意識していなかった男友達から告白されたときにまず考えること

恋愛感情を全く抱いていなかった男友達から告白されてしまった経験はありますか。

あなたが意識している相手であれば、すでに彼のいろんな面を知っていますが、意識していない相手となると、まだまだ知らない面がたくさんあるはずです。

そこで、今回は男友達に告白されたときの対処法をお教えします。

あなたに恋人がいる場合

意識していない男友達とはいえ、告白をされたということは、あなたのことをイイなと思ってくれているということです。ここは素直に喜びましょう。

ですが、あなたに恋人がいるときは、今の彼氏とうまくいっているのであれば、彼氏がいることを正直に男友達に伝えてお断りするのがよいでしょう

中途半端な気持ちで男友達に隙を与えると、あなたに対する気持ちが強くなり、しつこく迫ってくるかもしれません。

そうなると、彼氏を不安にさせることにもなり、男友達が原因で彼氏との関係が壊れるきっかけになってしまいます。

今後の友人関係を続けるためにも、誠実に断る勇気も大切です。

断る際は、「これからも友達でいたい」「今は恋愛対象として見ることができない」と正直な気持ちを伝え、友人の気持ちをフォローしてあげると良好な関係を保てます。

反対に、もし彼氏とうまくいっていないのであれば、あなたの男友達はあなたのそのような様子に気づいて近づき、告白をしてくるかもしれません。

彼は、あなたのことをよく見ていて、タイミングを見計らうことのできる賢いタイプだと言えます。

だからこそ、そんな彼に告白をされた時が、一番判断を怠ってはならない時なのです。

もし、今の彼氏と別れることになったとして、本当にその男友達と付き合いたいかどうかを考えてみてください。

付き合うということは、今まで男として意識していなかった相手をはっきり男として、恋人としてみる必要があります。

友達以上、恋人未満なんて生ぬるいものではありません。

友達として仲が良かったとしても、恋人となると共有する時間も増え、「手を繋ぐ」「ハグをする」「キスをする」といった、恋人同士の行動が必要不可欠になってきます。

このとき、ぎこちなさが現れ、友達のままでいた方が楽でよかったからやっぱり別れようという結末になることや、元カレがやっぱり忘れられないということが起きないよう、よく自身の胸に問いかけましょう。

それらを踏まえた上で、男友達からの告白を受け入れる場合は、今お付き合いしている恋人に正直な自身の気持ちを伝えて、お互いが和解した状態でお別れをしましょう。

告白してくれた男友達にも失礼がないよう、あなたが気持ちを切り替えることが、幸せな時間を過ごす近道となります。

あなたに恋人がいない場合

男友達に告白された段階で、あなたに恋人がいない場合、すぐに答えを出すことが難しいなら「保留」にしましょう。

すぐに答えを出す必要はなく、むしろ時間をしっかりかけて見極めることが大切です。

恋人じゃなくても、気になっている人や好きな人がいる場合、男友達の告白をすんなりと受け入れ、付き合うことは難しいですよね。

だからこそ、男友達に少し興味があるのであれば「あなたをもっとよく知るところから始めたい」と伝え、思い切ってデートをしてみましょう。

普段二人きりにならないからこそ、気づけなかった相手の新しい面に気づかされ、自分の思い込んでいた相手に対する印象が変わることで、好意を持つきっかけになります。

逆にデートをすることで、予想とは裏腹に自分の性格や趣味と合わないことがわかれば、彼に変な気を持たせることもなくなります。

男性側も緊張して1回目のデートから普段通りにふるまえるとは限りません。

3回ほどデートを重ね、相手が自分らしく振舞い、あなたと落ち着いてデートができるようになるまで時間の猶予を相手に与えてあげましょう。

告白された側だからといってうぬぼれすぎるのではなく、相手に対する優しさを持つことで、男性も快くあなたの答えを受け入れてくれるはず。

答えを出すタイミング

男友達に告白されたときの考え方を「恋人がいる場合」、「いない場合」に分けてお伝えしてきました。

告白に対して「受け入れる」か「お断りするか」が決まったら、男友達にあなたの気持ちを伝えなければなりません。

あなたの伝え方次第で、今後の男友達との関係性が大きく変わってくる大事な場面になります

一番の良い方法は、直接会って正直にあなたの気持ちを彼の目を見て話すことです。

そうすることで、真剣に考えて答えを出したことを相手に伝えることが出来ます。

告白を受け入れる場合は、とくに今後のことも視野に入れて直接伝えましょう。

もし、お断りする場合やどうしても直接気持ちを伝えることが難しい場合は、メールやlineにて、丁寧に気持ちを伝えても大丈夫です。

最後に

付き合う相手を考えるときに、自分がこの人といると幸せだと感じることができる相手をパートナーとして選ぶことが最も大切です。

無理をせず、素直でいられる相手は自分にとって誰なのか、まずは自分の気持ちに素直になりましょう。

Writerこの記事をかいた人

ナッツ☆

はじめまして。 恋愛コラムや教育、化学など幅広い分野に渡って記事を書いておりますナッツ☆です。 ①相手の気持ちに寄り添い共感を呼ぶ②最新情報を盛り込む③責任をもって仕事を全うする これら3つを目標に掲げながら、記事を書かせて頂いております。 よろしくお願いします!(p.s.無類の猫好きコーヒー好き)