いい出会いの法則♡メールは「頻度×内容×返事のタイミング」が大切

素敵な男性といい出会いがあったとき、避けて通れないのがメールのやり取り。

頻度」「内容」「タイミング」を間違えると、せっかくのチャンスが失敗に終わってしまうかも…。

片思い中の人も、そろそろ彼氏がほしい人も、正しいメールのルールを勉強しましょう。

返信率の悪さもこれで解消できるかもしれませんよ♪

【男性別】理想のメールを送る頻度

メールを送る頻度は、恋する女性にとって重要なポイントです。

朝昼夜いつ送るのが正解?
1日に何通?
15通は多い?

など、多くの女性は数値化されたものを信じて行動しようとします。

ですが、本来は統計学ではなく「誰に送るのか」が大切なはず。

男性の性格や職業、バックボーンなどから、メールを送る頻度を探る必要があります。

〔相手が男子学生の場合〕

男子学生は文章の長さより、頻度(回数)が重要です。

男子学生と理想の恋愛関係を築きたいなら、頻繁にやり取りをしてみましょう。

昼夜問わずlineをしても大丈夫です。

毎日何度もメールしたい、ユニークなスタンプで楽しくやり取りしたい、という男性が圧倒的に多いですよ。

学生は、バイトで土日が潰れたりテスト期間中は勉強をしたり、なかなか会う時間がありません。

だからこそ、line(メール)を沢山したいという気持ちがあります。

「何度もメールをすると引かれる…」というのは、重い内容が送られてきたり、相手が望まない会話を一方的にしてきたり、彼の気持ちを無視したときです。

距離を縮めるためにも、こまめな連絡が正解ですよ。

〔相手が社会人男性の場合〕

社会人男性は、仕事と恋愛は分けて考えています。

1日に何回メールのやり取りをしたかが重要なのではなく、次のデートにいつ誘えるのかが大事なのです。

そのため、「今週の土曜日空いてる?」という連絡手段としてメールのやり取りをしたいというのが社会人男性の本音。

彼の職業にもよりますが、社会人の多くは日中仕事をしています。

自分のスマホを社用電話として使っている方もいるので、頻繁にlineやスタンプを送ると、迷惑だと思われる可能性があります。

そして、最悪の場合、彼からの連絡が途絶えてしまうことも…。

社用電話として使っていなかったとしても、仕事で疲れているのに、女性から大量のスタンプやメッセージが送られてくると、面倒な女だなと思われてしまうでしょう。

このように、社会人男性とのメールのやり取りは、とりわけ注意が必要です。

また、どんな出会い方をしたのかによって、男性が求める頻度は異なります。

さっそく見ていきましょう。

【出会い方別】理想のメールを送る頻度 4選

〔出会い〕×〔アプリ〕

「恋活アプリ」で出会った場合、メールの頻度はどれくらいが理想なのでしょうか。

すでに、アプリ上で自己紹介が終わっている2人は、焦って毎日連絡をするのは禁物です

男性は少しミステリアスなくらいの女性の方が、もっと深く知りたいと追いかけてくれるもの。

次のデートに繋げるためにも、自分をさらけ出しすぎるのはNGです。

アプリで出会った方は、メールの頻度には気を付けましょう。

〔出会い〕×〔お見合い〕

結婚を前提に「お見合い」で出会った2人は、毎日連絡を取り合い、もっとあなたのことを知りたいと感じているはず。

結婚は、毎日顔を合わせ「おはよう」「おやすみ」といって一日が終わります。

だからこそ、彼も業務連絡のように必要なときだけメールを送るよりも、日常会話のように毎日メールをしたいなと思ってくれています。

2人の結婚生活がイメージできるよう、朝「おはよう」夜「おやすみ」と送るのがおすすめですよ。

〔出会い〕×〔合コン〕

「初めまして」と言葉を交わすところからスタートする「合コン」の出会いでは、あなたも彼も2時間程度でお互いのことをすべてを理解できなかったはず。

だからこそ、男性はLINEや電話番号を交換したら、すぐにでも連絡をしたいと思ってくれているもの。

