男から「好き好き!」と追いかけたくなる女性の特徴とLINEテクニック

愛されテク
スポンサーリンク

男は本来、女を追いかけたいという本能を持っているはずです。

サバンナを見ても、近所の猫ちゃんたちを見ても、異性を追い求めて、恋愛に積極的なのはオス。

…にも関わらず、男から追いかけられない女性が存在するのはなぜでしょう?

それは、男の本能をくすぐる行動とは『真逆』の部分を見せているからです。

では男たちから「好き好き」言われる女性には、どんな特徴があるのでしょうか。

今回は「男から追いかけたくなる女」が使っているテクニックとLINE術を研究します!

追いかけたくなる女性の特徴と男性心理

彼氏がいてもいなくても関係がない

彼氏がいてもいなくても、常に自分が夢中になれるものを持っている女性は魅力的です。

好きな人ができたから突然料理を研究するというような、付け焼刃な姿勢は男性にもバレバレ。

男に依存する重い女だと思われるのがオチです。

またチャラ男であるほど、男に流されない芯の強い女を追いかけたくなる傾向があります。

自分とは真逆の性格をもっている相手ほど、興味を引かれるのが男性心理です。

自分のことを開けっ広げにしない

男が追いかけたくなるイイ女とは、秘めた部分を持っている女性です。

何でもかんでもオープンな女性に対しては、男性の探求心は駆り立てられません。

特に過去の恋愛経験をベラベラしゃべるタイプの女は、男性側からすると友達止まり。

どこかミステリアスな女の方が「もっと会話したい、もっと知りたい!」と思うのです。

距離感をキープするのが上手

白や黒のようにわかりきったものではなく、グレーに惹かれるのが男という生き物です。

男友達から一気に恋人関係になるよりも、いったん距離をキープするのが追われる女。

友達以上恋人未満のようなグレーゾーンで「あと一押し!」と男に追いかけさせるのです。

脈アリかどうか、ちょっとモヤモヤさせた方が、男性の狩猟本能に火がつくようです。

男が追いかけたくなる女性になる方法

彼以外の世界に目を向ける

男は、『あなたには関係がないことよ』という態度を見せる女性を追いかけます。

背中を向けてくれるからこそ、追いかけたくなるのです。

ずっと彼の方を見ている女性のことは追いかける必要がないので、追いかけません。

恋をしているときもしていないときも『自分は自分』というポリシーを持ちましょう。

『女の世界』から男をシャットアウトする

男性から食事に誘われても、毎回ホイホイ来るとは限らないのが追われる女。

また、女子からの断る理由が、女ならではのものだった場合、男性は強い憧れを持ちます。

例を挙げてみましょう。

年末のデートの誘いに対し、「お母さんとお姉ちゃんと、おせち料理作るから無理だよー」という返されると、男は自分が経験したことがない美しい女の世界を想像し、『いい女だ』と認識します。

男が入れない世界をチラつかされると、特別な世界のような気がして憧れを抱くのです。

「○○君も参加する?」は逆効果なので、男なんて放っておいて思い切り楽しみましょう。

やっぱり見た目は大事

男が女に恋愛感情をもつ大きなきっかけになるのは、やっぱり見た目です。

セクシー、可愛い、おしゃれだと感じてもらうことなくして、追いかけてもらうのは不可能です。

見た目と言っても、元の顔立ちよりも髪型やメイク、コーデといった雰囲気が大切なのです。

好きな彼にメールやLINEを送りまくるヒマがあったら、自分磨きに時間をかけましょう。

男が追いかけたくなるLINEテクニック

返信できるときにだけ返信してあげるスタンス

自分から送る頻度を少なくして、彼からのLINEに返事してあげるスタンスでいましょう。

好きな男性からLINEが来ても、待ってましたーとばかりに即座に返信するのはNGです。

男にとって、いつでも連絡がつく女という位置づけになってしまうからです。

逆に、既読スルーのまま放置すると、男の『追いかけたいスイッチ』が作動します。

男は待つことが苦手なので、なかなか返事がなければ、自らLINEや電話をしてくるようになります。

メッセージよりもLINEスタンプで表現

LINE術というと、言葉による駆け引きを思い浮かべるかもしれませんね。

しかし言葉によるアピールは、雰囲気が伝わりにくい上、好意がバレる可能性が高いです。

なのでここぞという場面ほど、あえてメッセージではなくスタンプのみを送るのがおすすめです。

文字より可愛らしさが伝わるだけでなく、本心は見えにくいのもポイントなんです。

「脈アリっぽいけど本心が見えない」状態こそ、男性が追いかけたくなるんですよ。

デートの約束はすぐ取りつけない

男性から予定を訊かれたら「その日なら…。大丈夫だと思うけど…」というように濁すのが◎。

『含み』を持たせた返事をする女性は、男から追いかけたくなるんです。

しっかり捕まえておかないと、デートしてもらえないかもという危機感があおられるからです。

さらに、その場では質問に答えず「また予定がわかったら連絡するよ」という高度なテクも。

「何かあるのかな」「本当のところは?」「ひょっとして他に好きな男ができたのかな」

男性は思わず気になってしまい、その女性に夢中になります。

まとめ

追いかけられたい!「好き」って言われたい!

本心からそう思うのであれば、男を追いかけるのをやめましょう。

「好き好き」言っている女子は、「好き好き」言ってもらうチャンスがありません。

こっちが追いかけていれば、相手から追って来ることはありません。

よく知られた、ごく単純な恋のセオリーです。

男の「追いかけたくなる」狩猟本能を利用すれば、ほっといても向こうからやってきますよ。

【担当者つじ】のひとこと

編集部アイコン

そのときの感情に任せて行動するんじゃなくて、ある程度の駆け引きみたいなものが重要になってくるってことなんですかね~。高度な心理戦むずかしい…。

Twitter
愛されテク
シェアする
ラブベイト