【男性心理】好きな人と会えない時、男性は何を考えているの?

好きな人に会えない時間が続くと、寂しさのあまり一日千秋の思いになる女性は多いはず。

でも、彼はどうなんだろう?私と同じ気持ちなのかな?

今回はそんな不安を持つ女性のために、好きな人と会えない時の男性心理について詳しく解説していきます。

好きな人に会えない時に働く男性心理

寂しいけれど、前向きに考える

「恋愛と仕事や趣味は別」と考える

片思いをして好意を寄せている、あるいは付き合っている女性となかなか会えない時、やはり男性も女性と同じように「好きな人に会いたい」と考えます。

ですが、そういった気持ちを持つ一方で、恋愛と仕事や趣味を分けて考えている男性は少なくありません

これはつまり、「好きな人に会えないのは寂しい。その分仕事を頑張ろう」「この日は友人と会うことにしよう」など、会えない寂しさを原動力に変えたり、他のことに時間を割こうという風に考えたりしているということ。

カップルの場合だと、そういった男性は基本的に「付き合っているのだから会えない時間があっても大丈夫」と相手を信頼しています

寂しい気持ちはもちろんあるけれど、会えないことに対してネガティブにならず、その時間をうまく有効活用しようとポジティブに考えているわけです。

「会いたい」とじれったい気持ちになる

反対に、寂しさが募って「今すぐに彼女に会いたい」という気持ちが強まる男性もいます。

そういった男性は、彼女のことが好きだという感情があふれて、無理にでも会う時間を作り出そうとより仕事に精を出すようになります。

出会ったばかりの男女や、付き合って間もないカップルなどは特にこの傾向が見られます。

会えない時間も彼女のことを考え、毎日のように二人で経験したことや感じたことなどを反芻していると、相手への愛情はさらに深まるばかり。

そういった状態でいざ2人で会う時間ができたら、きっと喜びもひとしおです。

寂しさや辛い気持ちが強まるあまり…

独占欲がわき、嫉妬や不安を覚えるようになる

中には、相手への感情が強まりすぎて、会えない時間に彼女が何をしているのかを気にするようになる男性もいます。

「自分ばかりがこんな気持ちになっているんじゃないか」「自分の知らないところで彼女が他の男と会っているんじゃないか」など、会えない時間が長引けば長引くほど、このタイプの男性の負の感情や疑念は深まっていってしまうのです。

ここまでくると、彼も仕事に精が出るどころか身が入らなくなり、思考回路はどんどん悪い方へ向かっていくので注意が必要です。

相手への愛情が薄れる

会えない時間が長引くと、それだけ冷静に物事を振り返る時間も増えます。

過去を振り返ったときに愛を確認したり、さらに愛が増したりする男性がいる一方で、あの頃の感情を忘れてしまう男性がいるのもまた事実

こういった男性は、付き合いたての頃の気持ちを忘れたまま長い時間が過ぎた場合、最悪浮気をするようになる可能性があります。

会えない間彼女が気をつける&やっておくべきこと

気をつけること

夜遊び報告などは極力避けて

嫉妬深く独占欲が高い男性の場合、彼女が他の男性が関わってくるような形で遊び歩くのを嫌がる傾向があります。

その男性と恋人という関係を続けたいのであれば、女性は夜遊びの報告はしないのが無難です。

彼の気持ちを探りたい、試したいがために、あえて相手を不安にさせるような言動をする女性も中にはいますが、良好な関係を築いていきたいのならこういった行為は避けるべきです。

その意図がバレてしまった時にかなり気まずくなりますし、最悪の場合別れ話になってしまう可能性だってあります。

男性はプライドが高い生き物。

嫉妬深い彼氏の心は敏感なので、時にはあなたが配慮することも大切です。

相手があなたに対して不安に思っている時は、「離れていても気持ちが揺らぐことはない」ということをあなたから伝えるようにしましょう。

「自分だけが寂しい」と悲観的になって相手に当たらない

女性にありがちなのが、「寂しいと思ってるのは私だけなんだ」「彼は私に会えなくても寂しいだなんて思ってないんだ」という不満が出てくること。

これは「自分は相手を愛しているのに相手は私を愛してくれていない」という気持ちに発展してしまうので、注意が必要です。

特に、女性が「寂しい」と口にするのがお決まりになっているカップルの場合、男性は女性のフォローに回ることが多いです。

「彼女が落ち込んでいる=自分が励まさなければならない」、「自分の弱いところを彼女に見せられない」という男性心理が働いて、自分が寂しいと思っていても言うタイミングを逃してしまうのです