それなのに、女性からなかなか連絡がこなければ、彼の興味は他の女性に移ってしまう可能性があります。

まさに、合コンでの出会いではタイミングが命です。

時間をかけすぎずに、1日数回の頻度でメールを送ってみましょう。

〔出会い〕×〔友達の紹介〕

お互い共通の友達から紹介されると、はじめに考えるのは「友達に迷惑をかけないようにしよう」ということ。

そっけない態度をとってしまうと、紹介してくれた友達の顔に泥を塗ることになりますよね。

そこで、出会いが「友達の紹介」だったときは、慎重にメールをするのがおすすめ

まずは、相手から送られてくるメールの頻度を探りましょう。

彼から頻繁に連絡がくるようであれば、あなたも合わせて回数を増やし、1日置きにメールが届くのであれば、同じタイミングを見計らって返事をします。

阿吽の呼吸のように、気持ちをシンクロさせることで、男性も居心地の良さを感じてくれるはずです。

メールの内容(質問)

男性が喜ぶ内容を、送れるか送れないかで「付き合える」or「付き合えない」かが決まります。

彼女と出会えて良かったと心から思ってもらうためにも、これからご紹介する5つの事を意識してみてください。

〔自信がつく褒め言葉〕

男性は自分の所有物を褒められると、自分が認められたような気持ちになって嬉しくなります。

たとえば、時計やネクタイなど普段身につけているものや、車など愛着のあるものを褒めます。

「カッコいい」「センスある」「素敵」など。

すると、モノが褒められたとわかっていても、間接的に自分が褒められた気がして、嬉しくなってしまうのです。

また、外見や中身を褒めるのも忘れてはいけません。

「優しいね」「筋肉すごいね」「スタイル良いね」と彼が自信を持っているところを褒めてあげるのがおすすめです。

〔孤独が消える励ましの言葉〕

「今日ちょっと嫌なことあったんだ」と連絡がきたとき、そうだったんだ…大変だったね。と返事をしていませんか。

こうした、相手の気持ちに寄り添った内容も間違いではありません。

ただ、男性が喜んでくれるメールの内容というのは、同情ではなく「励ましてくれるかどうか」なのです。

  • 「きっと乗り切れるから頑張ろう。応援してるよ。」
  • 「私は○○君の良いところいっぱい知ってるよ。」
  • 「○○君が辛い思いをするほど頑張ってるなら、私も頑張らなきゃ。」

人間は辛く孤独なときほど、相手が何をしてくれたのかを鮮明に記憶します。

だからこそ、一生懸命励ましてくれる女性に、男性も心を突き動かされるのでしょう。

〔次の予定を楽しみにしている〕

男性は、女性の本音を探るのが苦手です。

女性の本音がわからないからこそ、自分がどう思われているのかが気になって仕方ありません。

そこでおすすめなのが、女性から「彼のことが好きと匂わせる内容」を送るのです。

といっても、焦りすぎて好き好きと伝えるのはタブー。間接的に伝えることが大切です。

たとえば、2人で会う約束の日が近づいてきたとき、楽しみにしていることを彼に伝えてみてください。

「明日楽しみだな」「早く明日が来ないかな♪」と、彼と会えることが楽しみで仕方がない気持ちを送ります。

すると、楽しみにしているあなたの様子を知って、彼の中にあった不安は消え、自信へと変わるはず。

上手くいけば、次のデートでカップルになれるかもしれません♪

〔飽きのこない旬な話題〕

「今日も頑張ろう」「疲れたね」「おやすみ」など、単調な内容は飽きられてしまう危険性大!

飽きられてしまうと、次第に返事の間隔が短くなり、最悪の場合フェードアウトなんてこともあり得ます…。

そうならないためにも旬な話題を盛り込むのが重要

旬の話題といっても、海外セレブが捕まったなどのゴシップネタや、芸人とモデルが付き合っているなどの芸能ニュース、クリスマスやバレンタインなどの季節のイベントなど沢山あります。

