恋愛に疲れたと感じる原因と心を癒す方法11選!彼氏との関係も見直そう

仲良くしたい
スポンサーリンク

本来、恋愛は幸せになるためにする素敵なものです。

にもかかわらず恋愛に疲れを感じている女性が増えています。

「楽しいはずの恋愛なのに疲れた…」
「私は恋愛疲れしやすいタイプ?」
「どうしていつも恋愛で苦しむの?」

など、悩んでいる女性も多いはずです。

そこで今回は、恋愛に疲れやすい人の特徴や疲れる原因、対処法を紹介します。

恋愛疲れから抜け出し、素敵な恋愛をするためにもぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

恋愛に疲れやすい人の共通点10


恋愛に疲れやすい人には、次のような共通の特徴があります。

  • マジメ過ぎる(完璧主義)
  • 固定概念が強すぎる
  • 自分に自信がない
  • 依存体質
  • 結婚願望が強すぎる
  • 負けず嫌い
  • 気を使い過ぎる
  • 尽くすタイプ
  • 押しに弱い
  • 感情の起伏が激しい

それぞれを詳しく紹介するので、あなたが恋愛疲れしやすい傾向にないかチェックしてください。

マジメ過ぎる(完璧主義)

マジメ過ぎる人には、完璧主義な人が多いです。

そのため、恋愛でも常に完璧な自分であろうとします。

「彼氏が望むような女性に近づきたい」という気持ちは、誰もが持つ感情です。

しかし、マジメ過ぎる人は、ファッションやヘアスタイル、性格など、ありとあらゆる面で彼氏の好みに近づく努力をしすぎてしまいます。

「完璧な彼女でありたい」という気持ちに支配され、一緒にいるだけで疲れ切ってしまうのです。

また、恋愛がスタートした当初は、自分を彼氏の好みに近づける努力も楽しいものですが、交際が進むにつれ、疲れに変わっていきます。

固定概念が強すぎる

恋愛に疲れやすい人は、「デートは男性がおごるべき」「デートは週3回以上」「記念日は高級レストラン」などの固定観念の強い人が多いです。

本人は固定観念が正しいものとして捉えているため、無理をしてでも合わせようとします。その無理が重なり、疲れてしまうのです。

また、彼氏が自分の思っている固定観念と明らかに違う行動を取ると、それがストレスになり疲れてしまうことも珍しくありません。

自分に自信がない

恋愛中は、彼氏の些細な一言に一喜一憂してしまう人は多いです。

それがトキメキやメリハリにも繋がり、恋愛の楽しさでもあります。

しかし、自分に自信がない人は、「浮気しているのではないか?」「嫌われるのではないか?」と常に不安を抱えてしまいます。

ネガティブな妄想が膨らみ、一人で空回りしてしまうことも珍しくありません。

恋愛のエッセンスにもなる一喜一憂が、深刻な気分の浮き沈みになりドッと気疲れしてしまうのです。

依存体質

恋愛疲れしやすい女性は、依存体質の人が多いため、生活の中心が「彼氏」になってしまう傾向にあります。

恋愛中は、頻繁に彼氏のことを考えてしまうことは珍しいことではありません。

しかし、通常は恋愛以外にも仕事や趣味、友人との時間など大切なものがあります。

そのため、自分と相手との間に生じる気持ちの温度差に悩む人は少なくありません。

「こんなにあなたのことを思っているのに、友人との時間が大切なの?」などと問い詰めてしまい、彼氏との関係がうまくいかなくなることもあります。

相手の気持ちと自分の気持ちとのギャップに疲れてしまうのです。

結婚願望が強すぎる

