなるので、相手から返事が来たらメッセージのやりとりを再開してみましょう。

7.繋がっているSNSに楽しそうな姿を載せる

自分から連絡をするのではなく、相手から連絡が来るようにさせられればこっちのものです。

SNSに頻繁に楽しそうな姿を載せることで、相手の中に自分の印象を残すことができます。相手の中で印象が残れば、徐々にあなたのことを意識するようになります。

相手も投稿しているのであれば、時々「いいね」を押してみましょう。「もう向こうは何も思っていないのかな?」と思うようになり、相手がなんとなく連絡したくなるかもしれません。

相手が連絡したくなるまで我慢する必要はありますが、相手から連絡が来れば復縁の可能性が高まります。

8.なんとなくLINEしてみる

「最近どうしているのかなと思って、LINEしてみた」となんとなくLINEしてみるのもいいですよ。

LINEを送ることで相手の反応が伺えます。既読がついたまま返事が来ないのであれば、少し様子を見ましょう。

返事が来ればそこからLINEを続けてください。意味もなく送ることで、相手に色んな想像をさせられるので相手の頭の中をいっぱいにさせられますよ。

9.まずは友達からやり直す

復縁をしたいからといって、突然「恋人に戻りたい」とアプローチするのは辞めましょう。一度は離れてしまった関係だからこそ、お互いに時間が必要です。

また連絡が取れたからといって、必ずしも復縁が上手くいくとは限りません。空白の時間を埋めるためにも、ただの友達として過ごす時間を設けた方がいいです。

しばらくは友達関係として過ごし、タイミングを見計らって段階を踏んでいきましょう。人によっては違う恋人がいた期間を経て、復縁できた人もいます。一番仲の良い異性の友達として繋がっておくことで、チャンスを狙えます。

長い道のりになってしまいますが、相手が失恋をしたなど、気持ちの変化が起きる時まで待ちましょう。

10.元恋人からの誘いは一度は断る

復縁したいのであれば、相手から「また会いたいな」と言われてもすぐには会わないようにしましょう。簡単に手に入ってしまうと、人は興味をなくしてしまいます。

一度は断って、すぐには手に入らないと思わせておくぐらいがいいです。簡単に手に入らない、すぐに元に戻れるような人ではないと感じさせることで、相手は余計に必死になります。

例え相手が何気なく「また会いたいな」と言ったとしても、あなたのその後の行動次第で気持ちを高めることができます。

喜んで飛びついてしまうと都合のいい関係になりかねません。余裕を持った対応をしましょう。

復縁の可能性がある5つの兆候とは?

復縁を望めるタイミングはどう見極めればいいのでしょうか?

復縁の可能性がある5つの兆候をご紹介します。

  1. 相手から頻繁に連絡がくる
  2. 予定を聞いてくるようになる
  3. 恋人がいないアピールをしてくる
  4. 偶然出会うことが多くなる
  5. 異性からモテ始める

復縁の兆候は様々なところに現れます。チャンスを逃してしまわないように、一つ一つ詳しく解説していきます。

1.相手から頻繁に連絡がくる

相手から頻繁に連絡がくるのは、脈ありの証拠です。連絡を取りたくない、どうでもいいと思っている相手に普通連絡しようとは思いません。

自分から連絡をしなくても相手から連絡がくる状態が続けば、復縁できる可能性が高いです。近いうちに相手からご飯に誘われるかもしれません。

相手が女性の場合はご飯に誘われるタイミングを待っている可能性があるので、頻繁に連絡が来るならば男性からご飯に誘ってみましょう。

2.予定を聞いてくるようになる

「今度の休日何しているの?」というように、予定を聞いてくるのも気になっている証拠です。遊びに誘いたい相手でなければ、相手の予定を気にする必要はありません。あなたの予定が空いているタイミングを待っている可能性があります。

予定を聞いてくるようになったら、しばらく予定があるフリをしてみましょう。何度か聞いてくる状態が続けば、タイミングを見計って「特に予定はないけど、どうしたの?」と聞いてみるといいですよ。もしかしたら相手から「予定ないならご飯に行こう」と声をかけてきてくれるかもしれません。

