結局は顔なの?!面食い男子によくある7つの特徴

女性で「男性を顔で選ぶ」という人は多いですが、男性の中でも「女性を顔で選ぶ」という人は多いです。

好きになった人の歴代の彼女を知った時、全て可愛い子ばかりだと「女性を顔で選んでいるな」と周囲にもバレバレです。

「結局は顔さえ良ければいいの?!」と思うほど、極端に美人を好む人もいます。

なぜそこまで女性の顔にこだわるのでしょう。

そんな面食い男子に共通する特徴をご紹介します。

周りに優越感を持ちたいから

男性は女性よりもはるかにプライドが高い人が多いです。

自分の彼女が美人だと言うことは、自分の評価にもなるので、周りの人に対しての優越感を味わえることから、顔や容姿が綺麗な人と付き合いたがる傾向にあります。

しかし、こういうタイプの人は、反面自分には自信がない人が多いので、自分の所有物で自慢しようとするのです。

自分に自信がないけれど、美人の彼女が横にいてくれるというステータスがあるだけで、自分のコンプレックスが解消された気がしてくる錯覚に陥っています。

そして、自分のプライドの保持のためだけに美人と付き合っているので、すぐに彼女にも飽きて別の美人を探します。

彼女と一緒の時でも通りすがりの美人をずっと目で追ったり、美しい店員さんなどを見ると躊躇なく見つめたり声をかけたりすることも。

容姿で女性を選ぶ人と付き合うと、浮気や乗り換えが激しく苦労するでしょう。

見栄を張る

プライドが高い人は、自己顕示欲も激しいので見栄を張りたがります。

自分の彼女の容姿が美しいことをみんなに自慢したい気持ちが強いです。

周りからの評価がとても気になる人が多く、周りの誰もが羨むような顔の女性と付き合いたいと思っているため、いくら内面が美しくても、容姿が普通やそれ以下の顔の女性では恋愛対象にならないのです。

完璧主義者

面食いの男性には、完璧主義者も多いです。

自分のことももちろん外面・内面ともにパーフェクトと思っているので、彼女も自分と同様にパーフェクトでないと許せないのです。

しかし、いくらイケメンだったとしても、彼女も四六時中彼の前では、美しくなければならないので、窮屈に感じてしまいます。

これでは、せっかく恋愛をしていても、女性側はストレスを感じてしまうので、あまり長続きしないケースが多いです。

美に対する意識が強い

いわゆるナルシストの男性は、美意識も高いため、彼女にも美人でいつも美しい姿でいて欲しいという願いがあります。

このタイプは、自分の顔にも自信があり、自分が世界で一番美しいと思うこともあるほど、ナルシストな傾向が高い人もいます。

もちろん、自分自身のスキンケアや筋トレも欠かしません。

自分のためのケアにきちんと投資することができ、徹底的にするタイプが多いです。

そしてブスやデブに厳しく、ちょっとでも太っている人のことも激しく嫌がり、指摘することもあります。

自分に対しての理想を追求するという美学を持っているので、相手もそうでなければ大きなギャップを感じるのです。

こだわりが強く頑固

あらゆることにこだわりが強い男性は、面食いであることが多いです。

いわゆるオタクに多いです。

自分の中にたくさんのルールがあり、「付き合うなら美人でなければならない」「結婚するなら美人でなければならない」など、たくさんのルールやこだわりがあります。

このタイプは妥協もしないため、自分にとっての合格ラインに達していなければ恋愛対象にはなりません。

また、女性に対しても干渉するタイプのことが多いので注意しましょう。

高所得者

高所得者は、貯金や自分の財産=自分の価値だと思っています。

所得が多い自分には価値があると考える人が多いのです。

そのため、自分にふさわしいのはそれ相応の女性でなければ満足できないため、付き合うなら美人を選びます。

芸能人や女子アナも投資家や起業家と結婚しますが、女性は高学歴高収入の人を選ぶように、男性の高所得者も美人を選ぶのです。

モテない人

イケメンでナルシストな人も、外見・容姿を重視して女性を選びますが、モテない人も外見重視で女性を選ぼうとする傾向があります。

モテないことを隠すために、「自分の理想が高いからいい人が現れない」ということにしておくことで、自分のプライドが守られるのです。

しかし、総じてこのタイプは性格も悪いため、人の内面を見ようとする気持ちはない事も多いでしょう。

まとめ

面食い男性の特徴、いかがだったでしょうか。

面食い男性の特徴を並べて見ると、「顔が全て」と思っている面食い男性は、可愛くない女性には冷たくすることもあるので、女性からの評価は低くなります。

合コンなどで、自分の理想の容姿の女性がいなければ露骨にガッカリするし、可愛い子がいればその子にだけアプローチをかけたりします。

好みの子がいて嬉しいのでしょうが、周囲の人に気を配る気持ちなどは持ち合わせていない場合も多いです。

しかし、女性側からしてみたら「顔だけで選ばれた」と言われても、嬉しいことではありません。

むしろ顔だけでなく、内面もしっかり見てくれて好きになってもらった方がより嬉しいのです。

男性を見る目をしっかり養い、顔だけしか見ない冷たい男性に引っ掛からないように注意しましょう。

Writerこの記事をかいた人

にょこ

人とはちょっと違う体験をたくさんして来ました。 恋愛、結婚を通して、自分と相手が成長出来る関係性を築いていくためのエッセンスをお伝えしていきます。