恋愛は、婚活のように結婚を前提として交際をスタートさせるわけではありません。

恋愛の場合は、「まず恋愛を楽しみたい」というが一般的です。

恋愛疲れしやすい女性は、結婚願望が強すぎるために、恋愛を楽しむ余裕がなく、疲れてしまいます。

また、彼氏との結婚に対する意識の違いや温度差にも悩んだり、不安になったりして、疲れてしまうのです。

負けず嫌い

恋愛では、お互いの足りない部分を補い合い、共に成長できる対等な関係が理想です。

しかし、負けず嫌いの人は彼氏に対しても何かと好戦的な態度を取りやすい傾向にあります。

そうなると、険悪なムードになったり、喧嘩に発展したりして、交際そのものがストレスになってしまいます。

彼氏に対して「負けたくない」と思うのは、自分を認めてほしいという気持ちの表れですが、それが続くと疲れてしまいます。

気を使い過ぎる

よく気がつくタイプの女性は、男性から「恋人にしたい」と思われることが多いです。

しかし、恋愛疲れしやすい人は、よく気がつくがために気を使いすぎてしまう傾向にあります。

例えば、仕事で疲れているからデートを早めに切り上げたいけれど、「帰ると言うと、気を悪くしてしまうのでは…」と言い出せず無理をしてしまうこともあるでしょう。

何かと気を使って相手の顔色を伺いながらの交際を続けるのは、誰でもストレスが溜まります。

そのストレスが気付かないうちに蓄積され、恋愛に疲れてしまうのです。

尽くすタイプ

彼氏に尽くしたいと思う女性は少なくありません。

恋愛において、相手のために何かをしてあげたいと思う気持ちは愛を育む大切な感情です。

しかし、尽くしたいと思う気持ちが強すぎるために、恋愛疲れを感じてしまうこともあります。

例えば、残業続きで疲れていても、彼氏のために無理して時間を作るといった些細なことでも、積み重なると無理が生じます。

彼氏に色々と尽くしていくうちに、心も体も疲れ切ってしまうのです。

押しに弱い

押しの弱い人は、自分の意志で行動することが苦手で、つい彼氏の意見やその場の流れに付き合ってしまいます。

そのため、彼氏に振り回されてしまうことも珍しくありません。

例えば、彼氏が希望するデートに日に予定が入っていても、自分の予定を変更してデートをするという女性は少なくありません。

予定を空けたにも関わらず、彼氏から土壇場になって急に予定を変更された、という経験がある人もいるのではないでしょうか?

交際したてで盛り上がっているときは、振り回されているという実感がないことも多いです。

しかし、彼氏に押され、言いなりになってばかりいると、だんだん疲れてくるのです。

感情の起伏が激しい

ちょっとした彼氏の言動に一喜一憂したり、嫉妬したりしてしまう感情の起伏が激しい人は、心の浮き沈みが激しいため、恋愛疲れになりやすいです。

彼氏から1日連絡がないだけで不安になり、気分が沈んでしまうような人は要注意です。

感情の起伏の激しさが原因で恋愛疲れしてしまう人の多くは、その原因が相手の言動ではなく、あなた自身の心の問題であることを理解していません。

そのため、誰と恋愛をしても同じようなパターンを繰り返してしまい、恋愛に疲れてしまうのです。

恋愛に疲れたと感じるとき6選


多くの女性が「恋愛に疲れた…」と感じやすいのは、次のようなときです。

  • 気持ちが伝わらないとき
  • 相手の気持ちが理解できないとき
  • 些細なことでケンカしてしまうとき
  • 相手のペースに合わせてばかりのとき
  • すぐに別れ話をされるとき
  • 仕事などが忙しいとき

