出会いに縁は関係あるの?恋愛に繋がる運命の相手の特徴と出会い方

出会い
スポンサーリンク

新しい出会いを探している時は、「縁」や「運命」を大事にしたいですよね。

しかし、自分にとって縁がある相手と出会いたいと考えていても、いざ探すのは難しいものです。

「自分にとっての運命の相手がわからない」
縁がある人と出会うためには、どうすればいいの?
など、具体的なことが分からずに、行動に移せずにいる人もいるかもしれません。

この記事では、そのような悩みを抱えている人に向けて、「縁」が繋がっている、運命の相手の特徴や、出会い方をご紹介します。

合わせて、縁がある人を逃さないための注意点や、腐れ縁との見分け方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

そもそも「縁」とは?

まずは縁について、具体的に見てみましょう。「縁のある人と出会いたい」と言っても、実際に縁とはどういうものなのかよく分かっていない人も多いでしょう。

曖昧なままで探しても、縁が繋がっている人との出会いを見逃してしまうかもしれません。

そもそも「縁」とはどういうものかを知ることで、自分にとって縁がある人を見つけやすくなります。

  • 普段出会わないような人も引き寄せる
  • 成長させるための苦しい縁もある
  • 縁がある人とは簡単には切れない

このように、縁には様々なものがあります。良いものもあれば、悪い出会いもあります。具体的にどういうものなのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

普段出会わないような人も引き寄せる

いつもの日常では、出会わないような人との出会いを引き寄せるのが縁です。

いつも好きになる異性と違うタイプの人を好きになったり、普段行かないような場所でたまたま出会ったりします。

時間や場所、状況など様々な偶然が重なった結果、出会うパターンが多いです。縁には、自分が普段選ばないような人との出会いを引き寄せる不思議な力があります。

成長させるための苦しい縁もある

「運命の出会い」と聞くと、すべて良い縁だと思っている人も多いかもしれません。確かに、縁ある人と出会い、幸せを掴む人は多いです。

ところが、自分や相手を成長させるために、辛い思いをする苦しい縁も存在します。人は、別れなどの悲しい経験を繰り返すうちに成長していくものです。

縁はそういった試練も含めて、幸せに導いてくれます。より幸せになるために苦しい縁もあると、覚えておきましょう。

縁がある人とは簡単には切れない

縁ある人との関係は、簡単には切れません。一度離れたとしても、縁で繋がっていれば、再び出会います。試練として、別れと出会いを繰り返すパターンも少なくありません。

離れてから再び結ばれるまでに、長い年月を要することもあるでしょう。それでも縁で繋がっていれば、再び出会う時が来ます。切りたいと思っているのに、また出会ってしまう程、強い結びつきがあるのです。

運命の出会い?縁がある人の8つの特徴

「縁」がある人と言っても、実際にどういう特徴があるのか分からない人も多いでしょう。

ふと訪れた出会いが、運命なのかどうか見極めるためにも特徴を知っておくことが大事です。

  1. 共通点が多い
  2. 初対面ですぐ仲良くなる
  3. 偶然出会うことが多い
  4. タイミングがよく合う
  5. 人生の分岐点で出会う
  6. 雰囲気や顔が似ている
  7. トントン拍子に事が進む
  8. 居心地がいい

このように、縁がある人の特徴は様々です。運命の出会いを果たした人が、出会った瞬間に「ビビビっときた」と言っているのを聞いたことがある人は多いでしょう。

しかし、そう感じるだけが運命の出会いではありません。むしろそのパターンは稀で、ほとんどの場合、一緒に過ごしている中で運命の相手だと気付きます。

ふとしたタイミングで、相手と過ごしている自分を振り返ってみましょう。

「余計な気を遣わずに過ごせている」
初めて会った気がしない
といったように、一緒にいることに違和感を感じずに、楽しく過ごしている場合、その相手とは縁が繋がっている可能性が高いです。

1.共通点が多い

縁がある人とは、驚くくらい共通点がたくさんあります。例えば、生まれ育った環境が同じ、趣味嗜好が似ている、考え方や価値観が共感できるなどです。

相性の良し悪しを左右するような部分で共通している部分が多いです。

共通点が多いと気が合い、素の自分でいられるので、次第に居心地の良さを感じるでしょう。

普段の生活で、共通点が多く居心地の良さを感じる人と出会うことは、それほど多くありません。多くの共通点が見つかるのは、あなたと縁がある証拠です。

2.初対面ですぐ仲良くなる

縁で繋がっていると、会ったばかりでもすぐに意気投合し、仲良くなります。

一般的に、初めて会う人との会話は、緊張感があり気を遣うものです。しかし、縁がある人とは、初対面とは思えないくらい自然と仲良くなります。

共通点が多かったり会話のテンポが合ったりするので、居心地の良さを感じるでしょう。

普段は人見知りで仲良くなるまでに時間がかかるという人でも、自然と馴染めます。

3.偶然出会うことが多い

縁で繋がっている人とは、偶然出会うことが多いです。例えば、偶然いつもとは違う道で帰っていた時に出会ったり、いつもの行きつけのお店が満席で、偶然入った別のお店で出会ったりする時があります。

