遠距離恋愛は「会う頻度」が重要なのではない。平均頻度に踊らされない。

トラブル・別れ
スポンサーリンク

大好きな人と遠距離恋愛をしている人

遠距離恋愛をすることになった人

遠距離恋愛中には「会う頻度をどれくらいにするのがベストなのか」という疑問があります。

遠距離恋愛中のカップルと言っても、二人の離れている距離、お互いの職業、生活環境によってカップルごとに会う頻度が違います。

離れていても二人の関係が長く続くために会う頻度、デートの回数って一体どれくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

社会人同士の遠距離恋愛

好きな人と近くに住んでいたら「毎日でも会えるなら会いたい」と思いますが、遠距離恋愛の場合はそういうわけにもいきません。

社会人同士のカップルが遠距離恋愛をすることになった場合、まずは二人の会う頻度を決めていきます。

お互いが離れている距離、交通手段、生活背景や仕事状況を考え、二人の予定をすり合わせながらデートの日にちを決めます。

忙しい会社で働いている人なら土日が休みではない可能性もありますし、逆に平日はとても忙しく土日しか休みがない場合もあり、仕事状況によっては二人の休日がすれ違いになってしまうこともあります。

また、休みの日を全てデートの時間に充てられるというわけでもなく、仕事がある日に出来ない用事を済ませたり、友人との予定が入っていたりすると、恋人と会う時間をゆっくり確保することが難しくなる場合も多くなります。

二人の休みが重なることも重要ポイントですが、お互いが予定を合わせてデートする時間を作るようにしなければなりません。

社会人同士の遠距離恋愛は学生の時とは違い、なかなか会う時間がなくなってしまいますが、その分二人が会えた時の喜びはとても大きくなり、お互いを愛しく思う気持ちが膨らんでいくのです。

お互いの距離によって会う頻度は違う

遠距離恋愛中のカップルの中には、国内だけではなく海外で遠距離恋愛をしている人たちもいます。

海外では必然的に飛行機に乗らないと会えないほど、二人の距離がとても離れていますし、国内でも新幹線を駆使して、乗り継いで利用しないと会いに行けないという人たちもいます。

それほど距離が離れているカップルの場合、年に会う頻度は、半年に1回ずつ、3ヶ月に1回ずつと様々です。

隣県同士での遠距離恋愛の場合は、月に2回デートすることが出来るというカップルもいますし、東京から大阪間など、交通の利便性がいい場所での遠距離恋愛では、月に1~2回デートするといカップルもいます。

この様に、一般的に言われている平均頻度に合わせるのではなく、お互いの経済面や距離感を考慮して、2人の会う頻度を見つけることが大切です。

二人で話し合い決めていくことは、お互いの信頼関係をより深めて、遠距離恋愛が今よりももっと楽しくなるはずです。

会う頻度だけではない、交通費も考慮しよう

距離が離れた場所に住む遠距離恋愛カップルは、会う頻度の調節だけではなく、交通費を貯金することもしっかりと考えておきましょう。

また、デート代も必要になって来ますので、デート代プラス交通費を捻出しなくてはなりません。

遠距離恋愛は気持ちを維持するだけでなく、経済面や時間面でも二人で頑張っていかねばならないのです。

遠距離恋愛を長続きさせるコツは、二人の収入バランスも考慮し、交通費を払う割合が公平であることもポイントです。

経済面でどちらかに負担がかかりすぎないようによく話し合って、二人の時間を作るようにしていってくださいね。

遠距離恋愛の会う頻度について~まとめ~

遠距離恋愛中のカップルが会う頻度については、それぞれカップルの状況で全く違うということがわかりました。

「みんなが月に1回会っているから」という周りの言葉に踊らされて、デートをするのが難しい状況なのに「1ヶ月に1度は会わなきゃ!」とわがままを言ったり無理をしたりするのは違います。

恋愛は遠距離恋愛でもそうでなくても、それぞれのペースで二人の信頼関係を築き、愛を育んでいくことが大切です。

なかなか会えないカップルであれば、会えない状況の中で二人の信頼関係を築いていく過程を楽しむのも、遠距離恋愛だからこその楽しみ方です。

会えない時間も楽しみながら、実際に会えた時はお互いを思いやり、心から楽しむことが出来たら、会う頻度は少なくても二人の関係は幸せなはず。

遠距離恋愛は、お互いを信じる気持ちを育てる大きなチャンスです。

離れている間に「ずっとこの人と一緒に居たい」という思いが強くなり、遠距離恋愛から結婚へつながるカップルも多くいます。

遠距離恋愛中は会う頻度にこだわりすぎずに、会えない時間も2人でたくさん愛を育んでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トラブル・別れ特集
シェアする
ラブベイト