恋愛脳の意味って?特徴や恋愛満足度の上げ方を徹底解説

レディの教科書
スポンサーリンク

「恋愛のことで頭がいっぱい…」

あなたはそんな悩みをお持ちではないでしょうか?

常に恋愛のことばかり考えている状態を「恋愛脳」と言います。恋愛脳でいることはいいことなのか悪いことなのか、とても気になりますよね。

そこで今回は、恋愛脳のメリットやデメリット、さらに恋愛脳から卒業するためのポイントをお伝えします!

スポンサーリンク

『恋愛脳』ってどんな人の状態を指すの?

「自分は恋愛脳なのかな?」と疑問に感じている人の中には、「恋愛脳」がどんな状態を指すのかよく分かっていない人もいるはず。

ここからは、恋愛脳の意味や、よく対義語として使われる「男性脳」や「仕事脳」との違いについてご紹介します。

恋愛のことで頭がいっぱいな状態=『恋愛脳』

恋愛脳とは、常に恋愛のことばかり考えている状態を指します。いつも好きな人や恋人のことで頭がいっぱいで、恋愛に一喜一憂しやすいという特徴があります。

相手の容姿や性格はさほど重要ではありません。恋をしている自分に酔っている状態なので、相手がどんな人だろうと、その人のことを考えているだけで幸せになれるんです。

こういった恋愛脳は、「恋愛がすべてだ」と思っている女性に多く見られます。

『男性脳』や『仕事脳』との違い

恋愛脳と反対の意味としてよく使われるのが、『男性脳』や『仕事脳』です。

『男性脳』とは、男性的な考え方をする人を指しています。

こういったタイプの人は現実的な視点を持っているため、感情だけで突っ走ることは稀。頭の中できちんと計画を立ててから行動に出る人が多いです。

次に『仕事脳』は、仕事のことばかり考え、仕事を優先するタイプの人を指します。この特徴を持つ人も、男性脳に近い思考回路をしていることが多め。

とはいっても、どちらの場合もまったく恋愛をしないというわけではありません。仕事とは切り離して考えながら、器用に恋愛を楽しんでいる人も一定数います。

こうして見比べてみると、恋愛との距離感や感情の面において、恋愛脳と大きく違うことがよく分かりますよね。

恋愛脳の人にはこんな特徴あり!

恋愛脳の女性

「自分は恋愛脳かも?」「あの人って恋愛脳なんじゃ…」と思っていても、確証を持てないことってありますよね。

そこで次からは、恋愛脳の人が持つ特徴について詳しく見ていきます。実は、恋愛脳の人にはいくつかの共通点があったんです。

人を好きになりやすい

まず、恋愛脳の人は人を好きになりやすいです。恋愛をしていることに幸せを感じるので、ちょっとでも相手をいいなと感じるとすぐ好きになってしまうんです。

また、恋愛脳の人は恋愛をしていないとストレスを感じることもしばしば。一人でいることを極端に嫌うため、フリーの期間をなるべく減らそうと出会いに積極的な人が多いです。

恋愛脳の人は、人を好きになる可能性を常に持っている…といっても過言ではないでしょう。

ロマンチスト

恋愛脳の人にはロマンチストな人が多い傾向があります。想像をめぐらせるのが好きで、運命の出会いがあると信じてやみません。

さらに、何かロマンチックな出来事があると、周りの人にも知ってほしい、聞いてほしいと思いがち。友人にすぐに報告したり、SNSを使ってその出来事を共有したりする人が多いです。

恋愛で頭がいっぱい

恋愛脳の人は常に恋愛のことを考えています。恋愛に溺れてしまうと何も手につかなくなり、時には仕事に支障をきたすケースも。

特に恋愛したての時や恋人と喧嘩してしまった時などは、他のことに頭が回らなくなりがち。自分の知らないところで周囲に気を遣わせていたり、迷惑に思われていたりすることがよくあります。

