辛い…。彼に「遠距離恋愛が疲れた」と言われたけど別れたくない時の対処法

遠距離恋愛をしている彼氏から「もう疲れた…」という一言。

その言葉が出たなら、二人の関係をもう一度見つめ直すタイミングです。

「疲れた」なんて言われたら、彼女としては辛いですよね。

遠距離だからって別れたくない!というあなたに、対処法をご紹介していきます。

遠距離恋愛に「疲れた」という本当の理由

会いたくても会えない

遠距離恋愛で一番辛いのが、会いたくてもすぐに会えないということですよね。

寂しいときはもちろん、喧嘩になってしまっても、会って解決することができません。

些細なことですれ違いが続いてしまい、もどかしい状態になることもあるでしょう。

いろいろな感情が積もり積もっていくうちに「もう疲れた…」となってしまうのです。

彼女から頻繁に「会えなくて辛い」と泣きつかれるのも疲れるので、泣き言はほどほどに。

遠距離恋愛はお金がかかる

遠距離恋愛だとどうしても避けられないのが、会いに行く交通費です。

車のガソリン代や電車・飛行機のチケット代も、毎回だとかなりの出費になります。

会う頻度が少ない分、気合いの入ったデートをしたいとなれば更にお金がかかりますね。

金銭的な負担が大きいせいで、会うこと自体、気が重くなってしまうのかもしれません。

お互いに社会人であれば、彼氏の負担が減るように、割り勘にするのもいいでしょう。

周りのカップルが羨ましい

家が近くて気軽にデートしている他のカップルを見ると、羨ましさが募りますね。

友達カップルの話を聞いていて、自分たちの状況が悲しく感じることもあるでしょう。

「距離さえなければ…」と歯がゆい思いが重なると、だんだん虚しくなります。

寂しいのはお互い様ですから、彼女から「友達が羨ましい」と言われるのも辛いはず。

あなたへの気持ちはあっても、もどかしい恋愛の形に疲れてしまったのかもしれません。

浮気を疑われるのが辛い

相手を信じたいのに、嫌な想像をして、居ても立っても居られない日もあるでしょう。

不安なのはお互い様ですが、男性が浮気を疑われるケースの方が圧倒的に多いです。

彼氏側が一途であるほど、何もしていないのに疑われてばかりいると不満が積もります。

遠距離恋愛はお互いに信頼関係がないと、どんどん暗雲が立ち込めていくもの。

潔白を証明することさえ難しいので、信用されていないと感じると疲れ果てていくのです。

連絡するのがしんどい

会えない分こまめにメールやラインを送り合ったり、電話の約束をするカップルもいます。

しかし連絡頻度をキープしようとすることが逆に負担となり、疲れる原因になることも。

忙しくて連絡できないことを責められて、喧嘩に発展するケースもあります。

そのうち楽しみだったはずの連絡が、いつのまにか義務感にすり替わってしまうのです。

仕事で余裕がないときもあるので、ルールや頻度を決めない方がいいのかもしれません。

遠距離恋愛で「疲れた」という彼氏の心理

遠距離恋愛で彼氏が「疲れた」と言葉にするときは、意味があります。

言葉の裏に隠された彼氏の心理は一体どういうものでしょうか。

遠距離に疲れた場合

あなたへ不満があるわけじゃないけれど、遠距離恋愛することに疲れたパターンです。

会えない辛さや色んな負担から「今の形で付き合い続けるのは難しい」と考えています。

この場合、彼氏の中で“あなたとこの先の未来を想像できるかどうか”が鍵です。

今は離れていても将来を思い描ける相手なら、何らかの解決策を考えようとしているはず。

彼の気持ちに共感を示して、一緒に突破口を探してみるといいかもしれません。

あなたに疲れた場合

あなたからの泣き言や干渉、わがままを言われることに疲れたパターンです。

遠距離が辛いのはお互い様なのに、一方的に不満をぶつけてはいませんでしたか?

