重すぎるプレゼントはタブー!重い?重くない?の分かれ道

今回のテーマは、彼女からの『重いプレゼント』です。プレゼントを渡すことが吉と出るか凶と出るかは、女性のセンスによりけりです。

感動してもらえることもあれば、ビミョーと思われることもあります。一歩間違えると彼が引くことも。そして…完全に彼を困らせる結果になることも…。

そこでラブベイトでは、好きな男性へのプレゼントを検証してみました。どんなプレゼントにすれば彼に喜んでもらえるのでしょう。

『片思い』『もう少しで両思い』『両思い』の3段階に分けて紹介していきますね。

『片思い』か『両思い』かで変わるプレゼントの存在価値

プレゼントをくれた人の立場によって「重い」「重くない」と、受け止める側の気持ちには大きく違いが出ます。

私たち女性でも、彼氏からのプレゼントなら感動できるけど、好きでもなく親しくもない男性からのプレゼントだと、内容によっては引くことがありますよね。

脈なしの片思いの場合はどうか、脈ありならどうか、正真正銘の彼女ならどうか、それぞれの視点でプレゼントを見てみましょう。

『脈なし片思い』のプレゼント選びは慎重に

少し長めのLINEを送っただけでも、『重い』と思われかねないのが、片思い女子の辛いところ。

嫌われないように、重いと感じさせないように気をつけてきたのに、プレゼントを渡したことで一気に彼が引いてしまうことのないようにしたいものですね。

以下にNG例を挙げます。

<片想い相手の男性が重いと感じるプレゼント4選>

  1. 高価な物
  2. 身につける物
  3. 手作りの物
  4. ペアの物

完全な片思いという立場の場合は、プレゼントに『さり気なさ』や『偶然性』を持たせた方が良いでしょう。

友達と出かけたとき、彼に似合いそうなものを偶然見つけたとか、家族で旅行したからついでに買ってきたというスタンスであれば、重いと思われる可能性は低いです。

『脈あり片思い女子』にとってはチャンス

彼は何だか私に気があるみたい…。最近はこっちから連絡しなくても、彼からよくLINEが来るようになった。

そんな女性にとって、誕生日プレゼントやバレンタインで渡す機会は大きなチャンスです。脈ありから一気に恋人へと出世できる可能性があります。

あと一歩の努力で彼女になれるかも知れない!という脈あり女子は、プレゼントを通して彼に『重い』ではなく『優しさ』を伝えていきましょう。

あなたと彼に必要なのは、心がつたわり合うきっかけです。では、優しさが伝わるプレゼントにはどんな物があるでしょうか。

<片想い相手の男性が喜ぶプレゼント5選>

  1. 寒さをしのぐ手袋やマフラーなどの小物
  2. 彼がよく風邪を引くようならお湯を注ぐだけの温かい飲み物やスープ系の物
  3. 勉強家の彼なら筆入れなどの筆記用具
  4. 仕事で得意先に行く機会が多い男性なら上質なボールペン
  5. 一人暮らしで栄養が偏りがちな人であればレトルトカレーなど

脈あり女子であれば男性の状況に合わせて、一歩踏み込んだプレゼントの方が効果は高いです。彼は、『俺のことよくわかってくれてるな』と感じ、プレゼントの中身よりもあなたの心を受け止めてくれるでしょう。

「④」の上質なボールペンですが、得意先で文字を書く機会がある男性には喜ばれます。どこにでもあるような安値のボールペンとは違ってやる気が上がるからです。

営業や販売の仕事をしている男性が、女性からプレゼントされたことにより、売上が伸びるというケースも多いです。おしゃれなボールペンを得意先で使いたくて、必死で契約を取るからでしょう。

数千円出せば充分おしゃれで長持ちしますので、お手頃ですよ。

また、「⑤」のケースでは、まだお付き合いをしていない段階で手料理を振る舞うことは、ぎりぎりアウトになる可能性があります。手料理は、男性にとって聖域に近い存在ですので、恋人同士になるまでは様子を見た方が良いでしょう。

『両思い』の彼女ならではのモノ

最後に、正真正銘『彼女』という立場である女性からのプレゼントについて考えます。彼女という立場であれば、プレゼントを貰う行為に彼氏が驚くことはありません。

重いと思われがちな手料理も当然受け入れてもらえますし、そもそも彼女からプレゼントがもらえること自体が、彼にとっては喜びとなります。

基本的によほど突拍子もない品物でなければ彼が重すぎる…と引くことはありませんので、ここではあえて普通っぽい内容のプレゼントの紹介は差し控えます。

そこで、『彼女ならではのプレゼント』『彼女でなければ受け入れてもらえないプレゼント』にスポットを当てて、いくつか紹介します。

<カレカノだから貰うと嬉しいプレゼント5選>

  1. 1泊旅行のプレゼント(もちろん2人でお泊り)
  2. 可愛い下着、カッコいい下着
  3. デート代1日分を全部おごってあげる
  4. お泊り用のペアパジャマやペア歯ブラシ
  5. 彼の好みに合わせたワインやお酒

ここでは、『彼のことをよく知っているからこそ選べるプレゼント』と『恋人同士だから許されるプレゼント』を挙げてみました。旅行やご馳走することや、ペアグッズなどです。

ごく普通のありふれたプレゼントを買うのは一般女性にお任せして、『彼女』という立場の女性は、特別感の高いプレゼントを用意しましょう。

まとめ

好きな人(彼氏)が喜ぶプレゼントが準備できれば、それぞれにワンランク上のステージに上がれるかも知れません。

脈なしだった女性は脈ありへ。脈ありの女性は彼女へ。
彼女は、彼氏をもっと夢中にさせる存在へ。

重すぎるプレゼントはネタになっても、心から彼を喜ばせることはできません。重くないプレゼントを選んで、彼のハートを鷲掴みにしてくださいね。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。