他にも、気乗りしなかった飲み会に参加したら出会うなど、タイミングよく出会える場合が多いです。結びつきがあるからこそ、自然とお互いが引き寄せられるのです。

普段とは違う行動をした時や、状況に応じた対応が求められた時は、縁がある人に引き寄せられているのかもしれません。

4.タイミングがよく合う

様々な場面でタイミングよく合う人がいたら、縁がある人と言えるでしょう。

例えば、連絡を取ろうとしている時に向こうから連絡がきたり、「あのお店に寄りたいな」と思っていたら、相手も同じ瞬間に同じことを考えていたりです。

他にも、恋人関係や異性関係であれば、会いたいと思う頻度が同じ場合も縁がある証拠です。

偶然タイミングが合うことはあっても、頻繁に同じ行動を取る人は中々いません。

考えていることがわかるくらいタイミングが合う人とは、長く一緒にいても疲れないでしょう。

5.人生の分岐点で出会う

人には、人生において、何度か分岐点があります。縁がある人とは、そういった分岐点に差し掛かった時や、その後に出会うことが多いです。

例えば、転職や引っ越し、長く付き合った恋人との別れなど、大きな変化の時に出会います。古いものを断ち切り、新しいものを取り入れようとしている時期だからです。

自ら望んで環境が変わったわけではなくても、その人にとって必要な出会いがあるから変化が訪れているのです。

分岐点に差し掛かった時は、縁で繋がっている人との出会いが近いのかもしれないと前向きに捉えましょう。

6.雰囲気や顔が似ている

雰囲気や顔立ちが似ていることも、特徴の一つです。生まれ育った環境や考え方は、雰囲気や顔立ちに表れます。そのため、共通点が多く居心地がいいと感じる人は、雰囲気や顔立ちが似ることが多いです。

周りから「二人似てるね」「なんかお似合いの雰囲気だね」などと言われる人は、あなたと縁がある人です。

7.トントン拍子に事が進む

特に意識したり特別な行動をしなくとも、トントン拍子に事が進むというのも縁で繋がっている相手の特徴です。

連絡先の交換やデートの約束など、出会ってからその後の関係が、極自然な流れで進んでいきます。

自分と相手のいろいろなタイミングが一致しているからです。まさに、出会うべくして出会った相手と言えるでしょう。

8.居心地がいい

縁が繋がっている相手であれば、お互いに居心地がいいと感じるでしょう。それは、共通点も多く、自然体で過ごしているからです。

なかには、異性によく見られたいからと、取り繕ってしまう人もいるでしょう。意識的に良い部分を見せても、長く続かない場合が多いです。

その点、縁で繋がっている相手には、自然と自分の素を出せるようになります。出会って間もないのに、まるで長い期間一緒に過ごしてきたかのように感じる人も少なくありません。

良い縁と腐れ縁の見分け方

縁には「良い縁」と「腐れ縁」があることをご存知ですか?

縁がある人と一言で言っても、必ずしも全てが良い縁という訳ではありません。

関係を続けるべきか断ち切るべきか不安になった時は、2人の関係や自分の気持ちを整理しましょう。

良い縁と腐れ縁の見分け方は6つあります。

  • 一緒にいたいかどうか
  • 喧嘩をするかどうか
  • 一緒に過ごすことに理由があるかどうか
  • 望んでいないのに出会ってしまうかどうか
  • 将来を想像できるかどうか
  • 自分の直観を信じる

このように、良い縁と腐れ縁の見分け方は様々です。自分でしっかり見分けることで、幸せな未来を選べるでしょう。

ここでは、どういう状態であれば良い縁もしくは腐れ縁なのか、見分ける方法を具体的にご紹介します。

一緒にいたいかどうか

まずは、一緒にいたいかどうかを自分自身に問いかけてみましょう。縁がある人とは、気付けば一緒に過ごしていることが多いので、良くも悪くも自分の意思とは関係なく進みがちです。