それぞれを詳しく確認していきましょう。

気持ちが伝わらないとき

人それぞれ価値観が違うため、お互いを思いやり、受け入れて歩み寄ることが交際を円滑に進める秘訣です。

しかし、中には自分の価値観を押し付け、あなたの意見に耳を傾けないような人もいます。

そのことが原因で、口論になることもあるでしょう。

あなたの気持ちを理解しようとすらしてくれない彼氏とは、良い関係を築けないばかりか、一緒にいるだけでも疲れてしまいます。

相手の気持ちが理解できないとき

お互いのことをよく理解できている、と思っている彼氏でも、ふと「何を考えているのか分からない…」と感じることは誰にでもあります。

人それぞれ考え方や価値観が違うことや、理解しようとしてもできないこともあると頭では理解していても、人は不安になるものです。

彼氏の気持ちをあれこれと考えているうちに、疲れてしまうのです。

些細なことでケンカしてしまうとき

後から思い起こしてみると、取るに足らない些細なことでも、疲れているときなどはケンカに発展してしまうこともありますよね。

二人の関係が大切なものであるほど、「なんでケンカしてしまったのだろう…」と落ち込む気持ちも大きく、疲れてしまう原因になるのです。

また、ケンカはネガティブな感情のぶつけ合いのため、頻繁に起こるとそれだけでドッと疲れてしまいます。

相手のペースに合わせてばかりのとき

彼氏のことが好きすぎて、「嫌われたくない」という思いから、相手のペースに合わせてしまう人は多いです。

しかし、彼氏のペースに無理に合わせてばかりいると、自分の生活のペースが乱れてしまいます。

忙しい日々の中で、心身のバランスを保つために欠かせない「自分の時間」もなくなり、恋愛に疲れを感じてしまうのです。

すぐに別れ話をされるとき

何かとすぐに別れ話を切り出すタイプの男性がいます。

その心理は、「自分に自信がない」「あなたの愛情を確認したい」など、さまざまですが、言われる方はそのたびに傷つき、疲れてしまいます。

彼氏のことを好きであればあるほど、「こんなことを言ったら、別れを切り出されるかも…」と不安が募っていきます。

その結果、自分の気持ちを押さえてしまったり、相手に合わせてしまったりを繰り返し、恋愛疲れしてしまうのです。

仕事などが忙しいとき

恋愛や彼氏のことを大切に思っていても、仕事に追われて忙しいときは「恋愛は疲れる」と感じてしまう人が多いです。

普段は何とも思わなくても、些細なことが疲れに繋がりやすいためです。

例えば、しょっちゅうデートに遅刻してくるなど、直してほしいと思いつつも許せる行為にイライラし、怒りが爆発してしまうこともあります。

仕事で多忙中は、溜まっている日頃のうっぷんが表に出やすく、相手にも自分自身にも疲れてしまいます。

恋愛に疲れてしまう原因9つ


恋愛疲れを回避するためには、まず原因を知る必要があります。

主な原因として考えられるのが、次の9つです。

  • 好きな気持ちが強すぎる
  • 些細なことでも嫉妬する
  • 会いたいときに会えない
  • 彼氏の束縛が激しい
  • 浮気が心配
  • コミュニケーションが不足している
  • 素の自分を出せていない
  • 金銭的な無理のある付き合い
  • そもそも相性が合わない

