彼氏への不満は我慢せずに伝えるべき!驚くべき効果と、その理由とは

トラブル・別れ
スポンサーリンク

今回は、彼氏への上手な不満の伝え方と、その効果をご紹介します。

ふたりの関係をより良いものにしていきたいなら、不満は彼氏に伝えるべきです。

ただし、伝え方がわからなければ相手には伝わりにくいですし、不満は言い争いの原因にもなりかねません。

『彼氏に言いたいことが言えない』
『いつも我慢してしまう』
という女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

価値観の違いは不満につながりやすい

男女関係では、片方が全く気にしていないことでも、もう片方は神経がすり減るほど悩まされるという出来事がよく起こります。

その理由は、
男と女の感覚の違いということもありますが、
もう一つ、『価値観の違い』というものも大きく影響しています。

これまでの恋愛で、こんな経験をしたことがありませんか?

価値観の違いが不満につながるケース例
  • 彼氏が元カノの連絡先を削除していない

  • 彼氏が時々元カノに連絡している

  • 飲み会などに行くと、彼氏はLINEさえ読んでくれなくなる

  • お家デートのために部屋を可愛くしたのに、全く興味を示してもらえない

  • たまにはフレンチやイタリアンの店に行きたいのに、彼氏に断られる

大切にしたいことや価値を置いていることというのは、人それぞれに違います。

昔の恋人の扱い方一つでも、

「元彼や元カノに連絡するくらい、別にいいんじゃない?」
と言う人もいれば、

「そんなの絶対嫌だ!」
と言う人もいますよね。

お互いの価値観を無視したり、自分の価値観を抑え込んだ状態で付き合いを続けていくと、必ずどこかで心が破綻してしまいます。

価値観を抑え込むということは、自分らしさからかけ離れたタイプの彼女を演じるということですね。

こんな不満の伝え方はNG

泣きわめく

彼氏と深い話をしているとき、感極まって涙が出ることは誰にでもあります。

ですが、感情が高ぶりすぎて、自分でも何を言ってるのかわからないほど号泣をしないよう、気をつける必要があります。

彼氏としては、彼女が自分に対して不満を持っていたという事実だけでもセンセーショナルなのです。

加えて大泣きまでされれば、彼氏は気持ちを理解するどころか、理解不能になってしまいます。

たまっていたものを一気に吐き出す

「半年前はこうだった!」
「3ヵ月前にはこんなことがあった!」

など、これまでの付き合いで感じた不満を一気に彼氏にぶつける方法は、マイナス効果しか得られません。

たくさんのことを一度に言われると、

彼氏は「なんでそのときに言ってくれなかったの?」

という気持ちになりますね。

また、これまでの付き合い方を否定されているようにも感じ、
「俺たち、付き合ってきた意味あるのかな…」という気持ちにさせます。

他の男性やカップルと比較する

彼氏以外の男性の話を例に挙げて、

「あの人はこんなに優しいのに」
と言ったり、

まわりのカップルの話題を持ち出し、

「私たちとは全然違う」
と訴えかける方法は、絶対にNGです。

男は、まわりの人と比べられて自分のプライドが傷つけられることを極度に嫌います。

人と比較しながら不満をぶつけた場合は大喧嘩になりやすく、下手をすると別れ話にまで発展することになります。

彼氏への「不満の伝え方」8選

恋人との関係をちゃんと築いていくには、自分が抱えている不満や切なさを彼氏に伝えるべきです。

但し、ただ単に不平・不満を並べ立てるような言い方をすると、文句が多い女だなとか、うるさいと思われるだけになり、何の効果も生まれない可能性があります。

不満の伝え方を工夫すれば、彼氏にもあなたの気持ちはちゃんと伝わりますよ。

  1. 彼氏のプライドを傷つけないように、『ここは好き』『ここが不満』という伝え方をする。

  2. 彼氏がすぐに思い出せるような、最近の出来事をチョイスして伝える。

  3. 今まで感じた不満の中で、特に我慢できないことから伝える。

  4. ただ不満を伝えたいのではなく、ふたりの関係を良くしたいという気持ちも伝える。

  5. 電話やLINEは誤解を生みやすいので、面と向かって話すようにする。

  6. 手をつないでいるときなど、体に触れている状態で伝えると喧嘩になりにくい。

  7. 彼氏が少しでも理解を示したことには、「ありがとう」と伝える。

  8. 反対に、彼氏が不満に思っていることがないかどうかも訊いてあげる。

恋人に不満を伝える効果

あなたの寂しさや切なさ、彼氏への思いを伝えることは、
彼が『等身大のあなた』を理解するための大切なコミュニケーションです。

伝え方を間違えれば、喧嘩にもなりますし、彼が引く可能性はありますが、落ち着いてきちんと伝えれば、彼氏は必ず理解してくれます。

価値観というのは無理やり合わせる必要はありません。

あなたと彼が持つ価値観は、交わることはなく、ずっと平行線のままかも知れません。

けれど、愛する者同士なら、価値観が違っていても、ベクトルを合わせることはできます。

ベクトルというのは、ふたりが向かおうとする方向性のことです。

違う考え方、違うリズム、違う価値観を持っていても、同じ方向に向かっていられれば、気持ちは一つにできます。

自分が持っている不満を伝えることで、
彼氏は『言いたいことを我慢している偽物のあなた』
ではなく、
『本当のあなた』を愛するようになります。

不満を我慢せずに伝える効果

  • 本当の自分として彼氏と付き合えるようになる

  • 彼氏も今までよりも本音を言ってくれるようになる

  • 双方が恋人との関係を良くすることに努力するようになる

  • 本音を言い合ったり、自分らしくいられるようになると、心の深い部分でつながれる

まとめ

価値観の相違がたくさんあるカップルの場合は、
共通の趣味を1つ持つと良いようですよ。

同じことに打ち込んだり、同じことに夢中になるという行動は、ふたりの一体感を高めます。

一緒にいる時間を充実させていけば、ちょっとした価値観のズレも気にせず笑い飛ばせるかも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トラブル・別れ
シェアする
ラブベイト