知らないうちに彼氏を傷つけてしまう「言ってはいけない一言」4選

トラブル・別れ
スポンサーリンク

女性の何気ない言葉の中には、「絶対に彼氏には言ってはいけない一言」があります。

デートでの何気ない会話だったり、夜寝る前の電話の最中だったり、普段発するあなたの一言で彼氏は嫌な気分になり、時には別れてしまいたいと思うかもしれません。

今日はそうならないために、彼氏に言ってはいけない一言をまとめてみました。

元カノと私とどっちが良い?

女性は、彼氏の過去のことを根掘り葉掘り知りたくなって、あれこれ聞きたくなりますよね。

そんな時、「ねぇ、元カノと私だったらどっち?」と彼氏に言ってはいけない一言をいってしまいがち。

嫌々ながらも彼女がしつこく聞いてくるから、元カノの話をし始めると…

次から次へと質問をして、ついに彼氏は「いいかげんもうよくないか!」と怒ってしまいケンカへと発展してしまいます。

そこでハッと我に返っても遅いでしょう。

男性は単純な生き物。

元カノの話を聞かれて思い出すたび、「こいつより元カノの方がよかったかも」なんて思いかねません。

元カノのことが気になってしまうのは仕方ありませんが、あまりしつこく聞かない方が身のためです。

今、彼の隣にいるのはあなたなのですから自信を持ちましょう。

ここ、元カレと来たことある

先ほどとは逆に、自分の元カレを連想させるような一言は控えましょう。

たとえば、ホテルや宿・高級レストランに連れてきてもらった時、「ここ元カレと来たことある」「元カレと食べたことある」という一言は、彼氏に言ってはいけないフレーズです。

「前の男に連れてきてもらったんだ」「もしかして元カレの楽しかった?」と、せっかくの楽しい時間をモヤモヤさせてしまうかもしれません。

たとえ来たことがある場所でも、「元カレと~」と伝えない方がいいでしょう。

男性は、他の男性と比べられることを極端に嫌がります。

比べられたとき、自分の方が上に立っていたら何とも思いませんが、自分の方が下だったとき、プライドを傷つけられたような気持ちになってしまうのです。

彼のことをちゃんと立ててあげることも、いい女の秘訣です。

私と仕事どっちが大切?

昔から定番である、「仕事と私どっちが大切なのよ」発言。

誰しも心の中では無意味な質問とわかっています。

わかっているはずなのに、彼となかなか会えなかったり、仕事仲間との付き合いを大事にされたりすると、放置されている、愛されていない、本当に付き合ってるの?と不安になってしまうのはよくわかります。

しかし、彼はあなたとのデートや会えることを楽しみに仕事に励んでいるかもしれません。

たとえ仕事が忙しくて嫌なことがあったとしても、あなたが待っていてくれているという安心感があるから、仕事を頑張っているのかもしれません。

彼の気持ちを考えないで、自分の気持ちを優先するような「仕事と私とどっちが大切なの?」という一言は言ってはいけません。

仕事で忙しくなかなか二人の時間が取れなかったとしても、ぐっとこらえて待ちましょう。

これを乗り越えられた時、二人の絆をまた一つ深くすることができますよ。

「ごめん」しか言わない

男性は好きな女性には、あれこれしてあげたくなります。

2人でショッピングセンターに行って買い物した時、重たそうな荷物を持ってくれたり、風邪を引いて具合が悪い時はお見舞いにきて看病してくれたり。

そんな優しい彼氏に対して、あなたは何と気持ちを伝えますか?

わざわざこんなことさせて「ごめん」なのか、こんなにしてくれて「ありがとう」なのかどっちでしょうか。

彼はきっと、あなたに「ごめん」と謝ってほしいから、荷物を持ったり看病をしてくれたりするのではありません。

喜んでもらいたいから、あなたの笑顔が見たいからしてくれるのです。

日本人は、謙虚な心を持っていて、親切にされると「あ、ごめんなさい」や「すみません」と謝って感謝を伝えがちです。

それは素敵なことでもあるのですが、彼氏の本音はその一言が聞きたかったわけではないでしょう。

相手は気持ちが通じ合った彼氏です。

申し訳なさそうに「ごめんね」をいうよりも、感謝の気持ちで「ありがとう」の一言を伝える方が彼氏は嬉しいはずです。

謝ることじゃない時に「ごめん」は言ってはいけない一言です。

まとめ

お互い好き同士で付き合っている2人でも、価値観や行動パターンは違います。

あなたの中ではそれほど大した一言じゃなくても、彼氏を傷つけてしまう可能性があります。

言葉1つで相手を不安にさせてしまうこともありますし、反対に言葉一つで気持ちを伝えることができ、相手を幸せな気分にさせることができます。

黙って物言わずにいるのがおしとやかではありません。

どんどんポジティブな言葉を彼に伝えていきましょう。

ただ、くれぐれも相手を傷つけない言葉を選んで下さいね。

今回ご紹介した「彼氏に言ってはいけない一言」を思い出して、会話をするときは細心の注意を払いながらコミュニケーションをとるのがおすすめです。