楽しいはずの恋愛に疲れてしまわないように、しっかりとチェックしてください。

好きな気持ちが強すぎる

彼氏を好きな気持ちが強すぎると、生活の中心が「彼氏」になってしまい、「寝ても覚めても彼のことばかり考えてしまう」という人も少なくなりません。

誰かをそこまで好きになれるのは素敵なことですが、度が過ぎると逆に自分を苦しめてしまう結果になります。

好きという感情が不安に結びつきやすい人は、あることないこと考えすぎてしまい、不安な気持ちに疲れてしまうのです。

些細なことでも嫉妬する

男性の中には、嫉妬深いタイプの人がいます。

多少の嫉妬心は誰もが持つ普通の感情で、好きな人に嫉妬されると「愛されている」とうれしく思う人もいるでしょう。

しかし、些細のことでも過剰に嫉妬され続けると、束縛されているように感じ、辛くなってきます。

また、逆に、あなたが嫉妬深い性格でも恋愛疲れの原因になります。

彼氏が他の女性と楽しそうに話している姿を見ただけで嫉妬して、二人の関係を疑ってしまったり、彼氏に問いただしてしまったりして、疲れてしまうのです。

会いたいときに会えない

彼氏とは少しでも長く一緒にいたいと思う女性は少なくありません。

しかし、仕事や学校などがあり、恋愛にどっぷりはまっていられないのが現状です。

お互いのスケジュールが違うと、会いたいときに会えないということも起こります。

特に残業や出張など仕事が忙しい彼氏だと、何週間も会えずに寂しい思いをすることもあります。

会いたいときに会えないジレンマや寂しさに心が疲れてしまうのです。

彼氏の束縛が激しい

「どこに行っていたのか」「誰と会っていたのか」など、いちいち干渉してくるような束縛の激しい彼氏との交際に恋愛疲れを感じる人は多いです。

付き合った当初は、「こんなに自分のことを思ってくれている」と感じることもあります。

しかし、交際を続けていくうちに、常に彼氏に監視されているような気持ちになってしまうのです。

また、毎日連絡を取り合うことに「うれしい」と感じる人もいれば、「束縛が激しい」と感じる人もいます。

お互いの求める恋愛スタイルのギャップも、恋愛疲れを引き起こす原因になります。

浮気が心配

恋愛中の心配事の一つが、彼氏の浮気です。

彼氏がイケメンでモテるタイプだったり、女友達が多かったりすると、たとえ誠実な人だとしても、「浮気されるのではないか…」と心配が絶えません。

常に心配事がある交際は、やはり疲れてしまいます。

また、特に自分に自信がない人は、浮気されないようにと無理して彼氏好みの女性を演じてしまうこともあります。

そのため、素の自分が出せずに苦しくなって、恋愛疲れを起こしてしまうのです。

コミュニケーションが不足している

お互い好き同士で交際しているからといって、しっかりとコミュニケーションが取れているとは限りません。

「彼氏が何を考えているのか分からない」「自分の気持ちが伝わらない」「話がかみ合わない」など、意志の疎通がうまくできず、精神的な疲れを感じてしまう人もいます。

特に、普段、上辺だけの会話が多いカップルは、深い話や大切な話をしなければならないときに、初めてコミュニケーションが不足していることに気が付くこともあります。

素の自分を出せていない

「嫌われたくない」と、彼好みの女性を演じていませんか?

最初から素の自分で接するのは難しいこともありますが、自分を偽り続けていると、ストレスが溜まり恋愛疲れに繋がります。

彼氏に合わせて偽り続ける時間が長くなればなるほど恋愛疲れが増し、二人の関係がうまくいかなくなることもあります。

彼氏との幸せな未来を望むのであれば、交際を深めていく中で、素の自分を少しずつでもいいので出していくようにしてください。

金銭的な無理のある付き合い

交際相手との金銭感覚に違いがあるのも、恋愛疲れする原因です。

自分よりもかなり裕福な相手やお金使いの派手な相手だと、背伸びをして相手に合わせようとする人が多いです。

高級ブランドの服や靴、高級レストランでの食事など、身の丈に合わない出費がかさんでしまいます。

一緒に過ごすのが楽しいはずのデートが、金銭的にも精神的にも負担になり、恋愛に疲れを感じてしまうのです。

そもそも相性が合わない

恋愛疲れする原因が、お互いの相性が合わないということもあります。

異性間に関わらず、同性同士でも相性が合う人、合わない人がいますよね。

相性が合わない人と過ごすのは、無理をしたり、気を使ったりして疲れるものです。

恋人同士になると、一緒に過ごす時間も増えるため、会話がかみ合わないということも頻繁に起こり、恋愛疲れを感じてしまうのです。

恋愛に疲れたときの対処法と心を癒す11の方法


恋愛に疲れたときに、心を癒してくれる11の対処法を紹介します。

  • 恋から離れて自分と向き合う
  • 女子会でストレス発散
  • 新しいことにチャレンジしてみる
  • 仕事や趣味に没頭する
  • 旅行に出かける
  • 大掃除や断捨離をする
  • 映画や音楽に触れる
  • 彼氏に思いをすべて伝える
  • 彼氏と距離をとってみる
  • 精神的に自立する
  • 占いを受けてみる

