不幸体質な女性がとんとん拍子に『幸せ体質』になれる方法

不幸体質、マイナス思考、ネガティブ女子。

なんだか悪い印象ばかり持たれているようですが、実際のところはどうなんでしょうか。

今回は、ネガティブな女性にスポットを当て、魅力も探っていきます。

ネガティブな女性が幸せになるためには、何を大切にし、何に気をつければ良いかを解説します。

誰も不幸になりたいとは思っていませんね。

この機会に、自分自身のことを考えてみましょう。

ネガティブ女子と恋はしたくない

幅広い年代の男性に『ネガティブな女性』をどう思うかというアンケートを取ると、多くの男性から「魅力を感じない」「好きじゃない」など、否定的な答えが返ってきます。

そして、ネガティブな女性と付き合いたくないという考えを持っている男性は7割近くに上ります。

その中から代表的な意見を紹介します。

  • 一緒にいるなら、ポジティブな女性の方が楽しい
  • 暗い顔をされるとこっちまで暗くなりそう
  • いちいち励ましたりフォローしたりするのは面倒くさい
  • すぐ大げさに悩むのが嫌
  • 一言目には悪口を言っている

このように、「この世に私の味方になってくれる人なんて一人もいない」と、言わんばかりのマイナス思考は、男性じゃなくても女性でも敬遠してしまいます。

ネガティブなモテ女子も存在する

先にご紹介した通り、7割の男性がネガティブな女性を彼女にしたくないと思っています。

ですが、ここであえて注目したいのは、『残り3割』の男性です

世の中には、不幸体質とも暗いとも評されてしまうネガティブな女性を『彼女にしても良い』と考えている男性がいるってことですよね。

そう思ってまわりを見渡してみると、いつも心配ばかりしている神経質な女性や、すぐにめそめそ泣く女性で、彼氏持ちという例は確かにあります。

今回の企画の目的は、マイナス思考の人をポジティブにすることではありません。

その人らしさを失ってしまえば、男の前で単に演技をする女になってしまいます。

ネガティブな女性は、やっぱりネガティブだけど、幸せを得ている女性から学ぶのが適切です。

ネガティブな女性が持つ素敵な部分

幸せ体質なポジティブウーマンと比較され、とかく悪い印象が先行しがちな不幸体質な女性ですが、ネガティブならではの魅力もあります。

きつい発言をしない

ネガティブな人は、ちょっとしたことで気持ちが不安定になったり、悩んだりします。

だから、ネガティブな女性には『暗い発言』が多いという特徴があります。

でも、『きつい発言』をしないという長所も同時に持ち合わせています。

物事を考えるときの思考の出発点が、自分なんてダメだな・自分はこういう点が足りていないというところにありますので、まわりの人たちに対して強気に出ることがありません。

「何言ってんのよ!こうすればいいのよ!」と厳しく言い放つのは、たいていは自身満々のポジティブな女性です。

高い危機管理能力を持っている

マイナス思考に陥りやすい原因は、過去に辛い経験をした、ストレスの多い生活を送っているなど、人によって様々です。

ただ、ネガティブの人たちに共通していえるのは、『怖がり』な性格の持ち主だという点です。

ポジティブな人から見れば、どうしてそんなにいろいろ怖がるのか不思議なほど、ネガティブな人はいろんなことを怖がります。

怖がりな人は、『こうなったらどうしよう…』『こんな可能性もあるかも知れない…』と悪い状況やシチュエーションを想像するのが習慣になっています。

こういう発想を持つ人には、危機管理能力が高いという長所があります。

ネガティブな女性がやらないこと

  • 一か八かやってみる
  • 面倒だから考えるのを止める
  • 思いつきやテキトーで行動する

いつも最新の注意を払い、慎重に少しずつ行動していくのがネガティブな女性の特徴です。

可愛いと感じさせる部分がある

自身満々の女性やきつい口調の女性に対し、過去の恋愛体験を通して疲れを感じている男性にとって、ネガティブで控えめな女性は『可愛く感じる』といいます。

不幸体質な女性は、そのまま放置していればどんどん不幸な気分を加速させてしまうこともありますが、愛する人が理解を示してあげることによって、笑顔にもなります。

これは嫌!過剰すぎるネガティブ言動はNG

不幸体質な女性のことを受け入れてくれた男性であっても、度が過ぎるネガティブ発言・ネガティブ行動にはついて行けなくなります。

以下のような言動は慎みましょう。

彼の人格まで否定するような発言

「どうせ最初から愛情なんてなかったんでしょ?」

「本当は私のことブスだと思ってるんでしょう。」

「最初から騙すつもりで私に近づいたんでしょ?!」

など。

事実に妄想を重ねていく

風邪が悪化しただけで、きっと大病なんだと考える。

彼氏に「私は虚弱体質だし長生きしないかも」といった発言をする

など。

「死」をちらつかせる

「なんかもう死にたくなった…」

「死んだ方がまし」

「生きててもいいことなんてない」

など。

感情をコントロールするのは難しいことです。

ですが、行動や発言は自分の意思で食い止めることができます。

ネガティブ女子の将来

いつも物事を悪い方へ考える人は、悪いことが起こらないように注意することを怠りません。

事前に危険を回避する能力』の高さは、将来ママになったとき大活躍します。

小さな子供は目を離すと大怪我をすることがありますね。

健康管理がおろそかになると、すぐに病気にもなります。

ママが危険に対して敏感で、必死に事前対策をしてくれる人なら、子供は最大限に守られます。

せっかく培ってきた能力です。

彼氏の体調管理や、悩み相談係などを積極的に引き受け、人を幸せにすることに使っていけると素敵ですね。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。