他人の恋愛にも熱心

恋愛のことで頭をいっぱいにしたい恋愛脳の人にとっては、他人の恋愛トークも興味の対象。女子会を開けば常に恋愛トークに花が咲きます。

恋愛相談を親身になって聞いてあげる場合もありますが、相談に乗るふりをして恋愛経験豊富アピールをしてしまうこともあるので少し厄介。

恋愛脳の人同士であれば恋愛トークは盛り上がりますが、そうでない人からすると少ししつこく感じてしまうでしょう。

一人が苦手・嫌い

恋愛脳には、1人が苦手な寂しがり屋さんが多いです。「恋愛をしない=独りになる」と考えているため、フリーでいる期間を極端に嫌います。

孤独を嫌うあまり、きちんと見極めずに人を好きになってしまう場合もあるんだとか…。

付き合うようになっても、常に相手にかまってほしいという願望が重いと思われ、フラれることも少なくないようです。

恋愛脳っていいこと?悪いこと?【メリット編】

恋愛脳の疑いがある人にとって、恋愛脳でいることのメリットとデメリットはかなり気になることのはず。

次からは、まず『恋愛脳でいることのメリット』についてご紹介します。

色んな人に出会おうと行動的になる

恋愛脳の人は、フリーになると出会いを求めるのに積極的になります。いろいろな人と出会えば、必ずいい人と巡り合えると考えているんです。

なかなか積極的に出会いの場に踏み込めない人も多い中で、そういう風に行動を起こせるのはあなたの強みと言えるでしょう。

また、出会いに積極的になれる人は、人と関わること自体が得意な場合が多いです。笑顔で楽しく接するのが身についているのであれば、それもあなたの武器となっているはず。

コミュニケーション能力が高いと、出会ったときに相手から「いいな」と思われる可能性が高くなり、モテに繋がります。

身だしなみに人一倍気を配る

出会いを常に求めている恋愛脳の人には、身だしなみに気を配っている人が多いです。

どこでどんな出会いがあるか分からないので、恋愛脳の人たちは常にベストな状態を保つために努力を続けているのです。

すっぴんで外を出歩くなんてことはほとんどなく、どんな場所でもかわいい・きれいな自分でいることが最優先。

恋愛を第一に考えているからこそ、外見や身だしなみには人一倍気を配ります。

流行に敏感になる

恋愛脳の人の中にはおしゃれな人も多いです。かわいい自分を常に保つため流行にも敏感。今何が流行っているのか、SNSやインターネットでトレンドを常にチェックしています。

流行に遅れたくない、会話のネタにしたいという気持ちから、情報集めに努力する人が多いんです。

別れてもすぐに新しい恋人ができる

恋愛脳の人は、恋人と別れてもすぐに頭を切り替えることができます。

どんなに前の恋人のことが好きで、別れにショックを受けていたとしてもこれは変わりません。前の恋人との別れより、恋愛をしていない状態が嫌な気持ちの方が勝るんです。

積極的に動ける特徴もあいまって、恋愛脳の人はすぐに新しい恋人を作ることができます。

恋愛脳っていいこと?悪いこと?【デメリット編】

恋愛脳に苦しむ女性

ここまで恋愛脳のメリットについてご紹介してきましたが、もちろんデメリットも存在します。ひどくなると周囲に迷惑をかけたり、自分を苦しめてしまったりすることも…。

次からは恋愛脳にはどんなデメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

他のことを疎かにしがち

恋愛脳に陥ると、仕事や勉強が疎かになってしまいがちです。

本当はやらなきゃいけないことがあるのに、恋人とのLINEに夢中になったり、長電話をしたり、何かを妄想したりと、なかなか本来のタスクが進みません

会社でも仕事をしているように見えて実は上の空で、好きな人や恋人のことをずっと考えている…なんてことはザラ。

特に恋愛したての時は何も手につかず、他人に迷惑をかけてしまうことも多々あります。

恋愛に感情を左右されやすい

恋愛脳の人は恋愛に感情を左右されやすいため、情緒不安定になることも少なくありません。恋愛で幸せを感じている時は特にハイになりがち。

反対に、喧嘩をしたり別れたりするとかなり落ち込みます。ショックのあまり会社や学校を休んでしまうケースも…。

相手への依存度が高い

恋愛脳の人は相手に依存しやすいです。恋人に抱いている感情が本当に好きという感情なのか、ただの依存なのか分からなくなるほど。

相手にも自分と同じような熱量を求めてしまうため、重いと思われ離れていかれることも多々あります。相手を束縛しすぎたせいでフラれることも少なくありません。

友人知人に面倒がられることも

恋愛脳も度が過ぎると友人から嫌われやすくなります。常に会話が恋愛中心で、どんな話を振っても恋愛に繋げる…となると、相手から会話するのも面倒に思われてしまいます。

また、恋愛脳の人は恋愛のために友人を犠牲にできる人も多いです。恋人との用事を優先して友人との予定をドタキャンしたり、遊んでいても恋人に声をかけられたらすぐに飛んでいったり…。

それでも付き合ってくれる優しい友人がいるならいいですが、自分勝手なことばかり続けていると愛想をつかされてしまうかもしれませんよ。

恋愛脳から卒業して満足度の高い恋愛を!