もちろん彼が喜んでくれるならいいのですが、一番効果的なのは彼の趣味に関する旬なネタを用意することです。

音楽だったら野外フェスやロックフェス、料理が趣味なら話題のキッチングッズなんかいいかもしれませんね。

こうして、彼を飽きさせない内容を送ることも、メールを続けるうえで大事なことなので注目してみてください。

〔質問や相談を持ち掛ける〕

質問や相談の内容を送ることは、メールテクニックの大事なポイントです。

女性から頼りにされて嬉しくない男性はいません。

ただし、悩みや質問を送るなら、深刻な悩みより軽い内容がベストです。

彼の負担になるほどの悩みは、どうやってアドバイスをするといいんだろう…と悩ませてしまい、連絡が途切れる原因になります。

彼じゃなくても解決できるような簡単な質問や悩みを選ぶことで、彼も「任せて!」と意気込んであなたの相談に乗ってくれます。

そして、相談や質問に答えてくれたら、ちゃんとお礼を伝えるのも忘れないでくださいね。

男を落とすなら気配り上手になること

  • 「忙しかったらごめんね。返事は無理しないでね」
  • 「時間のあるときで大丈夫です。よかったらお返事ください。」

質問や相談は、やり取りの回数が増えるというメリットがありますが、考える時間が必要なため、忙しい人なら迷惑になってしまう可能性があります。

そんな時は、質問したあとで気遣いができる一言を添えるのが大切です。

きっと彼も、気遣いのできるあなたと長く付き合っていきたいなと思ってくれるはず…♪

効果的な返事のタイミング(時間帯)

1日24時間の中で、男性が「メールしたい」と思う時間帯はいつだと思いますか?

  • 4~6時の早朝
  • 7~9時の通勤・通学時間
  • 12~14時のお昼休憩時間
  • 15~17時の夕方
  • 20時以降の夜

どの時間も相手によっては正解です。

ただ、一般的な生活リズムで考えると「忙しい時間は避ける」のがマナーでしょう。

そのため、返事をするタイミングは「朝」<「昼」<「夜」がベスト。

夜はプライベートな時間を作りやすく、流し読みもされにくくなりますし、何より返信される確率も高いです。

寝るまでの時間を独り占めすることだって、出来るかもしれませんね♪

メールが続かない

メールが続かない原因は、たった一つのことが引き金になっている場合もあれば、複数の理由から続かない場合もあります。

【メールが続かない5つの原因】

  1. 多忙で返事をしている時間がないから
  2. 返信に困ってしまうような内容だから
  3. 返信するまでもない内容だから
  4. lineやメールよりも電話派だから
  5. あなたに興味がないから

仕事で忙しいとか、ちゃんと返信したいから、という理由ならいつかは連絡がくるはずです。

ですが、そもそもあなたに興味がないときは、残念ですが、どんな内容であったとしても連絡がくることはないでしょう…。

だからこそしっかり見極め決断をすることも、いい出会いを引き寄せる大切な選択なのです。

時間を無駄にしない、好きになってくれない相手を追いかけない、としっかりと決めて恋愛をすると、もっといい出会いが待っているはずです。

愛されメールのテンプレート

どんな内容を送るのかも重要ですが、彼をドキっとさせる内容も盛り込まなきゃ損です。

たくさん意識してもらえるよう、愛され女子が駆使しているメールのテンプレートをご紹介します。

ベストタイミングで使ってみてくださいね。

【ちょっぴり小悪魔な、愛されメール術】

  1. 「○○君とメールしてると飽きないな♪」
  2. 「今日はいっぱいメールできたから、明日も頑張れるよ!ありがと♪」
  3. 「こんな遅くまでごめんね…!でも、楽しすぎて時間忘れちゃった^^」
  4. 「メールありがとう♪ちょうど今、○○君に連絡しようって思ってたから嬉しい♡」

このような内容が送られてきたら、彼の恋のモチベーションは急上昇すること間違いありません♪

「頻度×内容×タイミング」でいい出会いを引き込む

メールの頻度や内容、タイミングなんて関係ない。自分のすべてを受け入れてくれる男性と出会えれば問題ない。

こんなふうに、相手にすべてを任せるスタイルでは、いい出会いを失い、素敵な彼を逃してしまいます。

目先のことを大切にするのではなく、小さなことに心を配ることで、ベストパートナーと巡り合えます。

メールのやり取りを気にするのは面倒だと思うかもしれません。

ですが、面倒だと思うことを好きな人にしてあげるのが、女性特有の愛情表現でもありますよ♪

いい出会いに巡り合えたら、正しいメールの使い方で彼と幸せになってくださいね♪

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。