恋愛で嫉妬しない方法はこれ!健全な関係を保つ秘訣とは

恋の悩み
スポンサーリンク

「小さなことで嫉妬するの疲れた」「好きな人が異性と話してるだけでモヤモヤする」

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?嫉妬ばかりしているととても辛くなりますよね。

でも大丈夫。嫉妬は、考え方や行動次第で抑えることができます。また、自分が他人に嫉妬する理由やタイミングを理解するのも非常に大切。

今回は、嫉妬する理由やタイミングと、嫉妬しない方法についをて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

嫉妬しない方法が知りたい…まずは嫉妬する理由を解明

嫉妬しない方法が知りたい人の中には、まずなぜ嫉妬するのか、その理由がわかっていない人もいるのではないでしょうか。

嫉妬は自分自身の考え方が関係しているのがほとんど。ここからは、嫉妬する理由について詳しく解説します。

独占欲が強い

独占欲が強い人は嫉妬しやすい傾向があります。「自分だけを見ていて欲しい」「自分のものにしたい」という願望が強く、異性の名前が出てくるだけで嫉妬に繋がることも…。

「好きな人には自分だけを見てほしい」気持ちは誰でも持っているものですが、それが強すぎるとヤキモチを焼きやすくなります。

自分に自信がない

嫉妬をしやすい人の中には、自分に自信がない人も少なからず存在します。

「もしかしたら誰かに取られてしまうかも…」「もう振り向いてくれないんじゃ…」という不安から、好きな人の行動1つ1つを気にしてしまうんです。

無意識に自分と比べている

無意識に相手と自分を比べてしまっているせいで嫉妬してしまうこともあります。

芸能人に対して嫉妬するときなどは、「あんなにかっこいい人に敵うわけない…」という気持ちが嫉妬に繋がる場合もあるようです。心のどこかで負けを認めてしまっているんですね。

反対に「自分があの子に負けるわけない」「あの人には絶対に取られたくない」と思っている場合でも、嫉妬に繋がってしまいます。

相手に求めすぎている

嫉妬は相手に求めるものが大きすぎる場合にも起こりやすいです。

人によって、好きな人や恋人に求める距離感や要求は異なるもの。相手との距離が常に近いことを望み、自分に配慮のない行動をされるのを嫌う人は、嫉妬しやすい傾向にあります。

相手に不信感がある

相手に対する不信感が嫉妬の原因となるパターンも考えられます。特に相手に浮気の過去があったり、異性との距離感が近すぎたりすると、不信感を抱きやすくなりがちです。

あなたはどれが当てはまる?恋愛で嫉妬する瞬間

嫉妬するタイミングには人によってさまざま。身近な相手に嫉妬するケースだけでなく、直接面識のない人にすることもあります。

次からは、恋愛で嫉妬する瞬間について詳しく見ていきましょう。

相手が異性と接しているのを見たとき

嫉妬するシチュエーションでもっとも多いのが、相手が異性と接している時です。

自分がいくら「自分だけを見て欲しい!」と思っていても、現実はなかなかそうはいかないもの。相手も相手で、異性とまったく話さないで生活をするのは無理があります

また、片思い中の相手が他の異性と話しているのを見たら、焦りや不安から嫉妬の感情が芽生えることも。

そういったタイプの人は、相手が異性と単に業務的なやり取りをしているだけでもモヤモヤを感じてしまいます。自分の心が狭いのだろうかと、悩んでいる人も少なくありません。

相手が異性の有名人の話をしたとき

嫉妬の対象が有名人になることもあります。有名人だとしても、自分の好きな人の口から異性の名前が上がるのは辛い…と感じてしまうんです。

これは自分がその有名人を好きか嫌いかは関係なく、どちらでも嫉妬の対象になります。

その有名人が自分よりもかわいい・かっこいいのはわかっているつもりでも、どうしても嫉妬の感情が湧き上がってきてしまうんですね。

それが理由で、今までは好きだった有名人が嫌いになってしまうことも。

ほとんどの場合、有名人と自分の好きな人がどうにかなることはないですが、それでも不満を持つのをやめられないのです。

相手が自分以外の人と楽しそうにしているのを見たとき

好きな人や恋人が自分以外の異性と楽しそうにしていたら、嫉妬の感情が出てくるという人も。

「異性と会話するのは許せる」「異性と話さないで生活するのは無理」と理解をしているつもりでも、楽しそうな姿だけは許せない人は多いです。

相手が恋愛的な意味で楽しそうにしているわけではなくても、「もしかしたら自分以外の人がいいのかな?」と不安に感じ、嫉妬してしまう人もいます。

相手が自分が見ているのを知りながら楽しそうにしていたら、尚更その嫉妬心が強くなります。

恋人の仕事の帰りが遅いとき

嫉妬は、特定の異性がいない時でも起こります。例えば、仕事の帰りが遅い時。これは、異性に対する嫉妬というより、仕事への嫉妬を意味しています。

本当は相手が仕事を頑張っているなら、それを支えてあげるのが1番。でも、あまりにも仕事が遅い日が続くと、「仕事と私どっちが大事なの?」と不安になることも少なくありません。

