「大好きな上司」にさりげなく気持ちを伝える4つのサイン

片思い
スポンサーリンク

職場の上司を好きになったとき、どうやってアプローチをしたらいいのか悩みますよね。

社内恋愛。そして上司に恋をしたとなると周囲の目も気になるはず。

大好きな上司に思いを伝えたいと思っているあなたのために、さりげなく気持ちを伝えるための4つのサインをご紹介します。

スポンサーリンク

まずは信頼関係を築く

職場恋愛は、仕事を通しての判断も大きく影響します。

仕事に対しての意識、態度があなたを評価する基準になります。

「好き」や「振り向いて欲しい」といった恋愛の前に、まずは上司から信頼される存在を目指すことが第一です。

「仕事を見ればその人の人間性がわかる」と言われるように、仕事には人柄が出てしまいます。

職場では、出勤時から退社時までずっと人間性をさらけ出す場所です。

毎日、出勤時間が遅い、遅刻気味など時間にルーズな場合、人としての信頼を失っている可能性があります。

遅刻をする人は、仕事のミスも多いので注意しましょう。

日々の仕事の中でも、常にあなたは評価されています。

上司に頼まれた仕事は、納期を守り期日までにしっかり終わらせる、ミスがない丁寧な仕事をするなど、上司との仕事上の信頼関係を積み上げていきましょう。

信頼関係を積み上げて行くのは時間がかかりますが、壊れてしまうのは一瞬です。

職場恋愛がしたいと思うならば、仕事に対して真摯な態度で臨んでおきましょう。

とにかく仕事をする

職場は仕事をするところですので、一生懸命働いている人のことは好意的に見るようになります。

あなたが真剣に働いている姿を見ると、会社の人はあなたを認めるようになります。

特に男性は仕事を人生の大きな軸にしていますので、同じように真摯に仕事に取り組むことが出来る部下に対して好感度が上がっていきます。

まずは、目の前の仕事を一生懸命し、周りへの気配りも忘れないようにしましょう。

職場の上司は、一生懸命に働く人のことを応援したいという心理があります。

こうして頑張る人は、上司からの信頼も厚くなるため、話す機会も次第に増えて行くでしょう。

頑張る姿を見せることが、上司へあなたの存在をアピールするサインになります。

上司の仕事の手伝いをする

自分の仕事をきちんとした上で、上司の仕事もフォローできるようになりましょう。

自分の仕事に区切りがついたら、大好きな上司のところへ行って「何か手伝えることがあったら仰ってください」と聞いてみるようにします。

手伝えることがあれば、上司との信頼関係を築くことが出来るチャンスです。

ただし、ここで自分の仕事に手を抜いてしまっては、上司だけでなく会社全体に迷惑をかけることになります。

自分の仕事は責任を持って取り組み、早めに終わらせて上司の手伝いをするようにしましょう。

例え、手伝えない場合でも「何か私に出来ることがありましたら、声をかけてくださいね」と伝えておくと、頼みたいことが出来た時にあなたの事を思い出してくれるでしょう。

「上司の手伝いをしたい」という熱心さは、大好きな上司への好意を伝えるサインになります。

上司に悩みを相談する

ちょっと勇気を出して、上司に仕事上の悩みを聞いて欲しいと相談してみましょう。

男性には「頼られたい」「力になりたい」という心理がありますので、相談を持ちかけられることは嬉しいことなのです。

相談と言っても、いきなりあなたのプライベートな相談をするのではなく、仕事上の相談をする方が自然です。

仕事の相談と言っても「もう仕事を辞めたい」などのネガティブなことはタブーです。

自分の仕事がどうやったら効率よく出来るようになるか、仕事がレベルアップするためには何をしたら良いか、など前向きな相談をすることがおすすめです。

上司は仕事上の先輩ですが、年上男性として人生の先輩でもあります。

「総合的なアドバイスをお願いしたいです」と添えて相談して見ましょう。

この時、どこかで食事をしながら相談できればベストです。

ランチや食事をしながら相談という名目で大好きな上司と会うことが出来ると、二人の距離を縮められる可能性があります。

何度か社外で会うようになってくると、やがては上司の方からあなたを食事に誘ってくれるようになるかもしれません。

このレベルになると、上司もあなたに好意を持っている可能性があり、かなり脈ありでしょう。

まとめ

大好きな上司にさりげなく気持ちを伝えるための方法をまとめてみました。

上司は職場の先輩、やっぱりあなたの仕事をする姿を見ています

まずは、一生懸命仕事をして上司との信頼関係を築くことから始めましょう。

大好きな上司と一歩進んだ関係になるためには、仕事のスキルアップをして行くことが1番の早道になります。

上司に相談を持ちかけ、二人でランチや食事に行けるようになると、さらに距離が縮まる可能性があります。

上司も自分を頼ってくれる部下がいるということは嬉しいのです。

好き好きアピールよりも、まずは一生懸命働く姿で上司にサインを送ってチャンスを待ちましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
片思い
シェアする
ラブベイト