カップルの実態!彼女がデートをドタキャンする3つの理由

仲良くしたい
スポンサーリンク

あなたは彼女にデートをドタキャンされたことがありますか。

前もって予定を合わせて、会うことを楽しみにしていたのにも関わらず、言い訳とともにドタキャンをされると不安が頭をよぎりますよね。

今回は、彼女がデートをドタキャンする本当の理由について迫っていきます。

難しい女心を知ることで新たな解決策が見つかりますよ。

スポンサーリンク

ドタキャンの理由その1

「どうしても断れない女同士の約束事が出来たから」

彼女にデートをドタキャンされたとき、理由として女友達が出てきたことはありませんか。

女同士の友達関係は非常に複雑で、特にグループで動くことを好む女性は、イベントに参加したがります。

「自分だけ参加しない」ということから、ポジションを失うことを恐れる女性は、グループに対してかなり執着があり、一緒にいることで自分の価値観を底上げしてくれる存在だと思っているのです。

だからこそ、女友達からのイベントを断るということは、居場所を失うもしくはポジションが安定しなくなるというリスクを抱えてしまいます。

そのため彼氏とのデートよりも、女友達とのイベントを優先させてしまうのです。

正直に「居場所を確保するために行きたい」とは言いにくいことから、「言い訳」して何とかして言い逃れようと考えます。

仲良くしているように見えて、実はシビアな女性同士の関係性があることを念頭において、ドタキャンされたことは100歩譲ってとがめないこと。

そして、彼女が抱えている不安を上手に聞き出して本音を探ってみましょう。

女性は話を聞いてもらえるだけで、精神が安定して落ち着いた判断力を取り戻します。

彼女の事情を知り、ドタキャンしたことに傷ついているんだろうなと察してあげましょう。

そこまで行けば、彼女はあなたの気持ちに配慮し、すんなりと次のデートの約束を交わすことができます。

彼女の本音を聞き出せる技量こそが、彼女の心理を理解できる「出来る男」への近道となります。

ドタキャンの理由その2

「生理痛がひどくて動けない」

生理痛のひどさは、個々体質にもよりますが、これを言われたら無理にデートに誘うことはやめた方が良いでしょう。

生理前から生理中にかけて、女性はホルモンバランスが乱れて、考え方がネガティブになったり、イライラしやすくなったります

動きたくても、ベッドから這い上がれないほどの痛みに襲われることや、腰が砕けるほど痛いという、言葉そのものの状態にあります。

いくら病気ではないといえども、それほど自分の意思とは関係なくやってくる辛くきつい痛みに耐えている彼女の気持ちを、配慮して気遣っていることが伝わるような言葉をかけてあげましょう。

もし、動けないほどの痛みを伴っていなくても、「メイク」や「ファッション」を気にしてオシャレに力を入れるよりも、家でゆっくりと身体を休めてストレスを増やさない過ごし方をする方が、楽だと考える女性も少なくありません。

彼女の体調と周期を知ることで、デートの日程決めもスムーズになり、ドタキャンを免れることが出来るのです。

生理が理由でドタキャンされた場合、男性に対して好意があるからこそ、正直に伝えています。

彼氏だから「きっと私の辛さを理解してくれるはず」と信頼の気持ちをもっていることを忘れてはいけません。

ドタキャンされたからとムスっと拗ねるのではなく、広い心を持って接してあげましょう。

ジェントルマンな接し方が出来る男性は「カッコイイ彼氏」といわれますよ。

ドタキャンの理由その3

「同じデート内容ばかりでうんざり」

彼女とのデート内容を工夫していますか。

同じ場所に行ってばかりで、ネタが尽きてしまっていないか思い浮かべてみてください。

もしかしたら、彼女はデートに飽きてしまっているかもしれません。

そんな時は、ちょっと遠くへ出かけることや、旅行に行く機会を作ってみましょう。

新鮮味のある新しい「環境」があるところにいくことで、彼女の好奇心を刺激するだけでなく、二人の新しい思い出作りになり、充実した時間を過ごすことが出来ます。

「計画立てが大変」だとか「遠出はちょっと…」などと躊躇していてはもったいないですよ。

アクティブに動ける人は、家庭でも積極的に家事を手伝い、家族サービスが出来る理想の父親像を兼ね備えた人なのです。

将来を見据えてずっと彼女の本命でいられるように、彼女を喜ばせる最高の彼氏で居続けましょう。

まとめ

彼女がデートをドタキャンする3つの本当の理由、いかがでしたでしょうか。

一見気難しそうに見える女性の心理ですが、相手の状況や行動をよく観察・理解して的確なコミュニケーションを取るだけで、彼女の心をグッとつかむことが出来ます。

あなたが大切にしている、絶対に手放したくない愛する彼女との幸せなひと時を作り上げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仲良くしたい
シェアする
ラブベイト