略奪愛からの結婚はあるの?略奪愛を成功させる衝撃の方法とは

彼女がいる男性、結婚していて妻がいる男性を好きになってしまった時、
「彼はもう私のものにはならないのかな。でも言えないしな。」と、自分の欲望を抑え込みながら愛を深め続ける。そんな苦しい恋愛をする事になります。

恋に落ちる瞬間なんて一瞬。上手にコントロールなどできやしません。
いくら頭ではイケナイと解っていても、一度惚れてしまえば日に日に愛情は膨らみ続け、どんどん後に引けなくなっていきます。

ただ、そんな風に「好きだけど仕方ないから…」と、自分自身に噓をつきながらしていく恋愛ほど、悲しくてやりきれないものはありません。いつか我慢には限界がきます。

そうして頭によぎるのが略奪愛です。
彼の心を自分に向かせられる魔法があれば今すぐに発動したい。と願うようになっていきます。

そこで今回の記事では、略奪愛で幸せになる事は可能なのか。そして、魔法とまではいかないですが、略奪愛を成功へと導くいくつかの方法をご紹介していきましょう。

略奪愛を願う事はいけないことなの?

「あなたと一緒にいられるのなら、私は都合の良い女のままでいい」
皆さんもどこかで一度は聞いた事あるセリフではないでしょうか。

では、実際に結婚をしている妻子持ちや彼女持ちを心から愛してしまった場合、本当に“都合に良い女”のままで満足していられるものなのでしょうか。
その答えはきっとNOでしょう。

何故なら、深く愛していけばいくほどに「彼を自分のものにしたい」という欲求が溢れ出してきますし、心の底の部分では“略奪愛”をひっそりと望むようになってくるからです。
好きな人とずっと一緒にいたい。という愛情は、そんな簡単に抑えられるものではありませんからね。

ですから「都合の良い女のままでいい」というあのセリフは、自分自身の感情を騙してでも、彼と一緒にいる事を選んだ人のセリフなのでしょう。深く相手を愛しているからこそ口にできた“噓”。仕方のない“噓”です。

かと言って、彼への気持ちが抑えきれなくなって、いざ“略奪愛”を試みようとしても、
「もしかすると、もう彼と会えなくなるかもしれない」といった恐怖心に負け、彼を略奪する事を諦めてしまうケースが多いのではないでしょうか。

このように彼女持ち、妻子持ちが好きになると、“辛い”を何度だってループするのです。

彼を愛しているこの気持ちには、もう蓋をするべきなのか…彼を求める事は辞めた方がいいのか…。と何度も何度も、嘆き悩むのです。

彼に彼女や嫁がいてようが、あなたが愛した人です。略奪愛を願う事はとても必然的な事です。
誰かを愛したら、自分のものにしたい。と誰だって望んでしまうものです。

ただ、“奪う”という事だけに執着してしまうから、罪悪感が生まれていくのです。
であれば、少し考え方を変えてみましょう。

“奪う”のではなく“勝つ”

あなたが、彼に振り向いてもらえる女性になればいいのです。
手離したくない女性になればいいのです。彼の心を勝ち取ればいいのです。

略奪愛にはそれなりの覚悟が必要だけど…

占いの相談内容で最も多いと言われる“略奪愛”。
「これはイケナイ事だから、誰にも言えないしな・・・」と、自分の中の罪悪感と戦いながら、ひっそりと恋愛をしているのが手に取るように解りますね。
占いに頼ってでも、楽になる方法、解決策や突破口を知りたいと望んでいるのでしょう。

“誰かの大切な人を自分のものにする”というのは、とても勇気がいりますし、エネルギーをすごく使います。
ですから、略奪愛をするには、多少の覚悟は必要です。そうです、リスクを背負う覚悟がないと成功はしないのです。

ただし、あまり罪悪感を抱きすぎるのも違います。

「イケナイことだから」「私は悪いことをしている」などのネガティブな感情は、さらに悪いものを引き込んでしまいます。
決して、良い方向には向かっていきません。

好きになった人を真っ直ぐに愛せる事は、とても素晴らしいことです。
なのでまずは、自分を責めるのを辞めてみる所から初めてみましょう。

略奪愛を成功させる知られざるコツとは

では早速、略奪愛を成功する為に気を付けたいポイントとコツを紹介していきます。

略奪を匂わせべからず

略奪愛を成功する為には、彼の心を離れさせない事が第一のミッションです。
そして絶対に忘れてはいけないのが、現在の彼には彼女や嫁がいる事です。

現時点では、彼が守るべき一番大切な存在は、彼女や嫁です。それはあなたがいくら辛いと嘆いても、揺らがない事実です。
つまり、あなたが略奪愛を企んでいる事が彼に気付かれてしまえば、彼を戸惑わす事になります。なので彼を急かす事だけは避けてください。

ならばまずは、あなたが彼にとって居心地の良い存在になる事が大切です。彼があなたといて「何も考えずにいられる、安心できる」と思ってもらう事こそが、成功への第一歩なのです。

彼女や嫁の愚痴は、なんでも聞く

好きな人が話す彼女の話や、嫁の話ほど耳を塞ぎたくなる話題は他にありませんよね。
とても解ります。ですが、今は耐えてください。
あなたになら何でも話せるという環境作りを心掛けましょう。あなたは、彼をいつでもそっと抱きしめてあげるような存在になってください。
そうする事で彼は、辛くなった時、困った時、しんどい時にあなたに会いたいと思うようになるのです。

