顔じゃなくてここを見よう!男選びで気をつけたい5つのポイント

男選びの際につい気になってしまうのは顔がタイプかどうかだと思います。

しかし、顔さえ良ければいい男をつかまえたなんて言えるでしょうか?

いい男とはどんな人なのでしょう。

気をつけたいポイントをまとめてみました。

話の受け答えでわかる相手の価値感や育ち

上手な男選びの方法として、気になる男性との会話から相手の価値感を探るというものがあります。

「○○っておもしろいよね!」と話を振った時にノってくればツボが似ている証拠であり、一緒にいて無理せずいられる存在になるでしょう。

その時に賛同した様子が無理しているようであれば、嘘をついたり取り繕うタイプの人かもしれません。

そのため、賛同されたかどうかだけではなくその言い方にも注意して見てみてください。

受け答えからわかるのは相手の育ち方もそうです。

恵まれた家庭環境で育った男性なら穏やかな考えを持っていることが多く、ずけずけと意見をぶつけてきたりしませんし、親や兄弟を蔑むような発言もしません。

育ちを知って結婚も視野に入れたいのであれば受け答えの際に見えるわずかな毒っ気にも注目しましょう。

仕事への情熱を知ることで尊敬できるかどうかが分かる

仕事への情熱を知れば男性として尊敬できるかどうかもわかります。

仕事を頑張る男性なら同じように仕事を頑張る女性に対しても理解があることが多く、忙しくて急にデートをキャンセルするようなことになってもわかってくれるはずです。

仕事に熱中している男性との交際は予定こそ合わせにくいですが、仕事と恋愛の両立にストレスがかかりません。

まれに仕事を頑張る男性だからこそ結婚後は家庭に入って支えて欲しいなどと言ってくることもあります。

しかし、それは家庭を守ってくれそうだと信頼されているからこそ言えることばなので、最初から抵抗を覚えるのではなくじっくり話し合うようにしましょう。

仕事を頑張る男性とならちょっと贅沢なデートや家計に余裕のある結婚生活も送れそうですね。

思いやりを「いつも」持っているかどうか

お付き合いをしていく上で男女双方に欠かせないのが「思いやり」です。

まったくの他人同士が一緒になるわけですから、ときには価値観や考え方の違いで衝突してしまうこともあります。

また、どちらかが仕事や個人的な事情でつらいことがある場合には二人の恋愛を優先できないときもあるでしょう。

そんな状況になったとき、相手の気持ちを考えずに自分の意見ばかりを正しいと主張したり、一人になりたいと思っている彼女に自分の気持ちを押し付けるような男性とは良好な関係を築くのは難しいかもしれません。

相手の気持ちを思いやることができる男性であれば、たとえ喧嘩をしたとしても自分の感情ばかりではなく彼女の気持ちも汲み取りながら話し合うことができるでしょう。

彼女がつらいときにはそっと寄り添ってくれる包容力にも優れているはずです。

そのような男性を見極めるためには、彼が「いつも」思いやりを持っているかどうか観察してみてください。

なかには女性にアプローチをするときには優しくてもお付き合いが始まると人格が変わってしまう男性もいます。

付き合う前のデートで女性が遅刻してしまったときや、レストランの店員さんがミスをしてしまったとき、車が渋滞に巻き込まれてなかなか進まないときなど、トラブルが起こった時にも思いやりを持った行動ができているかどうかチェックしてみるとよいでしょう。

長く付き合うなら習慣を知っておくのも大切

男選びの際、長く付き合いたいと思うなら相手の習慣を知っておくのも大切です。

付き合う前や付き合いたての頃は無理にこちらに合わせてくれることもありますが、付き合いだすと途端にわがままに自分を主張してくる男性もいます。

その時がっかりしないように早いうちからわかっておくと自分に合う男性かどうかの判断も楽になります。

ささいなことからケンカや誤解が生まれるものです。

生活習慣や趣味が理解できれば交際にも影響はありません。

変わった習慣を持っているならなおさら時間をかけて慣れていく必要があります。

お金の使い方を知っておかないとトラブルの元になる

気になる男性が現れたらお金の使い方を知っておくとトラブルの元になりません。

ギャンブルをする人なら非常事態に大胆な決断をする危険な性格の人かもしれませんし、単に浪費家かどうかを知る以外に相手の性格や生き方を覗けます。

得たお金を残さず使って今を楽しむ生き方が好きな人には貯金に励む堅実な男性はつまらないでしょう。

逆に、貧しく育ったような倹約家な女性なら豪快にお金を使う男性は理解できません。

お金の使い方が一致していないとお互いのデートでもトラブルになりやすいものです。

「こんな安っぽいプレゼントしかくれないケチな男!」と思うか「安くていい買い物ができる賢い男!」と思うかは人によって違います。

さらにお金の貸し借りのトラブルまで起きてしまうと相手を嫌いになってしまったり依存し合うようにもなってしまいます。

まとめ

男選びで気をつけるべきことは「自分にとってのいい男かどうかを見極める」ということです。

顔が良くても価値感が違えば一緒にいて辛く感じる瞬間が訪れますし、かっこいいというのはどういうことなのかよく考えてみてください。

顔が良くても生き様がかっこ悪い男もたくさんいます。

そんな男にひっかからないようにしましょうね。