さらに考えすぎると「本当に仕事?」「浮気してるんじゃないの?」と悪い方向にシフトしてしまいがち。

仕事で帰りが遅いのは本来どうしようもないことです。それを分かっていても、もっと自分への配慮や愛情表現が欲しいと思う気持ちを抑えきれず、嫉妬してしまうんです。

【番外】日常で嫉妬しやすい人は恋愛面でも…

日常で嫉妬しやすい人は、恋愛でも嫉妬しやすくなります。嫉妬しやすい人は、常に友人知人と自分とで、容姿や学歴、収入や家庭環境などを比較してしまいがち。

自分にないものを持っている人に対して、うらやましいと素直に思えず、嫉妬の感情から嫌悪感を抱いてしまうわけです。

他人と比較するのが習慣化している人は、恋愛でも嫉妬深くなりがちです。もともと自分に自信がなく、誰かと比較することで自分を保っているので、生きづらさを感じることも。

実践してみて!嫉妬しない方法7選

嫉妬しやすい自分に嫌気が差している人もいること思います。嫉妬する場面を減らすためには、自分の考え方を変えることが1番重要。

次からは嫉妬しない方法について、詳しく解説していきます!

1.ネガティブな感情を引きずらない

嫉妬しやすい人は、1度抱いたネガティブな感情を引きずってしまう傾向にあります。

自分でどれだけ考えても、1人で解決することはなかなか難しいもの。まずは考えすぎないようにするのが大切です。

嫉妬の感情が湧いてきた時、一人で考え続けてもポジティブな気持ちに変化することはまずありません。気持ちに一区切りつけて、そこで終わりにする習慣をつけましょう。

もしネガティブな感情が出てきたら、「今自分はネガティブになってしまってる」と認めてあげるのも大事。客観的に自分を捉えると、冷静さも取り戻しやすくなりますよ。

2.強制的に他のことを考える時間を作る

嫉妬は考える時間が長引くほど悪い方向にいきやすくなります。そうならないように、強制的に他のことを考える時間を作るのもおすすめ。

できるだけ他のことを考える暇のない、作業に没頭できるようなものがいいですよ。

たとえば料理や陶芸、絵画制作などは、室内にいながら作品づくりに取り組めるのが利点。雑念が飛び、目の前のことに集中できます。

逆に、ジムやスポーツなど、身体を動かす趣味を持つのもいいでしょう。たくさん汗をかくと、案外簡単に些細なことがどうでもよくなってくるものです。

また、次の旅行の計画を立てるのもかなり頭を使うのでぴったりです。仲の良い友人を誘ったり、気楽に一人旅の予定を作るのもいいですね。

嫌な感情が湧きあがったら、何か他のことを考える習慣をつけましょう。

3.相手に素直な気持ちを伝えてみる

自分だけではどうしても嫉妬を抑えきれないときもあると思います。そういうときは、相手に素直な気持ちを伝えてみるのもいいでしょう。

相手が自分が傷ついていることに気がついていない場合もあるので、それを知らせるためにもこの手段は有効です。

喧嘩腰で話すのではなく、不安や寂しさがあること、相手への愛があるからこそそうなってしまうことをストレートに伝えるのがベストです。

相手に言ってもどうしようもないことだとしても、悩みを共有することでわかりあえる場合もあります。

「相手にこのことを知られたら嫌われるかも…」と不安に思ったとしても、実際に話してみないことにはどうなるかわかりません。

思い切って話し合いの機会を設けることで、いい方向に進むかもしれませんよ。

4.自分磨きをする

嫉妬しないようになるためには、自分磨きをするのもいいでしょう。嫉妬の原因が、自信のなさや相手に対する劣等感であれば、嫉妬しない自分を作るのが1番です。

嫉妬した相手が芸能人だとしても、その芸能人に負けないように自分磨きをしましょう。

ダイエットやファッション、メイクなど、自分のポテンシャルをあげる努力も大事です。自分磨きを重ねていけば、自分を好きな気持ちも強くなっていくはず。

自分を好きになって、一番いい状態になった姿を好きな人に見せること。これを目標に、自分磨きに励みましょう。

5.自分に自信を持つ

自分に自信をつけるのはとても大切なことです。ダイエットや身だしなみはもちろんですが、内面から変わる努力も重要になってきますよ。

自己肯定感が低いと、どんな人にも嫉妬しやすくなります。自分自身に自信を持てるように、どんなことにも負けない自分を作りましょう。

嫉妬してしまう自分を変えたいという向上心があれば、きっと内面の美しさ・かっこよさを手に入れることができるはず。

自分の悪い部分ばかりに目を向けるのではなく、いい部分にも目を向け、悪い部分を直す努力をすることで、自分に自信をつけていきましょう。

6.心に余裕を持つ

あなたは、恋愛以外にも何か悩みを抱えていたり、忙しすぎたりなど、自分自身を苦しめている要因に心当たりはありませんか?

