「恋愛の断捨離」失恋を乗り越える3つのステップ

失恋をした時、大好きだった人と離れなければならない時は、とても悲しいですよね。

特にパートナーだった人との別れは断腸の思いです。

一緒に居た期間が長ければ長いほど、傷ついた心は痛みを感じます

そんな失恋を乗り越えるには、心の断捨離、恋愛の断捨離が必要です。

傷ついた心は急激に立ち直るのではなく、段階を経て回復していきます。

失恋を乗り越えるための3つののステップをご紹介します。

失恋したという事実を受け入れる

恋の始まりはワクワクドキドキして、世界の全てが楽しく感じるほどです。

しかし、失恋してしまうと「こんなにも悲しいのか」という別世界を生きるような感覚になります。

恋愛はあなたと彼の2人で成立するものです。

相手の気持ちが変わってしまった、他に好きな人ができた、などで別れを告げられてしまったとしても、人の気持ちはコントロールすることは出来ません。

相手には相手の思いがあります。

まず、最初の段階としては、「彼の思う相手は自分ではなくなってしまったのだ」という事実を受け入れましょう。

自分と相手の境界線を引く

恋人として付き合っている期間は、相手との時間を共有することになります。

あなたの時間軸と彼氏の時間軸を共有するのです。

2人で過ごすことは、相手の世界にお邪魔することでもあるので、自分の知らない世界を体験することになります。

人は常に成長したいと願う生き物なので、知らないことを知ることが出来ると喜びになり、自己拡張という自分の世界が広がった感覚になります。

お互いが自己拡張を味わうので、会っていると楽しいしワクワクするのです。

でも、別れがやってくると、自己拡張した部分を提供してくれた存在が居なくなってしまうので、痛みを感じるし、とてつもなく寂しいと感じるのです。

しかし一度体験したことは、自分の体と感覚で記憶しているのでなくなることはありません。

むしろ自己拡張された部分は、自分の成長になっているため、恋人との別れがきても実際のところは成長しているのです。

すると、痛みや悲しみが浮き彫りになってきます。

この痛みや悲しみの正体とは、「相手に執着している」ということだけです。

執着は憎しみに変化します。

人間にとっての最終ワークは、執着を手放すことであると言われるように、人は愛と執着の境目がわからなくなるくらいです。

いくら恋人同士でも相手と自分は一心同体ではないのです。

別れてしまったら、それはなおさら別の人です。

相手に執着することは自分が一番きついので、彼と自分の間に境界線を引きましょう。

恋の断捨離をする

出来れば、相手の連絡先は「恋の断捨離」として削除することをおすすめします。

携帯に残った連絡先やメール・トーク履歴は、見返してみると「この頃はまだ幸せだったのにな…」と感傷に浸ってしまいがちです。

過去のメールやトーク履歴は、過去の記録でしかありません。

あなたが前へ進むことの邪魔になり、思っている以上に相手への執着の材料になります。

早く立ち直るためにも、ぜひ相手に関するメールやトーク履歴、相手の連絡先を削除してみてください。

執着を手放すと、心が随分軽くなりますし、次の段階が見えて来ます。

自分を愛して赦(ゆる)しましょう

意識して相手との境界線を引くことが出来ると、そこに残るのは自分です。

自分の存在だけが浮き彫りになってきます。

すると、ようやく自分の心の奥に入っていくことができます。

失恋の経験を通して、あなたは多くのことを学んでいます。

失恋したことは悪いことではなく、誰かを好きになったことや、愛する気持ちが生まれて来たこと、相手のことで悩んで傷ついた気持ち、全ては自分の大きな経験として残っていきます

そんな経験が出来た自分をたくさん愛してみましょう。

失恋した自分がダメな自分ではなく、たくさん経験することが出来た自分は凄い自分なのです。

たくさん泣いた後のハートは、喉もカラカラに乾いています。

自分のために時間を作って、自分を潤し癒してあげましょう。

傷ついた心を癒してあげる行為を、自分の為にたくさんしてあげるのです。

自分がずっとやってみたかったことをする、自分の好きなことを思いっきりさせてあげる、ちょっと贅沢かな?と思うようなことをあえて自分にプレゼントしましょう。

すると、だんだん気持ちが晴れてくるようになります。

この段階まで来たら、あなたの心はちょっと晴れ間が見えて来始めます。

心がクリアリングされていくと、もう前のように落ち込んでばかりではいられなくなります。

終わってしまった恋愛は、やり遂げた恋愛

終わってしまった恋や恋愛関係は、もうそこで何かをクリアしたという証です。

人は成長したい生き物なので、相手との関係で何か飽和が来たということになると、いわゆる卒業の時期が訪れます。

だから、振った方が勝ち・振られた方が負けなんてことでもありません。

お互い別々の道を行った方が成長できる場合は、別れも必要なのです。

あなたの本当のパートナーと出会うためにも、早く失恋から立ち直って、新しい恋の始まりにワクワクしておきましょう。

人との関係も成長していくと、次に出会った彼とは、もっとお互いを思いやることが出来る関係になっていきますよ。

Writerこの記事をかいた人

にょこ

人とはちょっと違う体験をたくさんして来ました。 恋愛、結婚を通して、自分と相手が成長出来る関係性を築いていくためのエッセンスをお伝えしていきます。