気をつけて!「セカンド女」にしたくなる女性の特徴15選

イケメン男子と出会っちゃった!フィーリングも合うみたいだし、このチャンスを逃したくない!

素敵な人に出会ったとき、瞬間湯沸かし器のように熱くなる女性は、セカンド女にされてしまう危険性があります。

今回は、男性が『セカンド女にしたくなる女性』の特徴を紹介します。
本命彼女になるコツも解説していきますので、恋がいまいち上手くいかないという女性は必見です。

セカンド女にされていないかどうかを見極めるコツ

相手が本気になっていないのに、自分だけが本気になっていく恋ほど、空しいものはありませんね。
男から見て「都合のいい女」は、男性がとりあえずキープしておくのに便利であり、セカンド女にされてしまいがちです。

あなたは彼から、以下のような扱いを受けていませんか?

平日の夜しか会ってもらえない

短時間しかデートしてもらえない

家デートばかりである

大切な日はいつも外される(誕生日やバレンタインデーは「忙しい」と言われる)

急にラインで優しい言葉をかけてくる

給料前になると「会いたい」と言われ、おごらされることがある

上記のような扱いを受けているなら、あなたはセカンド女にされている可能性があります。
セカンドとは2番目という意味ですから、当然ながら1番目(本命彼女)が別にいるということです。

セカンド女になりやすい女性の特徴15選

  1. 男性に対する『素敵!』という気持ちが、『好き!』に変わるまでの期間が短い
  2. 彼と自分との共通点にばかり目が行き、相違点には目が行かない
  3. 彼のちょっとした一言に浮かれたり、酔いしれたりする
  4. 短時間でも彼に会えれば喜ぶ
  5. すぐに男を好きになる(惚れっぽい)
  6. 自分の本音や弱さを彼氏にさらけ出すのが苦手
  7. 恋愛における駆け引きが苦手
  8. 過去に二股をかけられたことがある
  9. 付き合った男性とすぐに肉体関係を持つ
  10. 付き合う前に肉体関係を持つことがある
  11. 男友達とノリで一晩過ごしてしまった経験がある
  12. 正義漢が強くて人に優しい
  13. まわりからよくお願い事をされる
  14. 我慢強い
  15. 明るく元気な性格を前面に出し、弱音や暗い部分を隠す

軽くて強い女は男にとって「都合がいい」

15項目の特徴を見ていくと、セカンド女にされやすい女性には『軽い』、そして『強い』という傾向が見られます。
それが都合の良い女になる原因であり、理由です。

軽いから都合がいい

短時間しか会ってもらえないのに、ほいほい出かけて行き、彼のちょっとした言葉や態度に大喜びしてしまうのは、フットワークやノリが軽いからですね。

また、惚れっぽい、短期間で肉体関係を持つなどの特徴は、男性の視点から見れば『尻が軽い』という印象になります。
たまに会ったり優しい言葉をかけたりするだけで喜ぶ女は、正真正銘『男にとって、都合のいい女』です。努力しなくとも手に入る簡単な女は、とりあえずキープしておくのに最適な存在です。

強いから都合がいい

彼に対して弱音を吐かない、我慢強い、ワガママを言わないなどの『強さ』も、男にとっては利用しやすい便利な特徴です。

二股がバレたとき、強い女性なら後腐れなく縁が切れます。
気を使わなくてもいいし、守らなくてもいい女だと判断されてしまうのです。

都合がいいでは済まないことも

男にとってはありがたいセカンド女の存在ですが、女性は何とか脱出する方法を考えるべきです。相手は『単なる遊び』で済みますが、女性側は深刻な問題に襲われることもあります。

本命彼女から逆襲が来る可能性だってあります。そして一番避けたいのは、彼の子を妊娠してしまうことです。
男から『都合がいい』と思われるということは、女にとっては『都合が悪い』ことばかりだということを認識しましょう。

本命彼女になるコツ

本命彼女になるためには、出会ったときが肝心です。お互いのことをじっくり知り、気持ちを温める『熟成期間』を持つことが最初は必要です。

相手のことをよく理解し、あなたのことも相手に理解してもらうことから、恋はゆっくりスタートします。スタートラインを急いでしまっては、軽い男女関係にしかなれません。

本命彼女になるためには、以下のように改善することが必要です。

恋のスタートラインにじっくりと立つ。フライングはしないこと

彼と自分の共通点だけを見るのではなく、相違点もちゃんと受け止めること

自分の強さも弱さも彼の前で出すこと

嫌だと感じることや寂しさを我慢しないこと

自分に対して正直になること(愛する人の前で強がらなくても良い)

何事も急がないこと、慌てないこと

脱・セカンド女

男性は、恋人に対して『自分のために何もかも我慢してくれる』ことを求めてはいません。
彼女から誘いを断られることもあります。イライラして、大喧嘩になることだってあります。
最高の笑顔を見せたと思えば、すねたり甘えたりワガママを言ったりするのが、彼女という存在の魅力です。

調子が良ければノリも良くなるけど、調子が下がってくると一線を引くこともある。
一緒に大笑いすることもあれば、口もきかないときもある。

そんな『人間らしさ』がお互いにあるから、何とか良い関係になろうと努力します。
未熟な点を男も女も反省し、お互いを高め合いながら成長していくことで、絆は強くなっていきます。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。