嫉妬しやすい人は、心に余裕がない人が多いです。心がいっぱいいっぱいになる前に、余裕を持つようにしましょう。

する必要のない心配事や悩み事は、自分を追い詰める原因にしかなりません。忙しくて余裕がなくなっているのなら、生活にメリハリをつけて、休む時はしっかり休むようにしましょう。

自分の今おかれている環境や、精神状態をきちんと見つめなおして、心に余裕のある生活を送りましょう。

7.相手を理解する

相手を理解してあげるのも、嫉妬しない1つの手段。

もともと異性の友達が多い人や、2人で遊んでしまうような相手だと、都度嫉妬するのは辛いものです。相手の価値観を理解し認めることも時には重要ですよ。

人間、誰もがそれぞれの人生を歩み、価値観を築いてきています。どんなに自分が理解できないようなことでも、価値観にズレが生じるのはある意味仕方のないこと。

最初から理解できないと諦めるのではなく、理解と認める努力をして、相手の尊敬できる部分を見つけていきましょう。

嫉妬しない方法の次はこれも。嫉妬したときの応急処置

嫉妬しない努力をしていても、なかなか感情のコントロールができない場合もあります。そんな時はどう対処したらいいのでしょうか。

次からは、嫉妬してしまった時の上手な対処法についてご紹介します。

一瞬はカーッとなっても、一旦時間をおく

嫉妬してしまったら、怒りの感情をそのままに相手にぶつけるのは絶対にやめましょう。

一瞬頭に血がのぼったとしても、冷静になって考えたらそこまででもなかった…なんてケースはザラにあります。その時の感情に任せて相手に怒りをぶつけても、いいことはまったくありません。

嫉妬の感情は、まずは自分の中で整理するのが大切。それでもなかなか収まらないこともあるとは思いますが、そういうときも一旦時間をおくのを意識しましょう。

時間をおいて、冷静になって考えられるようになってから、行動に移るのが大切ですよ。

なぜ今嫉妬したのか、考えをまとめてみる

嫉妬してある程度冷静に判断できるようになったら、なぜ嫉妬したのか考えをまとめてみるのもいいでしょう。

嫉妬することには必ず原因があります。相手の容姿に対してなのか、頭脳に対してなのか、人柄に対してなのか…。相手のどこに嫉妬したのか、よく考えてみてください。

また、自分に自信がなくなっていないか、問題を抱えていないか、相手に不信感を抱いていないかなど、自分の精神面に原因がないのかもあわせて考える必要があります。

嫉妬した理由について考えをまとめてみることで、怒りや不安の感情を抑えることができますよ。

外の空気を吸う

嫉妬して頭に血がのぼってしまった場合、気分転換するのが大切です。屋内にいたのであれば、冷静に考えられるように、外の空気を吸ってリフレッシュしましょう。

少し違う景色を見るだけで、感情を抑えられる場合もありますよ。

電話占いを試してみる

それでもいい解決策が見つからない…という場合は、電話占いを試してみるのがおすすめ。

対面の占いは、店舗に行く必要があったり、誰かに見られる可能性があったりするのがネック。その点、電話占いはいつでもどこでも鑑定を受けられます。

恋愛の悩みに特化した鑑定師さんが占ってくれる場合もあるので、あなたに合った占いがきっと見つかるはず。

電話であれば占ってもらったことが誰にもバレないので、なかなか人に話せないようなことも相談できちゃいますよ。

初回は無料で試せるサービスも多い電話占い。まずは気軽に登録してみてはいかが?

恋愛の悩みはプロに相談して解決!
<お得に電話占いを試す方法>はこちら

まとめ

今回は嫉妬しない方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分の恋人や片思いの相手が、自分以外の異性と話していたり楽しそうにしていたりしたら、少なからず心のモヤモヤはでてくるものです。

嫉妬の感情は、自分の自信の無さや独占欲が原因で湧き出てくることがあります。

心の余裕がなくなってくると、芸能人に対しても嫉妬の感情が出てくるケースも。嫉妬しないためにも、自分自身の気持ちをコントロールする術を身につけることが大切です。

嫉妬しないためには、考えすぎないことや強制的に考える時間を無くすのがおすすめです。

万が一嫉妬してしまったとしても、怒りに身を任せて相手に迫ることはせずに、感情が収まるまで待ちましょう。

嫉妬しない方法を実践するのは大変かもしれませんが、努力を重ねればきっと改善できます

ちょっとしたことで嫉妬してしまう自分に嫌気が差している人は、ぜひ嫉妬しない方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋の悩み
シェアする
ラブベイト