【悪用禁止・恋愛心理学】男心がわかってる!と思われる女性になる方法

「恋愛は難しい……」

恋する女性は、常にこんな悩みを抱えています。

それは、「好きな人の本音がわからない」からではないでしょうか。

「男心が透けて見えれば、どれだけ楽か…。」

そんな風に悩んでいるなら、恋愛心理学を勉強してみませんか?

もちろん、悪用は禁止です。

”ちょこっとだけ彼の心を覗く…”そんな気持ちで使ってみましょう。

男心が見える恋愛心理学

彼が何を考えているのかわからない。

男心が知りたい。と思ったときは、恋愛心理学に頼ってみるのも一つの手です。

これからご紹介する心理学は、彼の本音を聞き出す一つのツールだと思ってください。

ホープフル・クエスチョン

男性はざっくりとした質問をすると、言葉を濁して流す傾向があります。

たとえば、「どんな人がすき?」と聞いたとき、「ん~…」となかなか明確な答えがでてきません。

すると女性は、どんな女性が好みなのか知りたいだけなのに!とヤキモキするはず。

そこで、ホープフル・クエスチョンを試してみてください。

「hopeful(ホープフル)」は、希望に満ちた…という意味があります。

一例をあげると…

たとえば、あなたが勝気でアクティブな性格だったら、彼の恋愛対象に入っているのか気になりますよね?

そこで、「ちょっと強気な女の子って可愛いと思わない?」「ツンデレって萌えるよね?」

と、質問をしてみます。

この時のポイントは「あなたもそう思うよね」と、希望をこめて質問をすることです。

すると彼は「そうだね」とか「いや、そうでもないよ」と答えてくれるはず。

彼が「そうだね」と言えば、彼は少なくとも強気な女性に惹かれるということがわかります。

はっきり答えを出さない男性だったら、「聞きたいこと」「気になっていること」をホープフル・クエスチョンにして聞いてみると、彼の本心を聞き出すことができますよ。

ネガティブ・クエスチョン

男心が知りたくて聞き出そうとするけど、意外と男性は本音を語ってくれません

それもそのはず。。。

大なり小なり男性は、プライドが高く傷つきやすい人が多いからです。

自分の本心を見せることで、嫌われたり軽蔑されたりすることを極端に嫌がります。

そんな彼には、ネガティブ・クエスチョンがおすすめ。

「negative(ネガティブ)」は、否定的、消極的といった意味があります。

一例をあげると…

「身長の高い女の子ってモテないよね?」
「やっぱり、小さい女の子の方が可愛いもんね?」

と、「モテない」などのネガティブなワードで質問をします。

身長差なんて気にしていない男性は「モデルみたいで好きだけどな」と言ってくれるかもしれません。

逆に、身長を気にしている男性なら「確かにそういう男、多いよ」と肯定するでしょう。

ネガティブ・クエスチョンの良いところは、男性のプライドを傷つけないということ。

たとえば「身長高い女の子ってどう思う?」と聞かれたとき、

本当は好きじゃないけど、本音を話したら「身長コンプレックスって思われると嫌だな…」と気にして、本音を隠してしまうことがあります。

結局、答えの中に本心がでてきません。

ところが、ネガティブ・クエスチョンだと、すでにあなたが「モテないよね」と否定していることから、男性も同意見だったとき「そうそう」と肯定しやすくなるのです。

つまり、より信憑性の高い答えを聞き出すことができるという事です。

また、ネガティブ・クエスチョンに併せて理由を付け加えておくことで、男性はより本音で答えようとしてくれますよ。

ニュートラル・クエスチョン

「neutral(ニュートラル)」は、ホープフルもネガティブもどちらにも属さない、中立を意味します。

一例をあげると…

「あの子、顔は可愛いのにすぐに彼氏と別れるんだって。何か問題でもあるのかな?」と、彼に考えさせるような質問をします。

①:「性格が悪いのかも」
②:「男癖が悪いのかな」
③:「体の相性が悪いんじゃない」

と、答えるようであれば彼の本心は・・・

①:「性格を重視したい」
②:「浮気された過去がある」
③:「SEXの相性が大事」

ということになります。

自分が欲しい答えを、より具体的に聞き出したいなら、ニュートラル・クエスチョンです。

彼が、恋愛をする上で何を1番大切にしているのかが見えてくるはずです。

アプローチ方が見えてくる

好きな人の本心がわかれば、おのずとアプローチ方法が見えてきます。

どれだけ好意を寄せた好きな人だといっても、やはり他人同士という事に変わりありません。

まさに「セロリ状態」。

育ってきた環境が違うのですから、ひょんなことで男と女はすれ違ってしまうもの。

彼の本音を見抜くことができなければ、他人同士うまくいくものもうまくいかなくなってしまうのです。

恋愛心理学は、正しく使えば、好きな人との関係性を良くしてくれます。

そして、「男心がわかってるな~!」と思わせるためのテクニックでもあります。

ここで間違って欲しくないのは、彼をコントロールするために使おうとすること。

彼の心の奥底にある本音を、聞き出しやすくなる恋愛テクニックのひとつとして、困ったときに試してみてください。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。