【痛い女】男性から「死んでも付き合いたくない!」と思われていませんか?

恋ができない
スポンサーリンク

「痛い女」という言葉を聞いて皆さんはどんな女性を想像するでしょうか?

多くの方は、リア充アピールがうざいとか、究極のかまってちゃんなどを「痛い女」と定義づけるのではないでしょうか。

「私は痛い女なんかじゃない」「痛い女と思われたくない」と思っていても、他人から見ると痛い女になっていることもあります。

予備軍にならない為にも、男性が感じる「痛い女」の特徴を知っておきましょう。

痛い女①「ファッション」

初対面でファッションのセンスが悪い人は、恋人や友人にしたくないと思われる確率がとても高いです。

ところが、「この子の格好、かなり痛いな…」と、男性に思わせてしまうファッションを着ている女性は意外と多いのです。

例えば、年齢に合わないフリフリが付いた格好や、場所をわきまえない露出などです。

小さい子供が着るような、まるで幼女のような服装は、本人は可愛いと思っていても「その年でそれはないよ」と多くの男性は引いてしまっているでしょう。

年齢に合った年相応の服装を理解していないと、隣に並ぶ事さえ避けられてしまいますよ。

また、露出の高い服装も、清潔感に欠け、デートするにはふさわしくないと思われています。

初対面の男性や意中の彼に会う時は、髪型やメイクも派手すぎず、清潔感があり、程よく流行を取り入れた年相応のファッションを心がけましょう。

痛い女②「自己愛が強い」

「痛い」と感じる部分は、人によって違うかもしれません。

それは大丈夫、いやそれはないな、など意見が分かれることもあるかもしれませんね。

ですが、自分が一番可愛いと思っているのがバレバレな女性は、誰が見ても「痛い女」認定されてしまいます。

自分の事ばかり話して、相手を置いてけぼりにしている事に気づかなかったり、地球は自分中心で回っていると言わんばかりの勘違いをしていたり。

そんなつもりはなくても、痛い女はそんな風に捉らえてしまうものです。

相手を気遣える優しさを常に一番に持っていると、「痛い女」は回避できるかもしれません。

痛い女③「言葉遣い」

内面的な内容と繋がる点があると思いますが、いくら綺麗な格好をして、いくら相手に気遣いができたとしても、言葉遣いや行動が伴っていないと、全てが台無しになります。

例えば、自分の事を大人になっても名前で呼んでしまう女性は、男性から見ると「痛い女」です。

また、社会人になっても、女子高生気分が抜けない喋り方をする女性も同様。

学生時代と同じような口調やノリで話されると、男性は引いてしまいます。

大人になりきれてないと思われてしまうのです。

口調でもう一つ気をつけた方がいいのが、典型的ぶりっ子です。

自分の事を名前で呼び、なおかつ「えっと~」「あのね~」とぶりっ子口調で話す女性は、完全にアウトと言われても仕方ないでしょう。

痛い女④「SNS」

SNSは、「痛い女」が集結していると言っても過言ではありません。

それはズバリ「自撮り」です。

それも、みんなで一緒に撮った自撮り写真があったり、時々一人で自撮りしてみたり。

というレベルではなく、写真投稿がほぼ自撮りで「どんだけ自分が可愛いの?」と思われるだけでなく、友達もいないと思われてしまいます。

また、すっぴんごめんなさい。という自撮りも男女問わず痛い女認定を受けるので、やめておいた方がいいでしょう。

それと同時に、写真に付けるコメントも見られているので気をつけましょう。

嫌な事があると、それを事細かに書いてしまうネガティブかまってちゃんや、妄想やメルヘンの世界にどっぷりはまったポエム女は「痛い女」の決定版です。

そんな写真やコメントでは、男性はげんなりしてしまい、知らない間にブロックされていたなんて事も起こるかもしれません。

痛い女⑤「行き過ぎた自分磨き」

男性に「いい女」だと思ってもらいたいがために、習い事を沢山している女性がいます。

でも、どれも長続きすることはなく、「料理教室通い始めました」「今はヨガ教室にいってます」とコロコロと変えていきます。

こうしたパターンの女性は、自分が本当にやりたい事を習っているわけではないため、男性から見ても「何を極めたいの?」と言い印象には残りません

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「痛い女」の特徴と自分の言動を比較して、少しでも思い当たる点があったら、もう一度自分を見直してみましょう。

日々の自分とゆっくり向き合う事も「痛い女」を回避するのには大切な事です。

「私はそんな事しない」と思っている方も、実は予備軍だった、なんて事にならないように、クローゼットをチェックしてみたり、鏡の前に立って見直してみたりしてみましょう。

スマホの録音アプリで普段の自分の会話を録音して、喋り方が「痛くない」か聞いてみるのも良い手です。

何より、自分が「痛い女」である事に全然気づけない女が一番厄介な「痛い女」かもしれません。