そのため、一緒にいたいかどうかを意識するきっかけがなかったかもしれません。改めて、その人と一緒にいたいのか、自分の意志を確認することが大事です。

良い縁であれば一緒にいることで幸せを感じるため、この先も一緒にいたいと感じるでしょう。

喧嘩をするかどうか

喧嘩は、お互いをより深く知る上で必要なことです。しかし、ただ自分の言い分だけを聞いてもらおうとしたり、相手の言い分に聞く耳をもたなかったり、感情任せに言い合う喧嘩は別です。

ただただ、相手を傷つけるだけで、むしろ関係は離れてしまいます。こういった喧嘩をよくする相手は、腐れ縁と言えるでしょう。

良い縁で繋がっている場合は、お互いに分かり合おうとする姿勢で、話し合いができるはずです。

一緒に過ごすことに理由があるかどうか

一緒に過ごすことに理由があるかどうかも、見極めるポイントとして重要です。

良い縁であれば、一緒に過ごすことに理由なんていりません。ただ一緒にいたいから一緒にいるのです。

しかし腐れ縁の場合は違います。相手に情があるから、長い期間関係を続けているから、他にいい人がいないからという理由で居続けます。

一緒に過ごすことに何かしらの理由があって、仕方なく離れられない存在になっているのです。

理由をつけて一緒に過ごしていても、本当の幸せは手に入りませんよ。

望んでいないのに出会ってしまうかどうか

望んでいないのに出会ってしまうのは、良い縁ではなく腐れ縁です。「もう会いたくない」「嫌い」といった感情があるのに、何故か会ってしまいます。

これらの感情がある場合は、偶然会うことが多くても、良い縁とは言えません。

会うことを望んでいない、会っても幸せな気持ちにならない場合は、腐れ縁と割り切りましょう。

将来を想像できるかどうか

良い縁か腐れ縁か見分けたい相手との、将来は想像できますか?一緒にいて幸せな未来が想像できるのであれば、良い縁で繋がっている相手と言えます。

逆に想像できなければ、腐れ縁の可能性が高いでしょう。関係を終わらせたくても、断ち切れずにいるだけかもしれません。

良縁と腐れ縁を正しく見分けるのは、自分が今後幸せになれるかどうかにも繋がってきます。将来を想像して、正しく見極めましょう。

自分の直観を信じる

縁は、無意識に引き寄せ合うものなので、自分の直感も大事です。考えても答えが出ない時は、自分の直感を信じましょう。

自分の本能がどう感じるかは、見分ける時の重要ポイントになります。理屈抜きで自分の心に問いかけてみましょう。

将来幸せになるために目の前の相手が良い縁かそうではないかは、自分の本能が感じ取っているはずです。

縁がある人と出会うための6つの方法

続いて、良い縁がある人と出会うためにするべきことを見ていきましょう。

縁がある人とは自然な流れで会うと述べてきましたが、ただ何もせずに待っているだけでは出会いにくいです。

  1. 出会いの場所に行く
  2. 色んな場所に行ってみる
  3. 既に知り合っている人に目を向ける
  4. 自分の気持ちに素直になる
  5. 心に余裕を持たせる
  6. 惰性で続けていることを断ち切る

このように、出会うチャンスを逃さないためには、行動や日々の意識が大事です。行動を起こせば、縁がある人出会う確率が上がります。

ここでご紹介する方法を、ぜひ実行に移していきましょう。

1.出会いの場所に行く

まずは、出会いの場所に積極的に出向くのが大事です。出会いの場所には、あなたと同じように、「今」出会いを求めている人が集まります。そのため、縁がある人とも出会いやすいのです。

ただし、出会いの場だからと言って、運命の人を探すのに必死になりすぎるのはよくありません。

できるだけ自分らしく自然体で過ごす方が、本当に縁がある人を引き寄せてくれます。

2.色んな場所に行ってみる

いつも決まった場所で過ごすのではなく、色んな場所に行くのもいいでしょう。

いつも、自宅と職場の往復だけになっていませんか?外出するのは、習い事や、馴染みの居酒屋に行くだけになっていませんか?

