「失恋で死にたくなる」死にそうなほど辛いあなたに贈る7つのメッセージ

失恋で死にたくなるほど辛いとき、友達に相談したら負担に思うだろう、ダメな自分をさらけ出すのが怖いと悩みを抱えているなら、この記事を読んでください。

やり場のない悲しみは、別れたあと心の傷として残ります。死を意識するほど気持ちの整理がつかなくなったあなたへ、少しでも心の痛みを軽くできるよう7つのメッセージを贈ります。

ひどく傷つき死んで楽になりたい

失恋の悲しみを抱え込みすぎると苦しくなり、その苦しみから解放されたくて、いつしか死にたいと思い始めます。

いつまで経ってもその傷が癒えずにいると、心はうつや不安障害を引き起こし、精神的に不安定な状態へと落ちていってしまうでしょう。

死にたいと思うのは「苦しいこと」を溜め込みすぎているからです。学生は学業があり社会人には仕事があります。すべて放り出してしまえたらどんなに楽でしょうか。

会社は休めない、勉強しないと授業につていけない。毎日、失恋のつらい気持ちを押し殺しながら生活すると「死にたい」という気持ちは増すだけです。

だからこそ、溜め込んだ「苦しい」「つらい」出来事は、外に吐き出してください。思い切り叫んでみる、泣いてみる、ノートに書きなぐってみるなど何でも構いません。

これからいつもの日常を取り戻すためにも、しっかりとストレスを解消し、失恋で受けた傷と向き合う時間を作ることが今のあなたには必要です。

失恋しても彼を諦められない本当の原因

死にたくなるほど気持ちが沈んでしまった原因は、好きな人を諦められないから。つまり、相手から告げられた別れる理由を「受け入れることができない」のです。

そして、それは心の中にある「執着」が関係している事があります。

ですが、死を意識するほど精神的に参っている人に、失恋の現実を受け止め執着心を失くしなさい、と言うのは残酷なこと。

そこで、彼があなたにどんな思いで振ったのか(別れたのか)を、まずは考えてみてください。

あなたが自分の気持ちをわかって欲しいと思っているように、彼もあなたにどうしても伝えたいことや気づいて欲しいことがあったのではないでしょうか。

彼の言葉を一つ受け止めて、そしてまた一つ受け止めてと繰り返していくうちに、相手の気持ちにしっかりと向き合うことができるようになります。

こうやって少しずつ気持ちの整理をすると、あなたが何に執着していたのかがはっきりと見えてくるはず。

何度だって立ち上がれる、やり直しだってできる

失恋したのは、態度や言葉の失望、またはお互いの価値観の違いがあったのかもしれません。

死ぬほどつらい失恋でも、人生が終わるわけではありません。あなたの未来は、これからもっと輝きを増すことを覚えていてほしいと思います。

今は乗り越えられなくても、必ず乗り越えられるきっかけが来ます。そのチャンスを掴むかどうかは、あなたの気持ち次第です。

何度だって立ち上がりやり直しができると心に誓って、今の失恋を過去のもにしましょう。

そして、気持ちが沈むときがあっても良いと思います。それをバネに自分磨きに励めば、いつしかまだ見ぬ素敵な彼が現れるかもしれません。

心だけじゃない、体調にも気遣ってあげましょう

大好きな彼と別れた喪失感から、食事も寝ることも生きる事も投げ出してしまいたくなるのは、失恋を経験した人ならきっと理解できるはず。

ですが、すべて失い自分を殺すのは、相手に「別れてよかった」と思わせるだけです。

あなたを振った相手が後悔するほどの魅力的な人間になる、そう考え自分磨きを始めることが大切です。

そして、体にも気を遣い健康的な生活サイクルを取り戻せるよう努力してください。

しっかり睡眠をとって、ご飯もちゃんと食べること。少し気持ちが楽になり始めたら、外の空気に触れてください。

やってみたかった習い事や挑戦したかった事など、アクティブに活動していくなかで素敵な運命の人に巡り合うかもしれません。

「恋愛」だけがすべてじゃないことを知って欲しい

今は冷静になれないかもしれませんが、人生において「恋愛」だけがすべてじゃありません。

