いつも喧嘩になっちゃう!カップル旅行で揉めないためのコツ6選

今回は、楽しみにしていた旅行先で「いつも彼氏と喧嘩になる!」という女性に必見のテーマです。

彼氏との旅行で揉めないためのコツ。ラブベイトがこっそり教えちゃいます。

恋人とのイベントの中で、特に楽しみなこととして「旅行」を挙げる人は、男女共に多くを占めます。

好きな人と長時間一緒にいられる旅行は、普段デートとはワクワク感が違いますね。

カップル旅行を最初から最後まで楽しむための秘訣を見てみましょう。

はじめに原因を考えてみる

何ヵ月も前から楽しみにしていたカップル旅行!

なのに…どうして私たちって毎回のように喧嘩してしまうんだろう。

そんな悩みを抱えているカップルは、意外に多いんです。

ラブベイトでは、カップルが旅行先で喧嘩になってしまう「原因」を探りました。

前半では「原因」を追究し、後半で揉めないための「コツ」をご紹介していきますね。

恋人同士が旅先で喧嘩する原因

彼の心を掴むには、まず素直な女性になる努力から

事前燃えつき症候群

旅行前に燃えるタイプの人は、旅行前に体力を使い果たしてしまいます。

旅行の計画に燃え、日程が近づくと荷造りやファッションに没頭し、ぎりぎりまで仕事を頑張る!という、いわゆる頑張り屋さんのタイプですね。

他には、旅行前日に飲み会に出席し、当日2日酔いでフラフラというケースもあります。

友達からのおススメ情報を入れすぎ

せっかくのカップル旅行だからと、友達にいろいろ相談しすぎて、アドバイスを盛り込みすぎると失敗します。

友達からの情報では、ホテルから歩いてすぐの所にいい店があると聞いていたのに、延々と歩いたり迷ったりということがあると、喧嘩になります。

旅行に求めるモノが違う

彼氏と彼女が旅行に求めていることが全く違うと、揉めることになります。

片方は人気スポットを徹底的に回りたいと思っているのに、もう片方は部屋でふたりきりでいる時間を大切にしたいと思っていれば、お互いに「せっかくの旅行なのに」という不満が起こってしまいます。

生活スタイルやリズムが違う

どんなに愛し合っていても、違う環境で生まれ育ってきたふたりです。長時間一緒にいれば、生活感の違いを感じることが多々あります。

「使った歯ブラシは片づけてほしい」「どうして寝る直前までテレビを観てるの?」など、ささいなことに違和感を覚えます。

短いデートならさほど気になりませんが、旅行となると気になることが積み重なり、ストレスになります。

帰りたくない病が出る

旅に向かうときやチェックインのときのウキウキ感とは別人のように、帰る時間が近づいてくると、テンションがガタ落ちになるタイプは女性に多いようです。

知らず知らずのうちにため息ばかりつく、表情が暗いなどの態度を見ると、彼氏はがっかりして白けます。

カップルが旅行で揉めないコツ6選

彼氏への愛情表現は全力で

無茶な計画をしない

多忙なスケジュールの合間を縫って、無理やり旅行をすると喧嘩になりやすいです。

旅行は体力を使いますので、疲れた状態だとイライラしやすくなります。

でも、お互いに忙しくて、なかなかスケジュールが合わないということもありますね。

そんな場合は、遠出をしないとか、旅先であちこち巡らないなどの工夫をすることが大切です。

張り切りすぎない

旅行が楽しみで、嬉しくて、張り切りすぎないように気をつけましょう。ついつい張り切りすぎるという傾向は、男性にも女性にも見られます。

前半元気だったけど、帰る頃にはボロボロ状態となれば、帰り道に喧嘩になります。

「どんなふうに」を計画する

「いつ・どこに行く」までの計画しか立てずに旅に出ると、現地に着いてから意見が合わず、言い争いになることがあります。

事前に「どんなふうに過ごすか」を話し合っておけば、喧嘩の種を拾い集めることができます。

彼氏が旅先ではゆっくりしたいと思っているのか、どうしても行ってみたいと思う場所があるのか、食べたい物があるかなどを事前に知っておきましょう。

お互いが旅行に求めるものを理解した上で、「私はこういうことがしたいんだけど、どうかな」と相談し、ふたりならではの旅を計画しておけば、喧嘩から遠ざかることができます。

「違う」という発見を喜びにする

お互いに惚れ合った恋人同士でも、元は赤の他人です。自分とは違う行動を取る彼氏に驚くこともあるかと思います。妙な癖を見つけるかも知れません。

そういった一つ一つの事柄に対して、目くじらを立てたり、イライラすると、ストレスが募ってやがて言い争いに発展していきます。

今まで知らなかった彼を温かく受け止めていきましょう。

気になる癖があったとしても、「私だけが知ってる彼の癖」と思うようにすれば、発見が喜びになります。

友達よりも「ふたりの計画」を優先する

旅行の計画を友達に話すと、相手は良かれと思っていろいろアドバイスしてくることがあります。

けれど、旅先であれもこれも追い求めると喧嘩に発展していきます。

旅はふたりのものです。

ふたりが満足するためには、限られた時間の中で、ふたりが行きたい場所、ふたりがやってみたいことを優先させることが何よりも大切です。

帰り道が肝心

カップルが最も喧嘩になりやすいのが、旅の後半です。

特に帰る頃には疲れも出てきて、お互いにイライラしてしまいます。

頑張って計画して、お金も使ったのに、もう旅行が終わってしまうと思うと、テンションも下がりますね。

帰路に着くときは、会話のチョイスが大事です。今回の旅の楽しかった思い出や、次回はどんな所に行ってみたいという話をすれば、喧嘩にはなりません。

前向きな気持ちになれそうな話題を上手に彼氏に振って、楽しく会話しながら帰りましょう。

旅先で揉めるカップルは多い

やっとゴールインした新婚カップルが、挙式の後に新婚旅行に出かけ、旅先でさんざん喧嘩し、空港に戻る頃には離婚話になっていた…というのはよくあることです。

これを、国際線の空港を代表する成田にちなんで「成田離婚」と呼びます。

旅行では、それぞれの生活スタイルや行動パターンがはっきりと出ます。

「私の当たり前」は彼にとっては当たり前ではないし、「彼の当たり前」は私にとっては当たり前ではない。そういう心構えを持って旅行に出かけましょう。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。