「守ってあげたい」と思ってもらう為、抜け目を見せる

彼を包み込む事も大切ですが、時には彼に「守ってあげないとな」と思わせる事も必要です。
男性は、いつでも主導権を握っていたい生き物です。一人で何でもできてしまう女性には、「俺がいなくても大丈夫か」と思ってしまう為、略奪するどころか、ずっと“都合の良い女”のままになってしまいます。

普段はしっかりとしているのに、たまにドジっ子だったりするなどのギャップに男性は、非常に弱いです。
何はともあれ、たまに隙を見せる事がポイントです。
本当にたまに「寂しい」と伝えてみたりするのも効果的かもしれませんね。そのように、少しずつ少しずつ彼の男の部分を刺激していくのです。

自分磨きには手を抜いてはならぬ

彼の心を奪う。その為には、自分磨きは必須です。
ダイエットを頑張ってみたり、エステに行って外見から美を追求してみたり、趣味を見つけて毎日を楽しみながら生きる事だって良い自分磨きです。
そして、外見だけを磨くのでは無く、内面部分の自分磨きも忘れないでください。
ダメだなと思う自分の心癖を治す努力をしてみたり、他人に優しくしてみたりなど、心から磨いていく事がとても大切です。
彼があなたを見て、「人間として素敵だな。一緒に居れたら幸せになるだろうな。」と思ってもらえる自分を作る努力をしていきましょう。

つまりは“待てる女”でいること

略奪愛を成功する為に気を付けたいポイントとコツをいくつか紹介しましたが、重要なのは“待つ”姿勢です。
きっと待っている間は辛い事が沢山あるでしょう。悲しくてやりきれない事もあるでしょう。
彼を愛する気持ちが加速して、独り占めしたいのに…と騒ぐ胸を抑え、涙する夜もあるでしょう。
でも、今はそこをグッと耐えてください。
略奪愛成功の為の方法を実行していく事で、必ず何かしらの光が見えてくるでしょう。答えにまで行きつく事ができなくても、ヒントは見つかるかもしれません。
辛い時こそ、ポジティブシンキングを忘れないで。

いつか彼に、あなたを一番にしたい。と思ってもらえれば、“勝ち取る”までは早いでしょう。なので焦らず、急かさず、待つ姿勢を心掛けていきましょう。

略奪愛のその後って幸せになれるの?結婚はできる?

略奪愛をすると、絶対にその後は不幸になる。という言い伝えがあります。

例えば、付き合っても長く続かなかったり、因果応報で奪ったものは、奪い返される。と、略奪愛の代償はとても大きく、いつまでも付き纏ってくるのだ。と…。

確かに略奪愛は、沢山の恨みをかってしまう事かもしれませんし、誰かを悲しませる事に変わりはないので、それなりの報いを受ける必要があるのかもしれません。

しかし、ただ「私は幸せになれない・・・」と、勝手に決めつけてしまうのも違います。

幸せになる為にできる事は沢山あります。

「必ず私にも不幸が訪れる」と、自らを追い詰めて、身を潜めながら生きる事が本当に幸せでしょうか。
せっかく愛する人と一緒になれたのであれば、まず喜び、そして感謝する事です。

確かに、誰かを悲しませてしまった事実は一生消えないですし、自分のした事は決して忘れないはいけないです。
しかし自分自身を責め続けているだけでは、何も進んでいきません。

こうやって自分を責め続ける事自体が、自らを不幸へと追いやっているのではないでしょうか。
自分が自分に「不幸になるよう」と、暗示をかけているようなものです。

ですから、気持ち一つで、自分は幸せにはなれるのだと、信じましょう。

略奪愛から結婚した成功例はいくつもあります。
つまり、略奪してからその後、結婚する事は大いに可能です。ただ、その後の考え方や、心持ち次第で不幸になるか、幸せになるかは決まるのではないかと思います。

言い伝えを信じ込むよりも先に、自分が自分を幸せにしてあげない事には何も始まりませんよ。

略奪愛を成功させる方法まとめ

いかがでしたでしょうか。
略奪愛を成功させる方法について書いていきましたが、略奪愛を成功させる為には“決して折れる事のない強さ”が必要だという事が解りましたね。

それなりの覚悟をして挑む必要がある上に、略奪愛が成功して見事結婚したとしても、“強さ”が無ければあっけなく終わってしまうという事です。

これから略奪愛を試みようと思っているのであれば、もう一度自分自身と対話してみてください。
「彼を一生涯、愛していける覚悟があるのか」「どんな試練が待っていようとも愛し続ける覚悟があるのか」
まずはこの“強さ”が自分にあるのか見つめ直してから、一歩を踏み出してみてくださいね。

Writerこの記事をかいた人

MARUKORIN

「誰かの心を動かすような文章を」をモットーに恋愛ライター活動中。誰かが独りぼっちで悩む悲しみに優しく寄り添い、そっと手を貸すような文章を書きたい。少しでもいい、誰かが笑ってくれるような文章が書きたい。小さな頃から、色んな事への興味津々が止まない。好きな事はとことん追求、恋愛も趣味も納得がいくまでやるのがルール。毎日を笑顔で越えるため日々精進。