実は好きなんです!片思いの時から仕込んでおきたいアプローチ

片思いの時の好きな人へのアプローチ方法って難しいですよね。
どこまでアプローチして良いものなのか困惑しますし、かといって小さなアプローチを続けているのに全然気づいてもらえないなんてこともしばしば・・・

片思いの時に的確なアプローチをする事は、相手に興味を持ってもらえる重要なタイミングです。
そこで、片思いの時に仕込めるアプローチ法をご紹介していきます。

片思いの時に気を付けること

片思いをしている時の相手への小さなアプローチは非常に大切です。
しかし、ちょっとした不注意でチャンスを失ったり相手に遊ばれてしまう危険性も兼ね備えています
では、アプローチをする上でどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

好きと伝えるのは我慢

好きな人に「好きだ」とストレートに自分の気持ちを伝える事ができたのなら、こんなに悩み、迷う事はありませんよね。
何故なら、片思いの状況で一方的に「好きだ」と伝えてしまえば、相手の気持ち次第では距離が広がってしまう可能性があるからです。
せっかくの片思いなのですから、台無しにはしたくありません。
できるなら正しい方法で好きな人との距離を縮めていきましょう。

その為には、「好きだ」と伝えたい気持ちをグッとこらえ、こっそりと「好きだ」と伝えていける方法を身につければ良いのです。

なんでも許すのはダメ

好きな相手に興味を持ってもらおうと、何でもかんでも許してしまうことがあります。
しかし、あまり全部を許してしまうと相手があなたを軽い人だと見てしまって結果的に遊び相手として扱われてしまう可能性があるのです。

だからこそ、自分の意志はしっかり持った上でのアプローチ
を心がけましょう。

好きな人への正しいアプローチ方法

では、片思いの時に気を付ける事を踏まえたうえで、実際にどのように好きな人へアプローチを仕込んでいけばいいか考えてみましょう。

さりげないことを許す

片思いの段階では過度にアピールするのは大変危険です。
そこで、普段一緒にいる中でさりげないことを許してしまいましょう。

人は案外単純ですので、些細なことで「この子俺のこと好きなのかも」と、思ってしまいます。
それを上手に利用して、些細な優しさアプローチを仕掛けていきましょう。

ポイントとしては、「他の人にはやってなかったのに、僕にはしてくれたよな…」と思わす事です。
例えば、彼が「そのジュース一口ちょうだい!」と言ってきたなら、「○○くんならいいかな」と差し出す。大切なのは、このような特別感です。
とにかく、他人と好きな人との差を表す事が重要なのです。

名前を頻繁に呼ぶ

名前というのは特別なもので、人に名前で呼ばれると自然と親近感が湧きますよね。
最近では友達同士で名前を使って呼び合うことも珍しくありませんが、呼ぶタイミングと呼び方を少し工夫するだけで、「好きだ」を伝えるアプローチになります。

片思いの相手であっても、名前を呼ぶくらいなら少しの勇気で対応できるのでオススメです。

では、名前を呼ぶタイミングですが、とにかくどんな時でも主語を付けるように名前を文頭に置きましょう。

例えば、「今日なにしたの?」というセリフを言う時にも、「○○、今日なにしたの?」という風に、少し過剰気味に使ってみるのがポイントです。
さすがに、普通の友達と会話する時に、いちいち名前を付けて言わないので、相手に意識を向けてもらう事ができます。

もう一つ、呼び方についても意識してみましょう。
語尾を上げてしっかりと発音して呼ぶことがポイントです。
友達同士で呼び合う時、あだ名で呼ぶことや少し省略して呼ぶことが多くなってしまいますが、はっきりと名前を読んであげることで相手の耳に自然と残るのです。
さらに、語尾を上げて読むと名前をしっかりと呼んでいるように聞き取れるので、相手からすると他の友達から呼ばれるのとは少し違う感覚であなたの声を聞き取るようになります。

名前を呼ぶ時は呼び捨てが難しいなら、「君」や「さん」を付けて呼んでも全然問題ありませんので、少しだけ好きな人を呼ぶ時には意識を向けてみましょう。

とにかく自分の存在をアピール

いくつかの小さなアプローチ方法をご紹介しましたが、大切なのはとにかく自分の存在をアピールする事です。

現時点では、片思いの相手からすると、あなたは周りの友達と同じような存在として見られているかもれません。
ですが、あなたの存在をしっかりとアピールする事で相手はあなたを特別な存在として見てくれるようになります。
あなたが「好きだ」のアプローチをしていけばいくだけ、相手があなたをふとした瞬間に思い出してくれる頻度が増えてくるでしょう。

このように、存在アピールをし続けることで、相手があなたの好意に気づき始めます。「好きだ」をナチュラルに伝える事ができるのです。

ですから、焦らずに、少しずつでいいんです。
めげず相手にアピールを続けましょう。いつか必ず相手はあなたを視野に入れてくれます

とりあえず片思いを目一杯に楽しむ

いかがでしたでしょうか。
片思いの時の好きな人へのアプローチ法をご紹介していきました。

ゆっくりとじっくり攻める事で確実性は上がります。そして、その後もより良い関係になれるのです。

現時点では勇気が無くて、アプローチする事が難しいという人であっても、どれか小さなことを一つだけやってみるだけでも効果は必ずでてきます。好きな人を想う気持ちを強さに変えて、トライしてみてください。

片思いの時から、少しずつ積み上げていくことで、然るべき時が来た際に大きな一歩に代わる事もあります。

そして、何よりも片思いを目一杯に楽しむ事が一番大切です。好きな人を想う気持ちを抱きしめる事です。
あなたのその素敵な恋が実る日を楽しみにしています。

Writerこの記事をかいた人

かける

様々な視点から新しい気づきをご提供させて頂きます!専門分野の生物学を活用してご紹介しますので、ちょっと気になるあの話題に実はこんな見方が・・・新しい見方をご紹介します!