関係を修復しにくい状況で、あなたへの疲れを口にするなら、別れを考えている可能性も。

かなり危うい状態なので、今が最後のチャンスと思った方がいいかもしれません。

このままダメになってしまうのが嫌なら、自分自身の行動をふり返ってみましょう。

遠距離恋愛に疲れたときの対処法

疲れた心を癒やしてあげる

遠距離で思いつめそうになったら、まず心をリフレッシュさせることが大切です。

彼氏が「疲れた」とこぼしたら、責めるよりも共感してあげてください。

お互い気持ちの余裕を取り戻すために、趣味や友達、楽しいことに目を向けましょう。

感情的になっているなら、連絡をとらない冷却期間を設けるのもいいかもしれません。

その場合は「一週間だけ」など、あらかじめ期間を決めておくのがポイントです。

疲れてしまった原因を解決する

心が疲れたきっかけや、元の原因はどこにあったのでしょうか。

今の関係性に問題があるなら、根本的な解決を考えましょう

例えば連絡することがプレッシャーになっているなら、頻度を減らしてみる。

寂しさを解消したいなら、手紙やメッセージ動画などをプレゼントするのもいいでしょう。

問題点を取り除けば、お互いへの本当の気持ちを取り戻せるかもしれません。

ポジティブな考えで見つめ直す

遠距離恋愛の苦しさから、ネガティブ思考に陥っていませんか?

一度モヤモヤした気持ちを手放して、楽しかった記憶や彼への恋心を思い出しましょう。

会えない寂しさよりも、また会える楽しみに目を向けてみてください。

離れていてもあなたと彼は恋人同士なのですから、彼の気持ちを心配しなくても大丈夫。

あなたが明るい笑顔を取り戻せたら、彼氏の疲れも吹き飛ばせるはずです。

遠距離を解消する方法を考える

思いきって、遠距離そのものを解消する方法を真剣に考えてみましょう。

もうすぐ大学生になる人は、地元を離れて恋人のそばで一人暮らしするのも手です。

会社員なら、希望の土地へ転勤できるかどうか、職場に相談してみてもいいですね。

彼氏ともこれから同棲や結婚をする可能性について話し合ってみてください。

実家暮らししている場合など、生活環境が変わることに不安を感じる人もいるかもしれません。

しかし可能であれば、彼氏と一緒にいられる幸せにはそれだけの価値があるはずです。

別れることも選択肢の一つ

どんなポジティブな可能性も考えられないほど疲れたという女性もいるでしょう。

もう希望も持てない状態なら、別れを考える時かもしれません。

お互いに疲れ果てて、心をすり減らすだけの関係になっては意味がありません。

二人が明るい未来へ進むためなら、別れることも前向きな選択といえます。

ただしその場合、後悔しないという覚悟が必要です。

本当に別れを選択するべき二人かどうか、次の項目をチェックしてみてください。

遠距離恋愛はもう疲れた…別れるべき?

遠距離恋愛を続けることに疲れた結果、別れを選択する人もいるでしょう。

あなたの中にまだ迷いがあるなら、以下の三つのことを考えてみてください。

  • 遠距離だけが問題なのか
  • 彼の気持ちは確認したか
  • 愛情よりも辛さが勝つか

疲れた本当の原因はどこにあるのか、問題に向き合ってみましたか?

遠距離で心が疲れてしまうと、問題の本質が見えなくなってしまうこともあります。

一旦別れを選んでしまったら、遠距離恋愛でよりを戻すのはかなり難しいです。

自分の中で結論を出してしまわずに、彼氏と向き合ってから考えることをおすすめします。

お互いの気持ちをとことん話し合い、後悔しない選択をしましょう。

まとめ ~遠距離恋愛に疲れた二人へ~

遠距離恋愛中は、どうしても辛く感じることが多いですよね。

お互いに好きなはずなのに、距離のせいですれ違うこともあるでしょう。

どうしても疲れたときは、自分の心に向き合ってみてください。

遠距離が辛いだけなのか、恋が終わりかけているのか。

判断する基準は「会えるものなら会いたい」と感じるかどうかです。

お互いへの気持ちがあるのなら、うまくいくチャンスはまだありますよ。