彼という大切な存在を失い、他のことなんて手につなかないほど真っ暗な闇の中にいたとしても、あなたの悲しみを感じて心配してくれる人がいるはずです。

親やきょうだい、友達はみんなあなたのことを心配して大切に思ってくれています。愛情だけではなく、ときには友情の大切さに気づき、友達に失恋の痛手を打ち明けてみてください。

一緒になって悲しみを乗り越えようと、必ずあなたを救い出してくれるはずです。

ブロークンハート症候群を防ぐ方法

ブロークンハート症候群という言葉を聞いたことがありますか?

強い悲しみが自身の身に降りかかったとき、胸が苦しい、心が痛むと表現することがあると思います。ブロークンハート症候群とはまさにこのことを指しているのです。

男性に浮気をされ捨てられた女性、付き合いたいほど大好きだったのに振られてしまった人、最愛の人がこの世から去ってしまった…など、失恋をきっかけにストレスを溜め込み身体にさまざまな症状を引き起こします。

胸の痛みを引き起こすブロークンハート症候群は、自殺や気分がふさぎ込むなど失恋で苦しむ人をさらに追い詰めます。

失恋した人がすべてなるわけではありませんが、自分自身がそうなる可能性がまったくゼロなわけでもありません。

ブロークンハート症候群にならないためにも、第三者のアドバイスに耳を傾け、人との触れ合いを避けるのではなく電話やメールでコミュニケーションを増やすことが必要です。

周りの人も、あなたの元気な姿をみて彼女はもう平気だねと思ってくれるでしょう。

失恋から立ち直る10個の名言をあなたに贈ります

片思いをして振られてしまった人も、恋人に別れを告げられた人も、死んだように生きるのはもったいない。

次のステップへと進むために、あなたに名言を贈ります。

忘れられないと悩む気持ちも、復縁したいと懇願する気持ちも救ってくれるかもしれません。

「恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。」
(尼僧「瀬戸内寂聴」)
「大切なのはどれだけ相手を愛するかではなく、 相手にとって自分は何かを知ることだ。」
(アメリカ映画「偶然の旅行者」)
「誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい」
(韓国映画「イルマーレ」)
「あなたを捨てた男のためなんかに泣いては駄目。次の男があなたの笑顔に恋するかもしれないでしょ。」
(女優「メイ・ウエスト」)
「絶望に満ちた世界にあっても、あえて夢を追わなければならない。不信に満ちた世界にあっても、あえて信じなければならない。」
(歌手「マイケル・ジャクソン」)
「涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。」
(ジャーナリスト「ドロシー・ディックス」)
「持ち物が少なければ少ない程、多くを与えることができます。矛盾としか見えないことでしょう。でもこれが愛の論理なのです。」
(修道女「マザー・テレサ」)
「思い出が悲しいのではない。思い出を美化するから、悲しいのだ。」
(プロデューサー「秋元康」)
「許すことは忘れることとはちがう。つらい記憶を水に流し、心の痛みを消すことなのです。」
(教育者「メアリ・マクロード・ブスーン」)
「失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる。」
(女優「ウルスラ・アンドレス」)

(まとめ)死を考えるほど悲しい失恋を乗り越えたなら

今あなたは失恋したばかりで、次の恋のことなんて考えられないはず。

いつか心の傷が癒えて次の恋をしたいと思ったとき、また彼氏に振られないか不安…なんて考えないでください。

恐怖心に囚われた恋愛は心から楽しむことができません。死にたいほどの失恋をしても、乗り越えることが出来たあなたはとても強いはず。自分に自信を持ってください。

新な出会いのチャンスに恵まれ、素敵な恋愛ができるように応援しています。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。