彼女持ちの男性を奪う方法!略奪愛成功のポイントとは

「彼女持ちの男性を好きになっちゃった…」

相手が彼女持ちだからって、片思いで諦めるのはもったいない!

今カノから奪うことができれば、あなたが彼の恋人になれるのです。

今回は彼女持ちの男性を、本気で略奪するための攻略法をご紹介します!

まずは仲良くなってから

彼女持ちの男性なら、最初はあなたを恋愛対象として見ていない可能性が高いですね。

まずは「友達」のポジションを使って、距離を縮めましょう。

彼の趣味や考え方を徹底的にリサーチして、それを接点に会話や会う回数を増やします。

あくまで「友達」「趣味」という名目を逆手にとって、親密になっていくのです。

自然に「気が合うな」と思わせるよう、彼好みの話題を先回りしてチェックしておきましょう。

少しずつ心を開くようになったら、恋愛の話題も取り入れていってください。

今カノの話なんて聞きたくないかもしれませんが、それが略奪成功のカギになります。

ノロケでも愚痴でも「あ~分かる」「確かにそれ○○だね」と価値観が合うことを示すのです。

「いい子だな」と思われるため、決して彼女を悪く言わないように注意してくださいね!

恋愛対象になるアプローチ方法

一気に攻略するなら、「悩みがあるから聞いて欲しい」と、二人きりの状況を作ります。

そして真剣な眼差しで、ときに涙を浮かべながら相談してみてください。

多少ウソでもいいので、他の男子のことで困っているという恋愛相談だとなおいいです。

男は、女子の弱いところを見ると「守ってあげたい」という男性心理が働きます。

さらに慰めてくれた彼に対して、アプローチの言葉でドキッとさせちゃいましょう。

「ありがとう、○○君に話聞いてもらえてよかった」
「彼女持ちじゃなかったら好きになってたかも(笑)」
「○○君の彼女はきっと幸せだね!羨ましいなぁ…」

友人でもそんな風に言われたら、女として意識するに違いありません。

それからも仕事の相談などを口実にして、二人きりの時間を作っていきます。

彼があなたのことを気にかけてくれるようになったら、脈アリと見ていいでしょう。

彼女より良いと思わせるアピール方法

メールやラインでこまめに連絡をとり、一緒に食事などをする機会を増やしてください。

仲のいい女友達の存在を嗅ぎつけた彼女は、浮気を疑って、彼と喧嘩になるはずです。

そこであなたが彼の相談をきいて、よき理解者になってください。

彼女とうまくいかないタイミングを利用して、慰める名目でデートに誘いましょう。

「大変そうだね。私でいいなら話聞こうか?」
「気晴らしにどこか付き合ってあげるよ!」
「○○君これ好きだったよね、気分転換しない?」

あくまでも奪うそぶりは見せずに、彼を思いやるいい女友達を演じるのです。

大切なのは、彼女のことは悪く言わずに、彼の気持ちに共感してあげること。

男性は、自分を理解してくれる女性をより大切にする心理傾向があります。

「この子と一緒にいた方が楽しいな」「癒されるなあ」と思わせましょう。

ただの浮気相手にならない対処法

気を付けなければならないのが、ただの浮気相手で終わらないようにすること。

今カノをしっかりと清算してもらい、ちゃんと彼の本命彼女になりたいですよね。

そのためには、キスはしても身体の関係にはならないことが大切です。

すでに体を許してしまったという人は、今からでも前の関係に全力で戻ってください。

「あなたのことは良いと思ってるけど、彼女持ちのままじゃ無理」と伝えるのです。

好きな人に対してNOを突き付けるのは勇気がいるでしょうが、心を鬼にしてください。

身体の関係を断られたからといって、その女性を嫌いになる男はいません。

むしろどんなにタイプでも、ズルズル身体の関係を持つ女は「彼女としてはナシ」になります。

「この子とは真剣に向き合わなきゃ」と思わせるのが、略奪愛成功のポイントなのです。

「告白」はしないのが正解!?

彼女持ちの男性に対しては、告白という方法はあまり意味がありません。

イエスかノーか迫っても、よほど心が傾いてない限り、選択の余地はないからです。

また告白されると受身の姿勢になってしまい、わざわざリスクを負って行動しなくなります。

彼自身の気持ちがあなたに向くまで、自分からは思いを伝えないこと。

童話の“北風と太陽”でいえば太陽のように、じっくり相手の熱を上げていきましょう。

こちらから「彼女と別れて、私と付き合って!」と迫らないことが肝心です。

というのも男性は、自分が有利な恋に対しては、努力しようとしません。

略奪愛の場合でも“男は追うよりも追わせろ”というのは鉄則なのです。

略奪愛成功後について

略奪愛に成功しても、その後にも試練は待ち受けています。

まず彼女持ちの男性が魅力的に見えるのは、彼女のおかげという場合が多いこと。

いざ自分の手に入ったら、思っていたのと違う…なんてことはよくある話です。

さらに周りの人たちからの白い目や噂に、傷つけられることもあります。

略奪愛で手に入れた人だからこそ、また別の誰かに取られる不安もあるでしょう。

彼の元カノに対する罪悪感や、復縁する可能性に悩むことだってあるかもしれません。

彼女持ちの男性を奪うということは、それだけ一筋縄ではいかないのです。

それでも略奪の道を選んだなら、すべて受け入れる覚悟で付き合っていくしかありません。

大きな覚悟を背負ってでも手に入れたい愛なら、いばらの道を進みましょう。

略奪から始まった恋愛でも、本気の恋にはハッピーエンドが待っているはずです。