年上彼女のここが好き。年下彼氏がドキドキしている9つの魅力

現在、年下彼氏と恋愛中の女性たち。または、年下男子から告白されちゃったという女性。
お待たせいたしました。今回は「年下彼氏の心の中」をご紹介します!

人を好きになるのに年齢なんて関係ない!それは確かにその通りです。
けれど、年の差は男女の心理にいろんな影響を与えます。

男性は、年上彼女にはどんな気持ちを持つものなのでしょうか。
彼が年上の女性のどこにドキドキしているかを解説します。

男にとって「年上彼女」は超セクシーな存在

男という生き物は、一度くらいは年上の女性に憧れを抱いたり、気持ちがぐらっときた経験を持っています。
元々年上が好きかどうかや、純粋に年上の女性を好きになったことがあるかは別のこととして、大多数の男が、年上の女性に憧れを抱いた経験についての逸話を持っています。

つい先日も、解散したばかりの元国民的アイドルユニットの男性が、中高生時代の自分を振り返り、「男なんて全員、年上の女の人に憧れるもんだから!」と豪語していました。一緒に出演していたゲストの若手アイドル男子も、「中学のときは…好きでしたね。女子大生とか…」と受け答え。
男同士では、年上の女性への憧れ話が持ち上がることがよくあります。
たとえばこんな話が挙がります。

友達の姉ちゃん、セクシーすぎ!可愛すぎ!(中高生男子あるある)
取引先の受付の女の人…キレイすぎる。色気が凄い。(若手社員男性あるある)
うちの会社、キレイ系が多い。特に5~6コ上の先輩、マジヤバいし。(新入社員あるある)

他によくあるのが、女の先生に対する強い憧れです。
「英語の先生、スタイル抜群。Sっぽくてたまらない」とか、「保健室の先生、エロス弾けさせすぎー」とか。

先生たちやお姉さまたちは、年下男たちの前で、別にセクシーを爆発させているわけでも、エロスを弾けさせてるつもりもありませんが、年下男にはそのように映っているんですね。

「年上の女性にはセクシーであってほしい」という願望や妄想も手伝い、年上の女性たちのことを、オーバーなほど魅力的な存在として見てくれているようです。

年下彼氏がドキドキしている9つの魅力

  • 「堂々とした態度」がカッコ良くてしびれる
  • デート先で「ここはいいから」と言っておごってくれることがあり、大人を感じる
  • 自分のことを全部受け止めてくれるから安心する
  • 年下や同年齢の女性とは、全部がワンランク違っている感じがする
  • 彼氏に対して「まだ夢中になっていない」という態度を取るのが、逆に男を燃えさせる
  • 年上女が脚の組む姿が大好き。特に脚を組み換える動作が好き
  • いつもお姉さんっぽい態度なのに、たまに甘えてくれるのがたまらない
  • 自分の弱いところや至らない点を、きちんと叱ってくれるとドキドキする
  • とにかく大人でセクシー!

年上彼女にハマっていく男たち

男性は年上の女性に対して、「セクシーなはずだ」という思い込みを持っているようで、ちょっとした言動や動作にも敏感に反応します。
たとえば脚を組む、脚を組み換えるなんて動作は、年上女性でなくとも普通にしています。

ですが、年上の女の人ってセクシーだと思い込み、良い意味での偏見を持ち、いわゆる色眼鏡で見てくれているようです。
だから年上女は「脚がきれい!」「ちゃんと叱ってくれるー!」などの高評価をもらえてしまいます。
そして、デート中は「俺はいいオンナを連れて歩いている」という優越感にひたることができ、年下彼氏は満足します。

こういう単純な理由から、年下彼氏は、あっという間に年上彼女のとりこになります。
ただ、その後の恋人関係において、男性が年上の彼女に「ドハマり」していくのは、そういう浮かれた理由ではありません。
付き合っていくうちに、年上彼女の「内面的な魅力」に出合い、ハマっていくのです。

男が年上彼女にドハマりする理由

身を委ねると楽

男には「カッコつけ」な面と、「面倒くさがり屋」な面があります。彼女が同年齢や年下だと、男はカッコ良く頑張ります。
けれど、自分より年上の女性と付き合うと、男は「相手に身を委ねると楽だ」ということに気づき、面倒くさがり屋を解放します。
未経験のことについて優しく教えてくれたり、自分のダメなところをちゃんと注意して導いてくれる年上彼女と一緒にいると、「この人の言う通りにしていれば良い」という気持ちになっていきます。

年上彼女は可愛がってくれるから…

年上彼女全員に共通しているのは、年下の彼氏に対し「可愛い」という感情を持っていることです。彼氏が今経験している年頃は、彼女にとってはすでに通った道。先に経験しているから、彼氏の今の状況がよく理解できます。
若い彼氏が飲み会に行こうが、二次会に参加しようが、LINEを未読のままにして遊んでいようが、大人の女性は気に留めません。
好きなように遊んでおいでという年上彼女の堂々とした態度は、男性にとって魅力的であり、安心です。

タイムリミット

結婚適齢期の男性が、彼女との結婚を意識するのは、相手が年上である場合の方が早い傾向があります。
仮に自分が23~24歳だったとしても、彼女が25~26歳であるならば、「そろそろ、けじめをつけてやらないと…」という気持ちになっていくようです。

年下彼氏は、単に甘えたいという感情だけを持っているわけではありません。
やっぱり男ですから、彼女に男らしさを見せたいという気持ちも持っています。特に、彼女との年齢差が3つ以上開いていると、結婚へのタイムリミットも早いと認識します。
早く身を固めようという考えを持つと、男性は女性のことをこれまで以上に大切に思うようになります。

親への紹介

年齢差のある彼女を自分の親に紹介してみて、相性が良さそうであれば、この人と一緒になろうという気持ちはますます高まります。
今の時代は30代になってから結婚する女性も全然珍しくありません。昔と違って今の親は、かなり年上の彼女を連れて来たとしてもそんなに驚きはしません。むしろ、年上彼女なら、息子のだらしなさや子供っぽさを引っ張っていってくれるという期待を持ちます。

まとめ

ここまで、「年上彼女」の魅力を探ってきました。
なお、年上彼女の中でも、家庭内の兄弟」姉妹の「一番上として育ってきた女性」は、年下彼氏を引っ張っていくのが上手いようです。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。