【非モテ改善法】男性がこの世で一番嫌いな“痛い女”になっちゃってない?

恋ができない
スポンサーリンク

「ルックスは悪くないのになぜかモテない」そんな人はいませんか?

女性からみると魅力的だけどなぜか男性受けが良くない。

それはもしかすると、痛い女と思われているからかもしれません。

実は男性と女性の視点は違います。

その為、痛い女と思う基準も違います。

女性からすると可愛い、かっこいいと思える女性の仕草や発言でも、男性には痛い女と映ることがあります

では、男性が嫌う痛い女とはどのような女性のことでしょうか。

年齢不相応である

「いったい何歳だよ!」と思われてしまう年齢不相応な振る舞いやファッション、またはメイクをしていないでしょうか。

明らかに年齢にあっていないと思われるファッションをしている、メイクも流行ばかり追っていて似合っていない、このような女性は男性からは痛い女と思われます。

もちろん、女性個人の個性として、好きなファッションをすることはある種のポリシーもあるでしょう。

それは、世の男性からなんと思われようとも変える必要はありませんよね。

しかし、ファッションには、ある程度年齢にあったスタイルがあります。

それを無視して、明らかにギャップがある服装をしていると男性受けはよくありません

かわいい服装が好きだからと乙女チックなファッションをしている、また、セクシーさを全開に出し過ぎる服装も、男性からは好まれず恋愛対象外と思われてしまいます。

この他、喋り口調にも痛い女の特徴が表れています。

やたらと幼い話し方や、男性のように乱暴な言葉を使う人がいます。

例えば、語尾を伸ばす、男性のようにオレオレ的に話す、また明らかに上からの命令口調など、思い当たるところはありませんか?

その話し方が男性からドン引きされているかもしれません。

「いい歳をして」と厳しい意見ではありますが、社会人であれば年齢相応の対応や服装をするべきだ、と考える男性は多いです。

空気が読めないタイプの女性

「今それ言う?」と思うような状況で、場違いな発言をしてしまう女性に対して、男性は痛い女と思います。

ひどい言い方ですが、男性は「頭の悪い女は嫌いだ」と表現します。

場にそぐわない状況で自分の話ばかりする女性や、やたらと自分をアピールしてくる女性も男性からドン引きされる対象になります

気になる男性にアピールしたくなることもありますが、場にそぐわないところでモーションをかけてこられると男性は引いてしまいます。

みんなと集まっている時でもアピールのチャンスを逃すまいと一生懸命になってしまいますが、男性から痛い女と思われてしまってはどうしようもありません。

また、みんなと集まって食事をしている場で、やたらとリア充アピールする女性がいますが、そのリア充女性も男性は嫌います。

自慢話や恋話など、自分の経験や自慢話ばかりする女性のことです。

「自分はモテる」「お金をたくさんもっている」など、本人にその気はなくても聞いている側にするとリア充アピールに聞こえてしまいます。

「頭のいい女性なら空気を読むことができるだろう」男性はそのように考えます。

痛い女から卒業する改善方法

男性から痛い女と思われたとしても、自分ではなかなか気が付かないかもしれません。

しかし、いつまで彼氏ができない、意中の彼に敬遠されてしまうのであれば、もしかしたら痛い女と思われている可能性があります。

自分が普段とっている行動などを振り返ってみましょう。

痛い女と思われてしまうと、恋愛対象はおろか結婚相手と意識される可能性も低くなります

人の話しに耳を傾けることができていますか?

つい熱くなって自分のことばかりを話していると、気が付かないうちに自慢話しへと発展してしまいます。

まずはひと呼吸おき、相手の話しも聞くようにしましょう。

この時、相手が話しているにも関わらず、途中で自分の話をしてしまわないようにします。

相手の話しが終わるまでは自分のことを話すべきではありません。

また、相手の話しにも興味をもつ事です。

話し上手は聞き上手です。

すぐにはできなくても少しずつ練習のつもりで相手の話しを聞いてみましょう。

自慢話はもちろん、自慢しているように聞こえるような話はしないようにしましょう。

自分がかわいい、男性ウケすると思っても、それは逆効果になる場合があります。

モテル女性や男性ウケする女性の方が、男性へのアピールは控え目です。

その分自分磨きには余念がないので、その人自身がもっている雰囲気で男性ウケがよくなります。

もし「痛い女と思われているかもしれない」と思うのであれば、見た目や態度でアピールをするよりも、自分に似合うファッションやメイク、立ち居振る舞いなどで自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。

そうしているうちに自然と痛い女から脱却でき、自分らしさがでてきますよ。

まとめ

もしも、周囲の男性から痛い女と思われていたなら、非モテ街道まっしぐらです。

自分では気が付ないうちに、周囲からそんな風に思われていたのかとショックを受けるはずです。

今からでも遅くありません

痛い女から脱却することを考えていきましょう

痛い女と思われたまま過ごしてしまうと、男性だけでなく女性の友人からも敬遠されてしまう可能性もあります。

もしかしたら、自分は痛い女だったのかもしれない、と気が付く事は大切なことです。

また、変わろうとすることも大切なことですよ。

もしかしたら自分も?と思い当たる節があるなら、非モテを改善してモテる女性を目指しましょう。