モテる女子は必ず言っていた!「男性を胸キュンさせるセリフ」4選

愛されテク
スポンサーリンク

いつも彼氏が途切れない女子っていますよね。

「顔が特別可愛いというわけでもないけどモテる」という子です。

告白が成功する女子、モテる女子というのは、言葉の使い方が上手です。

男性が喜ぶセリフをさらっと言えるのもモテる女子の特徴です。

男性は女性よりもロマンチストな面もあるので、シチュエーションやセリフはとても大切です。

モテる女子というのは、男性の心の掴み方をきちんと把握しています。

今日はそんな男性を、胸キュンさせるセリフをご紹介していきます。

スポンサーリンク

胸キュンのセリフを言える関係性になっておきましょう

まずは、相手とある程度仲良くなっておく必要があります。

告白や胸キュン台詞は、仲良くなっていなければなかなか言うタイミングが来ないかもしれません。

そこまで親しくない間柄で胸キュンのセリフを言うと、少し引かれてしまうかも…。

胸キュンのセリフを言えるまでの関係性は、LINEやメールなどでしっかり事前に築いておきましょう。

お互いのことをある程度理解していると、「こんなシチュエーションが好きかも」や「こんなセリフが喜びそう」など相手の好きなテイストが掴めて来ます。

胸キュンさせるセリフを言いやすいシチュエーション

男性は女性よりも夢見がちでロマンチストな部分があります。

男性のバイオリズムも自律神経に作用されるので、昼より夜のシチュエーションを好みます。

夕方以降、ちょっとお互いにリラックスムードの中、ベストなシチュエーションで、彼を胸キュンさせるセリフを伝えましょう。

夕方以降の食事でちょっとお酒を飲んだ時

男性も女性も、少しのお酒が入ることは、心が解放的になるので、相手のことも受け入れやすくなります。

そしてお互いに人肌恋しくなって、ちょっと甘えたい気持ちや寄り添いたい気持ちが出てくるため、2人の距離はぐんと近付きやすくなります。

すると、相手もなんとなく恋愛スイッチが入るので、胸キュンのセリフを伝えると、喜びとともにあなたに対しての好感度がアップするのです。

イベント前の時期

クリスマスやバレンタインデーの前の時期は、世の中でカップルがたくさん成立しやすい時期でもあります。

なんとなく誰かと一緒に過ごしたいイベントの時は、胸キュンなセリフが伝わりやすいタイミングです。

その時を狙って彼にアプローチすると、彼も恋愛スイッチが入りやすくなります。

クリスマスの時期もバレンタインデーの時期も、シチュエーションとしては最適です。

そんな時期に胸キュンのセリフを言われて喜ばない男性はいないでしょう。

男性を胸キュンさせる告白編

シンプルかつストレートパターンでの告白

何と言ってもストレートな告白は嬉しいものです。

好きです」という台詞をシンプルにストレートに伝える、王道の告白を喜ばない男性は、まずいないでしょう。

少女漫画やドラマの1シーンのように、ストレートに「好きです」と伝える愛の告白シチュエーションは、男女ともにドキドキしますよね。

シンプルな台詞は、男性の心をぐっと掴みます。

お願いパターンでの告白

男性は頼られたりお願いされたりすることに喜びを感じます。

特に女性からの頼みは、「自分が頼りにされている」という誇りにつながるので「人から必要とされている喜び」を感じるのです。

「○○くんのことが大好きだから、彼女にしてほしい」とお願いをするパターンも、告白の成功率がぐんとアップします。

「彼女にしてほしい」というセリフは、男性にとっては「自分じゃないとダメなのか」という自尊心をくすぐる告白になって、心が満たされるのです。

男女のバランスとして、ガッツリ彼に甘えさせてもらえるカップルになるでしょう。

問いかけパターンでの告白

もう仲良くなっていて後一押し!という関係性の時は「もしかして、もう私の気持ち気付いてる?」という問いかけで告白をするパターンも、男性にとっては胸キュンのポイントです。

「もしかして、俺のこと好きなのかな?」というドキドキが与えられるので、気分が盛り上がっていくシチュエーションになります。

そして男性側も答えやすい告白の仕方です。

強気なツンデレパターンでの告白

相手との関係性がしっかり取れている人で、なかなか告白するタイミングが見つからないときは、どうしたらいいのでしょうか。

そんな時は、苦し紛れに「私が好きなこと気付いてるくせに!」という照れ隠しのようなツンデレのセリフで告白することも、男性にとっては胸キュンのポイントです。

少女漫画やドラマでも少々強気な女の子は人気です。

強気だけれども、実は大好きというのが胸キュンのセリフになります。

ただし、ストレートな男性は、このツンデレパターンの告白が苦手な人もいます。

そして意味を汲み取れない場合もありますので、ツンデレの告白が効きそうな相手かは、前もってリサーチしておきましょう。

あざといくらいを狙っていきましょう

胸キュンなセリフを男性に伝える時は、恥ずかしい気持ちも湧き上がって来ます。

自分で自分にツッコミたくなるような恥ずかしい気持ちもあるかもしれません。

でも男性は、ちょっとあざといくらいのセリフの方が、胸キュンに繋がることも多いです。

シチュエーションとセリフは重要です。

しっかりシミュレーションして、胸キュンなセリフを伝えて、彼と甘い時間を過ごしてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
愛されテク
シェアする
ラブベイト