あなたにピッタリの方法を見つけてリフレッシュしてください。

恋から離れて自分と向き合う

恋愛疲れしていても、忙しい日々の中で流されてしまう人が多いです。

まずは、一度立ち止まって恋愛から離れ、自分としっかり向き合ってください。

恋愛から距離を置くと、自分のことがより客観的に捉えられるはずです。

「今の恋愛に満足しているのだろうか?」「本当の自分は何だろうか?」と、さまざまな形で自問自答してみましょう。

自分の本音を自覚することで、どうすべきかが見えてきます。

女子会でストレス発散

「ストレス発散には、女子会!」という人は多いですよね。

素の自分を出せる気の合う女子同士で時間も忘れて語り合えば、気分がすっきりします。

また、あなたのことをよく理解してくれている友人に、悩みを聞いてもらうだけでも気分が晴れます。

また、二人の仲をよく知る友人であれば、客観的で的確なアドバイスをくれ、前向きになれることもあります。

新しいことにチャレンジしてみる

新しいことにチャレンジすると気持ちが新たになり、リフレッシュになります。

「やってみたい」と思いつつなかなか手が出せずにいた趣味やスポーツなど、どんなことでも構いません。

「取り合えず、やってみる」といった軽い気持ちで始めたことでも、それを通して新しい交友関係が生まれたり、新しい発見があったりして、気持ちを切り替えることができます。

