抜け出せない禁断の恋…既婚者男性が魅力的に見えてしまう理由を徹底解説

既婚者との恋愛は、ドハマりすると危険です。
妻子ある人と付き合うと、必死の思いで関係を断ち切っても、また既婚者を好きになってしまうことがよくあります。

でも…なぜ、既婚者との恋愛はそれほどまでにハマってしまうのでしょうか。
今回は、既婚者の男性にスポットを当て、何がどう魅力的に見えるのかについて徹底解説していきます。

既婚者男性の魅力ポイント

ここではまず、既婚者の男性が魅力的に見えるポイントを紹介します。

  1. 『女』というものを深く理解している
  2. どんな話でもちゃんと聞いてくれる
  3. 悩みを全部受け止めてくれる
  4. 普通におごってくれる
  5. デートの質が高い
  6. 夜の尽くし方も技術も半端ない
  7. 若い男のようにイライラしたり怒ったりしない
  8. 言動の一つ一つが大人である
  9. 既婚者男と付き合うと、自分自身のことがよくわかるようになる
  10. 経済力がある
  11. 知識や知恵をたくさん持っている
  12. 既婚者の彼氏と一緒にいることで、自分の世界観が広がる

既婚者の男性は、本来は『恋愛対象にしてはいけない』存在です。
しかしながら、若い女性たちの目に魅力的に映ってしまうのは事実です。
なのでいつの間にか、罪悪感を抱えながら不倫相手になってしまっていたケースも非常に多いのです。

禁断の恋に溺れる

日本では、古来から『恋愛とは成就しないものである』という価値観がありました。
好きな人が振り向いてくれたと思ったら、相手の気持ちが冷めたり、他の異性に取られたり、相思相愛の状態を持続するのは確かに難しいですね。

また、身分の違いによって認めてもらえない恋も過去にはありました。
現代で『禁断』とされる恋愛といえば、何といっても『不倫』が挙げられるでしょう。

ですが、『禁断の恋には溺れやすい』というのが、人間の悲しい特徴でもあります。

まわりを見渡せば、年相応でフリーの男性がたくさんいます。
それでもあえて、年の離れた既婚者に対して熱い思いを持ってしまうのは、その彼が魅力的だからという理由もありますが、『禁断だから燃えてしまう』というのも大きな原因ですね。
シェイクスピアの寸劇、ロミオとジュリエットを見てもわかるように、社会から認めてもらえない男女関係ほど、人は燃えるのです。

魅力的に見えるのは当たり前

最初の項目で挙げたように、既婚者男性は魅力的に見える部分を持っています。
けれどそれは、若い女性の目には『魅力的に見えてしまう』だけのものです。

たとえば既婚者である彼氏が40代だったとします。20代や30代の女性がその男性と付き合ってみると、彼の知識の多さや落ち着いた態度や優しさに驚くかと思います。

では、同じ男性のことを、40代の女性が評価するとどうなるでしょうか。
当たり前の中年男
ごく普通
素敵な部分もあるけど、あとは普通
となります。

40代の男が、20代・30代の女性たちより物事をたくさん知っているのは当たり前です。
給与が高いのも、真っ当に生きてきた男性ならごく普通のことです。
若い男と違って、中年男が『女』というものを深く理解できるのも、当たり前すぎる話です。

生きてきた年数が長ければ、経験の量も多いのです。
小学生よりも中学生の方が漢字をたくさん知っているのと同じです。

相手が40代の女性なら、だから何?というレベルのことが、若い女性から見ると凄い!素敵!という評価になってしまうのです。

妻の功績

人は、社会に出て15年・20年と経験を積んでいくことで、知識や知恵を身につけていきますね。

その中には結婚経験を持たない独身男性もいます。
ずっと独身で一人暮らしをしてきた男性と、家庭を持っている男性とでは、やはり家庭有の男性の方が魅力を増します。

既婚者の男性は、仕事だけでなく、プライベートでもたくさんの経験をしてきているし、妻と365日過ごしていますので、『女』というものをよく理解しています。
既婚者の男性が、女性の感情や悩みを受け止めたり、徹底的に女性に優しくできる男に成長したのは、半分は妻の功績でもあります。

四六時中そばにいた妻を通して、男は女という生き物を深く理解できたのです。
その男性に子供がいても、または子なしでも、既婚者だということは妻がそばにいたはずです。

おじさまキラーへの道

既婚者の彼氏と必死の思いで別れたのに、また妻子ある人を好きになってしまう。
どうしても若い独身男性との恋に燃えられないという女性は、どうすれば良いのでしょう。

この無限ループから抜け出すには、1つの秘策があります。
それは、『既婚者』ではなく『元・既婚者』の男を捕まえることです。

相手に妻や子供がいれば、許されない恋だといわれます。
しかし、相手がバツイチならば、おじさまキラーとして自由恋愛を楽しむことができます。

ちなみに…
既婚者男性と、バツイチ男性って、どちらが素敵だと思います?
個性もありますので一概にはいえないところもありますが、一般的には『バツイチ男』の方が断然素敵です。

理由は以下の通りです。
結婚だけでなく離婚まで経験している人は、さらに広い価値観を持っているから
関係が上手くいかなかった元妻との関係を、ちゃんと清算した誠実な男だから
家庭を背負っていないので、自由に使えるお金が多い

『離婚は結婚の2倍エネルギーが要る』といわれます。
2倍のエネルギーがあったから離婚を乗り越えられた。それがバツイチ男性です。

まとめ

今回のテーマで、読者の若い女性の方々に最も気づいてほしかった点は、既婚者でありながらあなたと関係を持つ男は、『ズルい男』だということです。

妻も愛人も悲しませたくないという言葉の裏にある男性心理は、『自分が傷つくのが一番嫌だ』というズルい心です。

どっち付かずの態度を取る男は、結局は両方を傷つけます。
妻がいるくせに若い女にも手を出し、いつまでも身辺整理をしない男が、あなたのパートナーであっていいのかどうか、この機会にじっくり考えてみましょう。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。