「明日、私は彼に振られます」失恋の立ち直り方4選

失恋する時というのは、相手男性との関係や雰囲気、はたまた相手の態度で気づくときがあります。

しかし、振られるのはわかっていても、失恋するのはやはり辛く、悲しいものでしょう。

では、そんな別れることがわかっているときに少しでも傷つく心を守ることはできないのでしょうか。

今回は、明日振られる…と気づいている女性の「立ち直り方」を紹介します。

失恋準備その1:「目標を持つ」

人は何か目標や夢があるときは、どんなに辛いことがあっても、すぐに立ち直れる生き物です。

そのため、失恋から立ち直るためにも、大きな夢を持ちましょう。

ただし、夢を持つと言っても、漠然と「お金持ちになりたい」や「イケメンと付き合いたい」のようなものでは意味がありません。

目標と夢の違いは、期日が設定されているかどうかです。

例えば「お金持ちになるんだ!」としても、目標達成はいつまででしょうか?

また、いくら持っていればお金持ちだといえるのでしょうか?

「イケメンと付き合いたい!」という目標も、イケメンとする基準は何か、またいつまでに付き合うのかが決まっていなければ、漠然としすぎていて達成できません。

心理学的にも、人間というのは期間を設定するとそれを少なからず守ろうと行動し始めます。

あまりにも突拍子のない「明日までに1000万円稼げるようにする」など不可能なものはダメですが、自分の中で少し頑張ればできるかもしれないというレベルのものを、半年以内の期限をつけて目標に据えることで、自然とやる気が湧いてきます。

「彼氏に振られる」というのがわかっている辛い状況だからこそ、次はどんな彼氏をいつまでに作るのかという目標を決めることが失恋を忘れるためにもいい事です。

先に目標を決めて動き出していれば、彼氏との別れも次のステップに行くための一つとして考えられて、立ち直りが早くなるでしょう。

失恋準備その2:「最悪の事態を考えておく」

彼氏と別れる理由のひとつに、「環境が大きく変わるから」という人もいるでしょう。

例えば、同棲していて別れるのなら、彼氏が家から出ていくことになるでしょうし、別れる原因も浮気なのか、他の原因で仕方なく別れを選ばなければいけなかったのかもしれません。

また、もしかしたら仕事も変えなくてはならないような人もいるでしょう。

このような場合は、一番最悪な状況をとりあえず考えてみてください

最悪の状況を考えておくことで、たいていの場合は、その予想していたものよりは良い結果になって終わります。

一般的に、人間の心配事の90%は、現実には起こらないと言われています。

事前に振られるのがわかっているのですから、別れを回避するのはよっぽどのことがない限り難しいと思いますが、それでも喧嘩別れじゃなかったり、友達としては今後も会ったりする良い関係になるかもしれません。

また、傷つくことは、突然何の準備もなくその事態に陥った時によくなります。

なので、最悪のパターンをいくつも考えて、プラス対処法も考えておきます。

「最悪パターンからの回避方法」を知っておくだけで、傷つくことを極力減らすことができるのです。

怖かったり傷ついたりするのは、何も知らない、わからないからです。

あらゆる状況を考え危機管理をしておくことは、失恋の傷を深くしないためにも良いことです。

失恋準備その3:「次の恋愛のためになにをすべきか考えておく」

これは、今までご紹介してきた目標を持つことや、最悪のパターンを考えた後にすべきことです。

失恋は非常に悲しいことですが、いずれその痛みは忘れて和らいでいきます。

そして、またあなたに素敵な相手ができるはずです。

「振られる」と分かっているという事は、あなた自身にも悪かったり、反省すべき点があったりするのかもしれません。

おそらく自分の中で、どこが失敗でどこが良かったのかというのは、感覚的に気づいているかもしれませんね。

もしかしたら、彼氏から別れの原因を直接言われることもあるでしょう。

最初は辛いですが、それを肝に銘じておいて、次回の恋に活かしましょう

例えば、「太ったという理由」だったら、ダイエットをすればまた縁が戻るかもしれませんし、新しい相手が見つかる可能性だってあります。

性格や習慣、仕事の事、お金のことなど恋愛はいろいろなことで別れにつながりますが、一つずつ気をつけることでより良くなります。

人生で失恋しない人なんて、世界中でほんの一握りです。

より良い人に巡り合うための試練だと思って、ダメだった部分を改善していきましょう。

失恋準備その4:「覚悟を決めておく」

最後はメンタル面の事ですが、覚悟をしている時と覚悟をしてないときでは、何事も傷つく量が違います

急に振られればどうしていいかわからず、ストレスで円形脱毛症になってしまう人もいますし、何も食べれなくなってしまう人もいます。

ですが、振られてしまうと分かっているあなたは、まだ傷つく量は少ないでしょう。

さらに、別れるのは仕方ないと諦めるか、なんとしてでもまだ付き合っていられるようにするのか、「自分の心の中を整理しておく」ことも重要です。

まとめ

今回は、明日振られると分かっている人の「失恋から傷つく心を守る方法」を紹介しました。

別れは辛いですが、また新たな出会いも必ずあります。

そのため、しっかりと相手と話をして、お互い納得のいくようにしましょう。

そうすれば、失恋からも立ち直りやすくなります。