仕事や趣味に没頭する

恋愛中は恋愛が生活の中心になり、他のことが疎かになりがちです。

そういう人は、仕事や趣味など恋愛以外のことに没頭してみるのもおすすめです。

没頭する対象が恋愛から他のことに移るため、一歩引いた視点から彼氏との関係を見られるようになり、恋愛疲れ解消と共に心にゆとりもできます。

旅行に出かける

時間的に余裕がある人は、1人もしくは友人と旅行にでかけるのがおすすめです。

旅行中は日常生活と離れられるため、心身共にリフレッシュできます。

初めて訪れる場所であれば、新しい発見などもあり、充実した時間を過ごせるでしょう。

旅行が終わる頃には、生まれ変わったような気分を味わえ、心にゆとりも生まれるはずです。

大掃除や断捨離をする

「掃除や断捨離は、めんどくさい」と感じる人もいますが、気分転換にはもってこいです。

実は、掃除や断捨離をして部屋がきれいになると同時に、心のモヤモヤもきれいになると感じる人が多いのです。

また、掃除中は無心になれるため、恋愛のことをあれこれ考えずに済みます。

さらに、掃除や断捨離をやり終えたは、達成感も味わえ気分がすっきりします。

映画や音楽に触れる

映画鑑賞や音楽鑑賞は、手軽にできる気分転換の方法です。

元気が沸いてくる映画や癒される音楽などに触れることで、前向きになれることも少なくありません。

ネットで調べれば、恋愛に疲れた人におすすめの映画や音楽なども紹介されているので、チェックしてみてください。

彼氏に思いをすべて伝える

今まで彼氏に本音を言えず、素の自分を出せずにいた人は、思い切って自分の思いを伝えましょう。

それだけで、ずっと心の中にあったモヤモヤが取れるはずです。

自分の気持ちを伝えることで、相手もあなたをより深く理解してくれ、関係が進展することも珍しくありません。

勇気がいりますが、恋愛疲れを解消する手っ取り早い方法といえます。

彼氏と距離をとってみる

思い切って彼氏と距離をとってみるのもおすすめです。

恋愛疲れを抱えたままズルズルと関係を続けるよりも、一度立ち止まって恋愛疲れと向き合ってみる方がお互いのためになります。

あなたが距離を置くことが別れに繋がってしまったとしても、「それはそれ」と割り切ることが重要です。

精神的に自立する

彼氏に依存してしまうことや押しに弱いことが恋愛疲れの原因である人は、まず精神的に自立する努力をしてください。

精神的に自立できていない原因の多くは、自分の自信のなさによるものです。

したがって、目標を持って何かにチャレンジするなど、まずは自分磨きに力を注いでください。

占いを受けてみる

占いが当たるか当たらないかは別として、占いを受けることで気持ちが楽になったり、新しい可能性に気付いたりすることもあります。

新しい一歩を踏み出すきっかけや後押しになることも多いので、うまく利用するのも一つの方法です。

本当に恋愛疲れ?実は気持ちが冷めている症状


あなたの感じているのは、恋愛疲れではない可能性もあります。

彼氏に対する気持ちが冷めてしまっているのが原因かもしれません。

以下に当てはまる方は、注意が必要です。

  • 彼氏と会えるのにワクワクしない
  • 彼氏と予定が合わないとホッとする
  • デート後に疲れを感じる
  • LINEの返信が面倒

彼氏と会えるのにワクワクしない

デートのときは何を着ていこうか気持ちがそわそわしたり、会えるのが嬉しくてワクワクドキドキしたりするものです。

もちろん、交際が長くなるほど、交際当初のように気持ちが盛り上がるわけではありません。

しかし、彼氏と会えることに全くワクワクしないというのは、恋愛疲れというよりも気持ちが冷めてしまっている可能性が高いです。

彼氏と予定が合わないとホッとする

彼氏と予定が合わずにデートができないと知ったときに、がっかりするのが恋人同士の一般的な感情です。

もし、予定が合わないことに、心のどこかでほっとしている自分がいるとしたら、気持ちが冷めている可能性があります。

仕事などで忙しく、一人でゆっくりしたいというような場合は別ですが、時間的にも気持ち的にも余裕がある中で、会えないことにほっとするのは、気持ちが冷めているといえます。

デート後に疲れを感じる

「デートの後は、ドッと疲れる」という人は、彼氏への気持ちが冷めている可能性が高いです。

交際が長くなると、交際当初のようなワクワクドキドキ感は減ります。

しかし、「楽しかった」「気持ちが癒された」「また会いたい」とポジティブな気持ちになるのが普通です。

デート中やデートの後にネガティブな感情が生まれるのは、冷めている証拠といえます。

LINEの返信が面倒

彼氏への気持ちが冷めている、分かりやすい症状の一つが「LINEの返信が面倒に感じるか」です。

「以前は、1日に何度もLINEのやりとりをしていたのに、最近は返信が面倒…」と感じていませんか?

返信が面倒ということは、彼氏からの連絡を面倒に感じているということです。好きな人からの連絡は、まず面倒だと感じないはずです。

つまり、彼氏への気持ちが冷めている可能性が高いことになります。

彼氏に恋愛疲れさせてない?男の本音5選

ここまでは、女性が恋愛疲れする原因や対処法について紹介してきました。

でも恋愛疲れをするのは女性だけでなく、男性も同じです。

ここでは、男性が恋愛疲れする女性の特徴をお伝えします。

  • 自由奔放すぎる
  • 結婚したいアピールが強い
  • LINEや電話の返信を催促する
  • 常に自分が一番じゃないとスネる
  • 何でも合わせたがる

上記に当てはまってないかを、確認してください。

自由奔放すぎる

女性の中には「ちょっとくらいわがままを言った方が可愛いでしょ?」と思っている人がいます。

だから、「デートプランは、ぜーんぶあなたが決めてね!」とムチャ振りしたり、男性に相談せず身勝手な行動を取ってみたり

気まぐれで、男性だけではなく友達も振り回してしまっているような人、あなたの周りにもいませんか?

