遠距離恋愛『辛い』を『楽しい』に変える驚きの方法

トラブル・別れ
スポンサーリンク

大好きな彼となかなか会うことが出来ない、遠距離恋愛。

多くの人は「辛い」と感じるのではないでしょうか。

せっかく大好きな男性と交際しているにも関わらず、辛いだなんてもったいなさすぎます。

そこで今回は、辛い遠距離恋愛を楽しいへとシフトさせる方法をご紹介しましょう。

遠距離恋愛が辛いのは、実は男性!

遠距離恋愛に関連したカーネギーメロン大学の心理学科研究チームの研究によると、男性と女性のうち、離れ離れの遠距離恋愛で、「より苦しんでいるのは男性」という結果が出ているそうです。

その原因は、「関係依存度」にあります。

関係依存度とは、恋人関係にある2人が、お互いをどれほど頼りにしているのかを示す指標の1つです。

男性の方が女性よりも、関係依存度が高いため、遠距離恋愛をより辛いと感じることが分かっています。

「重い女という言葉もあるくらいだから、女性の方が依存度が高そうなのに」と、この結果に驚きが隠せない方もいるでしょう。

そこで、具体的な例を出してご説明します。

遠距離恋愛をしているカップルは離れ離れなので、頻繁に会うことができません。

そんな時「どこか素敵なレストランでごはんが食べたい」と思ったとします。

女性であれば「本当は彼氏を誘いたかったけど無理だから、仲良しの女友達を呼び出そう!」となります。

その一方、男性の場合は、真っ先に彼女を想像するところまでは同じですが、無理だからといって友達を誘おうとはならず、「彼女が近くにいれば、一緒に行けたのに……」と思って、レストランへ行くのを諦めてしまうそうです。

他にも会社で辛いことがあったとき、女性はすぐに友達に電話して「ちょっと聞いてよー!」と愚痴を言ってストレスを解消しようとします。

ですが男性の場合は、誰かに愚痴を言いたいと思っても、友達に話すのは恥ずかしいと思いとどまり、ストレスを内側に溜めてしまうのです。

つまり、女性は彼氏と一緒でなくても出来る事が多くありますが、男性は彼女がいないと出来ないことが多くなります。

このように、相対的に男性の方が関係に依存する傾向にあると言えます。

遠距離恋愛が辛い理由とは

だからといって、遠距離恋愛が辛いのは変わりません。

なぜ辛いと感じてしまうのか、理由を分析してみましょう。

側に居ないから

やはり遠距離恋愛の一番のハードルは、相手が近くにいないことにあります。

気軽に会えない。

連絡はとれても顔を合わせることが難しい。

ましてや触れることだってできない。

物理的に相手を感じられないことがもどかしく、辛いのです

「逢いたくて、逢いたくて、震える」という歌詞が入った歌がありますが、バカに出来ない現実かもしれません。

相手の気持ちを疑ってしまうから

顔を合わすことができないということは、パートナーの気持ちを疑う気持ちが芽生えやすいということです。

もちろん、彼のことが嫌いになったわけではありません。

でも、直接顔を合わすことができない、スキンシップがとれないと、だんだん「この人は本当に私のことを好きって想ってくれているのかな?」という疑いが大きくなってしまうのです。

恋愛・結婚カウンセラーによると、顔を合わせないコミュニケーションでは、お互いの気持ちをいくら伝えても、相手には5%しか響いていないといいます。

つまり、相手の心や考えていることを理解しようとしても、ほとんど理解できていないのです。

離れていると、「もしかしたら……」という憶測が会えない不安と比例して、どんどん大きくなってしまうのです。

他のカップルと比較してしまうから

やはり、街に出てラブラブのカップルを見るとうらやましくなり、辛い気持ちがこみ上げてくると思います。

他のカップルと比べても仕方がないと分かっていても、会いたい気持ちが刺激されてしまいます。

人間ですから、仕方ありません。

こういう時はできるだけ、周りのカップルの様子や友達から聞く彼氏の話は「反面教師や参考にしよう」と、学びの姿勢を持ちながら聞くようにしましょう。

あなたの心が狭いわけではありません。

そうやって自分を卑下しないようにすることも、遠距離恋愛では大事です。

連絡していいのかわからないから

男性はすぐ近くに好きな人がいないと、辛いことを忘れるように他の事に目を向けてしまい、その結果仕事に集中しがちです。

気づけば連絡をとるのを忘れてしまっていた…なんてこともあります。

ただでさえ逢えないのに、連絡がないのはかなり応えますよね。

だからといって、こっちの都合で彼に連絡してもどう思われるか…。

連絡のタイミングがなかなかつかめずに、もんもんと悩んでしまう女性は多いです。

遠距離恋愛を楽し乗り越える、たった1つのこと

「辛い」のは、ネガティブな感情です。

辛さが募っていくと、どんどん脳はマイナス思考へと傾き始めます。

だからこそ、妄想で脳内をポジティブにしていくことが大事です。

そのためにまずは、彼氏に視点を向けるのではなく、自分に矢印を向けるようにしましょう。

最初は、辛さや不安から、「今何してるんだろう?」と彼のことばかり考えてしまうかもしれません。

ですが、いくらこっちが彼氏のことを考えても、自分の思い通りに彼の生活スタイルをコントロールすることは不可能ですよね。

不可能なことに力を入れずに、そのエネルギーを自分のために使ってあげてもいいのではないでしょうか。

何より精神的に楽になり、寂しさや不安を感じる時間が大幅に減少します。

次に、「本当はどうしたいのか」を想像しましょう。

ポイントは、映画のワンシーンのように脳内に描くこと。

その状況になった時の気持ちや感情も、リアルに想像してください。

理想の状態を、仮でも脳内で思い描くことで、気持ちが前向きになる効果があります。

寂しさで埋め尽くされていた脳内が、ちょっとずつポジティブな方向へ向かっていきます。

ここまでご紹介したことは、実は遠距離恋愛以外でも使うことができます。

決して恋愛に依存せず、自立して過ごすために大切なことです。

彼との信頼関係を深めるためにも、まずは辛い状態から脱して、どんどん遠距離恋愛を心から楽しめるよう気持ちをシフトさせていきましょう。