肉食系女子必読!女性からのアプローチを彼はどう思っている?

今回は、気になる男性への「女性からのアプローチ」に注目します。様々なアプローチの言動に対し、男性がどう感じているかを検証します。

ものぐさ男と草食系男子が多いといわれる現代、女性からのアプローチは必須です。

でも、とにかく誘う!というアピール方法では振り向いてはもらえません。押せば押すほど、男性側は引いてしまうかも…?

「肉食系女子」必読!アプローチの仕方がわからない「奥手女子」もぜひお読みください。

「女性からのアプローチ」男性はどう感じる?

男性は、女性から好意を持たれることや、惚れられることを本能的に歓迎します。

「女から好きと言われて嫌がる男なんていないよ」とよく言うのは、モテたい・好かれたいという男性心理があるからです。

但し好きと言われたら、その人を必ず意識するという意味ではありません。
女性からの「好きサイン」は嬉しいけど、それは「モテている」のが嬉しいだけのことなんです。

女性のアプローチが上手ければ、男性をとりこにすることはできます。ですが、魅力のない直球アプローチをしても、男性は落ちません。

同じ肉食系女子でも、「狙った獲物は逃さない」という人と、「いつも一人相撲になってしまう…」というパターンに分かれるのは、アプローチの良し悪しに大きな違いがあるからです。

恋に発展しにくい8つのNGアプローチ方法

  1. 酔って過剰にベタベタする、下ネタ発言をする
  2. 「あと1杯」「もう1杯」としつこく酒を飲み、帰ろうとしない
  3. 酔った勢いで家まで送らせ、そのまま彼をお持ち帰りする
  4. まだお互いのことをよく知らないのに「好き」のセリフを軽々しく使用する
  5. 「付き合ってくれないと死んじゃう」的な脅し文句を使う
  6. 初デートなのに家デートに誘う
  7. 彼女付の男性なのに「二股でもいいから!」と迫る
  8. メールやLINEを使って「会いたい」を連発する

ここでご紹介したような猛烈な好き好きサインは、男性は下心で「一晩だけ付き合う」気になるか、「ドン引きする」かのどちらかになります。

あなたの行動が彼を引かせてしまう理由

恋人同士になって初めてのデートで、男性が最も引くのは「家デート」です。

相手が正真正銘の彼女であっても、「初デートがいきなり家デートは嫌だな…」というのが男性心理です。そうなると、相手が付き合っていない女性なら、なおさら彼を家に連れ込むような行為はタブーです。

男性は、チャンスさえあれば見境いなく女を釣るようなイメージを持たれることがありますが、異性に対してピュアで繊細な部分も持っています。

まして、恋をする相手のことは「大切にしたい」という思いを強く持っているのが男性というものです。

「二股でもいいよ」とか「部屋においでよ」と、女性からぐいぐいアプローチが来れば、男性は「ワンナイトラブしちゃおっかな」という気持ちにはなるかも知れません。

ですが、簡単に男女関係を持った女に対し、男性の気持ちが恋心に発展するケースはほとんどありません。

「好き・好き」「私と付き合って!」「会いたい」などの言葉は、満を持して絶妙のタイミングで言えば効果的ですが、彼が女として意識してくれていない段階で発すると逆効果です。

「重い」「面倒くさい」「うるさい」などという印象を持たれるだけになってしまいます。

男を振り向かせるおすすめのアプローチ法6つ

  1. 「頼りになる」「何でも知ってるね」「強い」「優しい」など男が喜ぶ言葉をかける
  2. ときどきわざと沈黙の時間を持つ
  3. 大きな声で自己アピールせず、彼にだけ聞こえるような声でささやく方が効果的
  4. 彼が年下の男性なら、大人っぽい店に連れていくなど「大人感」で男を酔わせる
  5. 彼が年上の場合は、年下女子らしく甘えるなど可愛さを使って距離を縮める
  6. 男は視覚で女に釘付けになりやすいので、メイク術とおしゃれ術のアプローチを磨く

好きな人と恋愛中の女性も片思い中の女性も、自分の恋愛経験をもとに男性にアピールをしていると思いますが、本気で好きな人を振り向かせたいと思うなら過去の経験は一旦置いておいて、この6つのアプローチ方法を試してみてください。

男は「女のわかりにくさ」に惹かれる

ご紹介したおすすめのアプローチは、ボディタッチは当たり前のガンガン押すスタイルを貫いてきた肉食系女子からすれば、物足りないものばかりかと思います。

「えっ?そんなわかりにくいアプローチで気持ちが通じるの?」と感じますよね。でも、「女のわかりにくさ」は、男性を振り向かせるための重要な鍵なのです。

男は、女性からどんどん押されると引いていきます。まっすぐストレートに気持ちを伝えるのは、どちらかというと男のスタイルですね。

男は、自分が持っていないものに女を感じます。だから、男とは真逆の気持ちが見えにくいアプローチに対して「なんで?」「どういうことだろう?」と興味を引くことができるので、効き目があります。

そのため、白黒をはっきり見せるのではなく、あえて気持ちをぼやかしたアプローチをしていきましょう。

相手の男性はあなたの心を知りたくなり、探ったり想像したりするようになります。

  • 「自分に興味を持ってくれてるのかな…」
  • 「ひょっとして俺って脈あり?…」
  • 「友達以上って思ってくれてる?いや、俺の勘違いかも知れないな…」
  • 「もうちょっと話しかけてみようかな…」
  • 「LINEしてみようかな…」
  • 「仲良くなる可能性ありそうだな…」

こうなれば、彼から見てあなたは「気になる女性」ですね。

自然と彼の気持ちを掴む「女性からのアプローチ」まとめ

気になる彼と付き合うようになれば、「好き」「もっと一緒にいたい」などの気持ちをダイレクトに伝えても、彼は引かなくなります。

けれど、あまりにもわかりやすいアプローチ方法だけを続けていけば、今度は飽きられるという問題が出てきます。

気になる男性や大好きな彼氏には、いつもちょっとだけ「わかりにくい部分」を残していきましょう。男性を虜にするコツです。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。