3.恋人がいないアピールをしてくる

相手から「全然出会いないんだよ」「別れてから誰にも恋をしていない」というように、恋人がいないアピールをしてくるのも復縁したい現れです。

普通元恋人に今の恋愛事情を話したりはしません。格好つけて恋愛をしているアピールをする人の方が多いです。男性ならば尚更モテているアピールをする人が多いですしね。

それにも関わらず、恋人がいないことを強調してくるのは、自分はフリーだということを伝えたいからです。恋人がいないアピールを始めてきたら、相手のサインと考えてください。

この時に「自分は恋愛満喫しているよ」と見栄を張るとチャンスを逃してしまいます。素直に自分の状況を伝えましょう。

4.偶然出会うことが多くなる

偶然出会うことが多くなるのは、相手があなたに会いたい気持ちが募り、あなたの行きそうな場所に訪れているからです。

向こうが「偶然だね」と声をかけてくるのであれば、そこまでして自分に会いたがっていると考えても良さそうです。

何度も会うのであれば、「ちょうど今からカフェに行こうと思っていたんだけど、一緒にどうかな?」と誘ってみましょう。もしかしたら、そこで相手との関係が再開するかもしれませんよ。

5.異性からモテ始める

異性からモテ始めるということは、あなた自身が異性から魅力的に思われている証拠です。復縁をしたくて自分磨きをした成果が出ているのです。

今こそ元恋人と会い、あなたの魅力を伝える時です。異性からモテ始めるようになったら、元恋人をご飯に誘ってみてください。デートが上手くいく確率が増しますよ。

復縁デートを成功させる4つの方法!

デートできることになったからと気を抜くのは早いです。復縁できるかどうかは、デートで決まります!

復縁デートを成功させる方法を見ていきましょう。

  1. 雰囲気を変えてデートに挑む
  2. 思い切りデートを楽しむ!
  3. デートの時間は短くする
  4. 復縁を匂わせない

このように「復縁のため」と思いすぎないことが大切です。付き合う時だって「今日告白するぞ!」と意気込みすぎると上手く行きづらいものです。具体的にどのような点に意識をすれば成功するのか、一つずつ解説します。

1.雰囲気を変えてデートに挑む

人は見知った人の知らない一面を見ることで、「もっと知りたい」と思えるようになります。もっと知りたいと思わせることができれば、あなたに興味を湧かせることができます。

復縁デートは付き合っていた頃のデートの延長線上にはありません。新しい恋が始まったと考えるようにしましょう。

あの頃には着なかったような服を着て、あの頃と違った髪型で挑んでみてください。新鮮な気持ちでデートを楽しめますよ。

2.思い切りデートを楽しむ!

復縁デートとなると、「このデートで決めなければ!」という思いが強くなってしまいます。

「復縁しなければ」という気持ちが強すぎると、デートを心から楽しめなくなり、表情も硬くなってしまいがちです。せっかくのデートが上の空になってしまいます。

そんな姿を相手に見せてしまっては、「つまらないのかな?」と思わせてしまいます。

デート中は何も考えずに、まずは久しぶりの元恋人とのデートを存分に楽しみましょう!結果は楽しんだ後についてくるものです。

3.デートの時間は短くする

デートは初回から長いプランを立てないようにしましょう。長時間のデートは中だるみもしやすく、一回のデートで満足して終わってしまうこともあります。

「また会いたい」と思わせるには、少し物足りないくらいがちょうどいいです。「もっと一緒にいたかったな」と思ってもらうためにも、短時間で切るデートを意識してみてください。

短いデートを重ねることで、一緒に過ごしたいという気持ちを高めることができますよ。

4.復縁を匂わせない

デートができたからといって、すぐに復縁を匂わせるような発言は控えましょう。「また一緒に過ごしたい」と思ってもらうには、楽しい時間を過ごすことが大切です。

いきなり復縁を匂わせてしまうと、「復縁のためのデート」と相手に意識させることになってしまいます。急ぎすぎず、初回のデートはただ楽しむためのデートと考えてください。

まとめ

復縁は長期戦であり、タイミングが大事だということを見ていきました。復縁を成功させるためには、復縁したい気持ちを出しすぎずに、相手の気持ちが変わるのを待つのが大切です。

道のりは長いですが、焦らず気長に待つことでもう一度恋人関係に戻れる可能性が高まります。まずは自分磨きをしながら連絡するタイミングを待ちましょう!