好きな人に恋愛相談するのはアリ?上手なアプローチ方法と注意点

片思いしている時、好きな人へのアプローチ方法は色々ありますが、迷ったらぜひ好きな人に恋愛相談をしてみてください。

好きな人本人に恋愛相談?!と思うかもしれませんが、実は好きな人に恋愛相談をすることで、あなたに好意があるかどうか、脈があるのかどうかの判断が出来るのです。

では具体的にどのようなアプローチをすれば良いのか、その時注意することは何か、など詳しく説明していきますね。

相手の反応で脈ありかどうかを確かめる

「好きな人本人に、好きな人についての恋愛相談をする」というのは、自分が好きだという気持ちが本人にバレてしまわないのかとドキドキしてしまいます。

でも、質問をした時の相手の反応をよく見てみることで、彼があなたのことをどう思っているかがわかるのです。

脈アリの反応とはどんな反応なのでしょう?

彼が焦り始める

「実は好きな人がいるんだけどね」と質問したときに、彼がいきなり焦り始めたら、それは脈ありのサインです。

「え?好きな人って誰なの?」としつこく聞いてくるようだったら、かなりの脈ありである可能性が高いです。

機嫌が悪くなる

好きな人がいることを彼に告げた時に、急に不機嫌になった場合は、彼は嫉妬をしている可能性があります。

あなたに好意を持っているため、そのあなたが別に好きな人がいるとわかってショックを受けて不機嫌になってしまっているのです。

反応なし

相手に好きな人がいることを告げても無反応だった場合、悲しいですがあなたにはなんの好意も持っていないかもしれません。

この場合は脈なしと思っても良いでしょう。

好きな人に恋愛相談をする時に、気をつけてほしい注意点

好きな人に恋愛相談をする時に気をつけて欲しいのは、彼の反応を弄ばないということです。

彼が急に慌て始めたり、機嫌が悪くなったりするのが自分にとって嬉しい反応であったとしても、そこで露骨に楽しんでしまうことは相手に失礼です。

時間をとって相談に乗ってくれているのだから、まずは感謝しないといけませんし、こちらも反応を見るためのアプローチをしているのですから、謙虚な気持ちで彼の答えを聞きましょう。

相手の反応で喜んだり笑ったりすると、好きな人を不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。

あくまでも恋愛相談に乗ってくれているのですから、謙虚な姿勢でそのスタンスは守りましょう。

脈アリに近づけるための質問

好きな人と距離が近くなっている場合や、二人で会う機会が増えている人には、恋愛相談の質問をするふりをして相手の気持ちを確かめることが出来ます。

パターン1

好きな人がなかなかラインの返事をくれない場合は、「実は片思いの人がいてね、でもその人があまり返事をくれないんだ」と質問してみましょう。

彼が思い当たる節があれば、返事をくれるようになるかもしれません。

パターン2

すでに二人で出かけたりする間柄であれば、「自分では仲良しのつもりで、デートもしているんだけどなかなか告白されないんだよね」と聞いてみましょう。

すると彼も「もしかして自分のことかな…」と意識するようになります。

このやり方を続けていると、だんだん自分の事かもとわかって、彼の方から告白してくれる可能性が高くなります。

パターン3

普段の自分と好きな人の前では態度が違うということを説明しながら質問するのも効果的です。

「普段は動きやすい格好が多いんだけど、好きな人と会う時はガーリーを意識する」など外見的な特徴でも良いです。

「好きな人の前でだけ髪の毛を巻くんだよね」など一目瞭然のアピールもオススメです。

また、「普段は落ち着いているんだけど、好きな人と会う時は緊張しちゃって、その人と会った時だけいつもの自分と違う態度になるんだよね」と言って、彼の前でだけ態度が違うということを説明しましょう。

そして彼の前でその態度をアピールしていくと、「俺の前でその態度を取ってるいるのかも…」と相手も気がついてくるでしょう。

何度か質問した後は、自分のことを聞いてみるのもアリ!

何度か恋愛相談してみる中で、「これはもしかして脈あり反応かも!」と思うことが続いたら、彼に直接「私のことどう思ってる?」もしくは「私たちの関係って何なのかな?」と聞いてみるのも良いでしょう。

恋愛相談からの流れで、彼もちょっとあなたのことを意識し初めているはずですので、告白される可能性もあります。

好きな人に恋愛相談をしながらアプローチする方法のまとめ

「好きな人本人に恋愛相談をしてみる」というのは、直接すぎてドキドキする方法ですが、相手の反応をダイレクトに知ることが出来るのでオススメのアプローチです。

恋愛相談は心を開いて話さないとできないものです。

彼もきっと心を開いて答えてくれるでしょう。

その時は「あなたが彼に好意を持っている」というサインを、出来るだけわかりやすく出すようにすることもポイントです。

相手に伝わりやすい態度で、恋愛相談を通して好きな人にアプローチしていってくださいね。