恋愛脳でい続けるのは、生活に支障が出たり友人との関係が悪化してしまったりと、悪い方向に進んでしまうことが少なくありません。

恋愛脳を卒業すれば、そのリスクを回避することができますよ!

ここからは、恋愛脳から卒業するためのコツについてご紹介します。

今の交友関係を大切にする

恋愛脳を卒業するには、まずは交友関係を大切にしましょう。常に出会いを求め続けるのは悪いことではありませんが、今いる友人1人1人もあなたの財産だということを忘れてはいけません。

これを機に、深い人間関係を作るように心がけてみてください。友人たちのいいところや頼れるところなどを再確認し、感謝の心を忘れないようにしましょう。

恋愛脳でいる限り、交友関係を増やしても心が満たされることはありませんよ。

趣味ややりがいを見つける

恋愛脳の人は、暇な時間が長引くとその性質が悪化しやすい傾向にあります。恋愛脳から卒業したければ、他に没頭できる趣味ややりがいを見つけるのが有効的ですよ。

他のことを考える暇がないくらい集中できる内容が望ましいです。恋愛について考えない時間に慣れることが、恋愛脳を卒業する1番重要な鍵になります。

自分磨きをする

もともとおしゃれでセンスがある人も多いのが、恋愛脳の人の特徴。それを活かして、とことん自分磨きをするのもいいでしょう。

ダイエットを始めたり、メイク研究をしたり、ストレッチをしたりして心身ともに鍛えていけば、自分のことがより好きになれます。

自分磨きは、真の意味で充実した恋愛にも繋がっていくこと間違いなしですよ。

一人行動も楽しめるメンタルを持つ

恋愛脳の人は1人が苦手になりがち。1人で行動することに慣れるのも大切な要素です。

1人で食事を取るのが苦手…という人も多いので、まずはハードルが低いカフェに1人で入ってみるのがおすすめです。

1人が寂しい、恥ずかしいという感情を捨てて、楽しむ方向にシフトしていきましょう。案外やってみると「どうってことはないな」という気持ちになれるものですよ。

最近ではおひとり様文化も進化しています。1人カラオケや1人焼き肉専門店など、徐々にハードルを上げていけば、おのずとメンタルも強化されていくでしょう。

彼とちょうどいい距離感を保つ

恋愛脳の人がいい恋愛をするには、彼氏との距離感を見直すのも重要です。恋愛脳の人は彼との距離感がかなり近く、相手にとってはそれが負担になってしまいがち。

1度、少しだけ彼と距離をとってみてください。ほどよい距離感を掴むきっかけになるかもしれませんよ。

また、連絡を取る頻度を減らしてみたり、会う回数を減らしてみたりと、恋愛だけに縛られない生活を送ってみましょう。

趣味に打ち込んだり友人との時間を持ったりすることで、よりお互いの愛が深まっていきます。常に恋愛について考えていなくても、愛は変わらないことを実感するのが何より大切ですよ。

電話占いを試してみる

それでもいい解決策が見つからない…という場合は、電話占いを試してみるのがおすすめ。

対面の占いは、店舗に行く必要があったり、誰かに見られる可能性があったりするのがネック。その点、電話占いはいつでもどこでも鑑定を受けられます。

恋愛の悩みに特化した鑑定師さんが占ってくれる場合もあるので、あなたに合った占いがきっと見つかるはず。

電話であれば占ってもらったことが誰にもバレないので、なかなか人に話せないようなことも相談できちゃいますよ。

初回は無料で試せるサービスも多い電話占い。まずは気軽に登録してみてはいかが?

恋愛の悩みはプロに相談して解決!
<お得に電話占いを試す方法>はこちら

まとめ

恋愛脳から抜け出したカップル

今回は恋愛脳についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

恋愛脳な自分に疲れてしまっている人も多いと思います。常に恋愛のことばかりを考えていると、生活に支障をきたしたり、周りの人に迷惑をかけてしまったりと、悪影響を及ぼしかねません

恋愛脳から卒業するためには、まずは恋愛と距離を置くことが大切。熱中できる趣味を見つけたり、恋人と少し距離をおいてみたりなどして、恋愛から離れることに慣れていきましょう。

刺激は恋愛だけでなく、他のところからも受けることができます。恋愛脳から卒業して、今よりも豊かで幸せな日々を送ってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レディの教科書
シェアする
ラブベイト