毎回同じようなタイミングに同じ場所で過ごしていても、新しい人との出会いは期待できません。

安心できる場所も大事ですが、いつもと違う場所にこそ、縁がある人との出会いがあります。

3.既に知り合っている人に目を向ける

新しい人だけではなく、既に知り合っている人にも目を向けてみましょう。縁がある人との出会いは、まだ見ぬ新しいものばかりではありません。既に出会っている人の可能性も高いです。

過去に出会った時は何も進展しなかった、一度付き合ったけど別れてしまった人がいるでしょう。その時はまだ一緒になるタイミングではなかっただけで、今会ったら自然と引き寄せられるかもしれません。

縁がある人とは、成長するために一度離れる場合もあります。久しぶりに会ってみたいな、と思う人がいれば連絡を取ってみましょう。

4.自分の気持ちに素直になる

自分の気持ちに素直になるのも大事です。縁がある人とは、適切なタイミングに自然な流れで一緒になります。

心のどこかで「今じゃないかも」「この人じゃないかも」と感じていないか、自分に問いかけてみるのが大事です。

常に自分の気持ちに素直でいることで、心から居心地の良いと感じる人と出会えますよ。

5.心に余裕を持たせる

心に余裕がなければ、縁がある人を見つけられません。早く出会いたいからと必死になりすぎると、視野が狭くなるからです。

出会いの場に行って「運命の人はどこだろう」と血眼になって異性を見てしまっていませんか?

そんな状態では、運命の出会いは訪れないでしょう。縁がある人とは自然体でいる時に出会いやすいものです。毎日心に余裕を持って過ごしましょう。

6.惰性で続けていることを断ち切る

惰性を断ち切るのも大切な行動です。嫌々ながら、なんとなく続けていることはありませんか?

例えば、料理が苦手だけど婚活のためだけに料理教室に通っていたり、乗り気じゃないけど同僚との飲み会に参加していたりしませんか?

惰性で続けていても、何もいいことはありません。自分が心から「楽しいと思わない」「必要に感じない」習慣は、思い切って断ち切りましょう。悪習慣を断ち切ることで、良い縁が訪れやすくなります。

縁がある人との出会いを逃さないために!

縁がある人かどうかは、出会ってすぐには気付かないことも多いです。

せっかく縁がある人と出会っても、早い段階で縁がないと判断してしまうのはもったいないですよね。直感だけに頼らず、意識的に見るようにしましょう。

  • 偶然の出会いを信じる
  • 出会った人と共通点がないか探る
  • 長時間一緒に過ごしてみる

このように、縁がある人を見逃さないためには、様々な考え方が必要になります。

具体的に、縁がある人との出会いを逃さないためにしておくべきことについて、詳しく見ていきましょう。

偶然の出会いを信じる

まず前提として、偶然の出会いを信じることが大事です。偶然出会うことなんてないと思い込んでいては、せっかくチャンスがあっても出会いを逃してしまうかもしれません。

縁がある人こそ自然な流れで出会いやすいもの」と日頃から意識しておきましょう。

偶然の出会いを信じることで、心のアンテナも敏感になり、縁があるかどうか見分けやすくなります。

出会った人と共通点がないか探る

第一印象や簡単なプロフィールだけで、「この人とは共通点なさそう」と判断していませんか?

第一印象だけで相手の全てはわかりません。相手との共通点があるかどうかは、会話をしながら探る必要があります。趣味や性格など、自分と合う部分探しをしてみましょう。

最初こそ対象外だった相手でも、共通点が見つかることで、相性が良いことに気付く場合もあります。

共通点を探っているうちに、相手のこともわかるようになるので、いい部分も見つけられるかもしれませんよ。

長時間一緒に過ごしてみる

縁を感じない人とも、まずは一緒に過ごしてみましょう。たった数分話しただけ、たった一回会っただけと、少しの時間だけでは相手のことはわかりません。

長時間一緒に過ごすことで、お互いが徐々に素の自分を出せるようになります。

縁がある人を見分けるには、自然体で過ごせて、居心地が良いと感じるかどうかが重要です。

初対面の時から感じる場合もあれば、お互いの緊張が解けた途端にわかる場合もあります。時間をかけなければ見えない時もあると、頭においておきましょう。

まとめ

縁がある相手の見分け方や特徴を知って、縁がある相手は、意外と見つけやすいと感じたかもしれません。

既に知り合っている身近な人や、過去に出会っている人のことも思い返してみましょう。思わぬところで、縁がある相手を見つけられるかもしれませんよ。

またこの先、縁がある人と出会えるのかどうか、目の前の相手が良い縁か腐れ縁なのか、不安に感じる時もあるかもしれません。

そんな時は、自分の正直な気持ちと向き合ってみましょう。自分の心に正直になれば、縁のある相手との出会いを果たせますよ。

あなたの今後の恋愛はどうなる?気になる方は電話占いがオススメです
<当たる電話占いランキング!恋愛相談におすすめ人気サイトの口コミと評判>はこちらへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
出会い
シェアする
ラブベイト