「寂しい」と思っているのは、何もあなただけではないかもしれませんよ。

表面上の様子を見てそのまま受け取るのではなく、彼が出している小さなサインを見逃さないようにしましょう。

やっておいた方がいいこと

お互いの予定を共有する

会えない時間に彼女がどのように過ごしているかが気になる、という男性もいます。

仕事や友人との予定などをさりげなく相手に伝えておくと、男性も安心しますよ。

また、女性からもしつこくならない程度に男性の予定を聞いてみるといいでしょう。

会えない時間が長引いても、お互いに今相手はこういうことをしているんだ、という気持ちが共有できれば、それが関係維持にもつながります。

他の趣味を見つける

恋愛中心で日々を過ごしている女性は、恋愛がうまくいかなくなると生活に影響が出てきがち。

仕事にも集中できなくなり、精神が不安定になって、友人知人と会っても恋愛の愚痴ばかり。

「彼に会えない」という状況も、そんな女性にとって大きなストレスの原因となります。

その気持ちを抑えることはなかなか難しいことかもしれませんが、そのままでは周囲の人に迷惑が掛かりかねません。

何より、自分の精神衛生によくありません。

ジムに通う、習い事を始める、映画やライブ、コンサートなどに出かけるなど、他の趣味を見つけることで、一旦恋愛から距離を置いてみましょう。

他に打ち込める、熱中できる何かを見つけると、不思議と恋愛に対してもまたポジティブな気持ちがわいてきますよ。

男性から「もっとデートしたい」と思ってもらうためには?

普段から少なすぎず多すぎない連絡を心掛ける

LINEや電話で軽い一言二言のやりとりをするのは、お互いの気持ちを再確認する意味でもおすすめな方法。

お互いに忙しい場合、なかなかそんな時間も見つけづらいかもしれませんが、「おはよう」「おやすみ」といったあいさつや、相手をいたわる言葉をかけることは、自分の気持ちが変わらず相手に向いていることのアピールにもつながります。

といっても、日に何十件もLINEを送ったり、真夜中に電話をかけたりするのはNG。

自分本位に寂しさをまぎらわせようと行動するのではなく、相手への思いやりをもったやりとりを心掛けましょう。

ただ、中にはそういった連絡がかえって負担に感じる男性もいますので、どのようなやり方が自分たちに向いているのか、一度二人で話し合ってみるといいでしょう。

こういった日々のやりとりから、相手の「会いたい」という気持ちがさらに強まっていきます。

会えたときの時間を大切に、笑顔いっぱいで過ごす

なかなかデートできない日が続き、やっと会えた時には、やはりお互いが嬉しく感じるもの。

男性は、彼女が自分と会って喜んでいる姿に満足感を得ます。

そして「もっと彼女を喜ばせてあげたい」という男性心理が働くのです。

なかなか会えない関係だからこそ、会えた時はとびっきり楽しく素敵な時間を過ごせるよう、笑顔で彼と接するようにしましょう。

会えない時間も大切

今回は「好きな人と会えない時の男性心理」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

仕事や遠距離恋愛などの理由でなかなか会うことができないカップルにとって、会えない時間はとても寂しいもの。

その気持ちに男女の差はありません。

ついつい、自分ばかりが寂しい思いをしていると思いがちですが、相手の気持ちにも耳を傾けるのを忘れないようにしましょう。

そして、久しぶりに会った時にお互いの変化や成長を見せ合えるような関係になっていけば、二人の未来もぐっと見えやすくなってきます

お互いに尊敬の気持ちを持ち、成長を促しあう恋愛関係を続けていくことで、彼も将来のことについて考え、結婚を意識し始めるようになっていきます。

彼と会えない時間は自己投資の時間だと割り切って、自分のための時間を充実させて、胸を張って彼の彼女でいられるような女性を目指していきましょう。

Writerこの記事をかいた人

にょこ

人とはちょっと違う体験をたくさんして来ました。 恋愛、結婚を通して、自分と相手が成長出来る関係性を築いていくためのエッセンスをお伝えしていきます。