一見、可愛らしく映ることもありますが、エスカレートすると面倒になることも。

わがままを聞いて喜んでくれる女性の姿に、最初は癒されていた男性も、次第にうざったくなってしまうでしょう。

結婚したいアピールが強い

男性が恋愛に疲れたと感じるのは、プレッシャーを与えられた時ではないでしょうか

例えば「結婚」についてです。

男性は、彼女が結婚を待ち望んでいる事を嬉しく思い、いい加減な事は出来ないと強く思います。

そして、次第に結婚の意識も強くなっていき、具体的に何が必要かなどを考え始めるのです。

たとえば、お金のことや年齢のこと、そして子供のことなどです。

真剣に考えれば考えるほど、「今のままではダメだ」「もっとしっかりしなきゃ」とプレッシャーを感じるようになります。

そこに彼女から「結婚する気ある?」「いつになったらお嫁さんにしてくれるの?」なんて追い詰めるような事を言われたら?

「はぁ…分かってるよ。ほんとお前って面倒だな。」と、彼を疲れさせてしまうでしょう。

LINEや電話の返信を催促する

男性と女性では、電話やメールの頻度に差があります

男性と比べて、女性の方が電話やメールが好きだったりしませんか?

返事も早いし、メールの文章も長くても大丈夫!

女同士のやりとりが割とそんな感じなので、男性にも当然のようにそれを求めてしまうのです。

特に好きな相手には、もっと求めたくなってしまいます。

そのせいで、「返信が遅い!」とか「内容がない!」なんて不満を言ってしまうことも。

男はその度に「疲れた…」と思っているはず。

「男同士の連絡ならこうはならないのに」と感じ、恋愛をすることに疲れてしまいます。

常に自分が一番じゃないとスネる

『仕事と私とどっちが大事?』『友達よりも私を優先してよ!』

このように、いつでも自分を優先して欲しいと彼氏に求めると、彼を疲れさせてしまいます

男性は、恋愛の優先順位がそれほど高くはなく、どちらかというと仕事人間だったり、友達と遊びにいくのが好きだったりします。

それでも、彼女に寂しい思いをさせたくないからと、はじめの頃は彼女を優先してあげていたけれど、それも長くは続かず、「頑張ってるつもりなんだけどなぁ」「恋愛するの疲れたなぁ」となってしまいます。

「いつでも私を優先してね」に長期的な効果はありません。

付き合い始めだけの特権だと思うようにしましょう。

何でも合わせたがる

いくら好き同士でも、完璧に価値観が合うことなんてありません。

お互い理解できない趣味のひとつくらいあって当然です。

そこから刺激を受けることもありますし、相手の意外な一面を知ってさらに好きになるということもありますよね。

でも、男に疲れたと感じさせてしまう女性は、何でも自分に合わせたがってしまうのです

その理由の一つが「おせっかい」です。

たとえば、男性が「魚介系ラーメンにハマってるんだ」と言うと、「いやいや、オーガニック系のラーメンの方が絶対おすすめ」と、ついつい自分の好きなものを推してしまいます。

いいものを共有したいという気持ちもわからなくはありませんが、それはただのおせっかいです。

恋愛疲れを解消し、素敵な恋愛を楽しもう!

「恋愛に疲れた…」「恋愛に疲れやすい…」という女性に向けて、恋愛疲れしやすい人の特徴や原因、対処法をお伝えしてきました。

また恋愛に疲れを感じるのは、男性も同じだとお分かりいただけたはずです。

自分としっかり向き合い、恋愛疲れの原因を突き止め対処することで克服できます。恋愛疲れを解消し、素敵な恋愛を楽しんでください。

あなたの今後の恋愛はどうなる?気になる方は電話占いがオススメです
<当たる電話占いランキング!恋愛相談におすすめ人気サイトの口コミと評判>はこちらへ