友達が不倫してる…。とめる?とめない?あなたが今できること

もしもあなたの友人が、奥さんを持つ男性を好きになってしまったら、あなたはどうしますか?

何か助言するべき?それとも放置する??

今回は、友達が不倫していると知ったとき、友人としてどんな対応ができるかというテーマについて考えます。

友達のことは大事だし止めたい気もするけど、好きになってしまった気持ちもわかる。

同じ女として、自分なりにできることを考えてみましょう。

理論で応戦できなければ説得不可能

まずはじめに、不倫している友達を何としてでも止めたい!と思っている方のために、準備しておくべきことを紹介します。

人を好きになったときの人間の感情は、他のものとは比べものにならないほどのパワーがありますね。

特に、不倫のようにまわりから禁じられる恋にのめり込んでいるとき、その力はさらに強くなります。

わかりやすくいうと、『たとえ地球上の全員が敵になっても、私は彼を愛するわ』というような強い気持ちです。

こういう気持ちに陥っている友達を説得するというのは、簡単なことではありません。

説得に当たったとき、彼女が以下のような抵抗をしてきたら…。

彼女の言葉一つ一つに対して、きちんと説得できる『理論』がなければ、相手はさらに聞く耳持たずになります。

  • 誰を好きになろうが、私の勝手でしょ!
  • 好きになっちゃったんだから仕方がないでしょ!
  • 不倫が絶対ダメだという理由は何?
  • 奥さんにばれなければいいでしょ!
  • 私が傷ついてもいいって思ってるんだから、別にいいでしょ!

……いかがでしょうか。

なかなか手ごわいという感じがしますね。

あなたの「経験値」で説き伏せる

不倫している友達を止める一つの有効的な方法としては、あなたの経験値で相手を抑え込む方法があります。

経験値というのは、経験したことがある人の知恵や価値観です。

もしもあなたにも不倫経験があり、そのとき想像を超える辛い思いをしたとか、奥さんにばれて大問題になったという例があれば、それを語ることで友人を立ち止まらせます。

他には、あなた自身にそういう経験がなくても、あなたのまわりの人の例を挙げて、浮気や不倫がどれほど大変な問題に発展するかという『事実』を突きつけることはできます。

人は、未経験者の意見というものは簡単に却下してしまいます。

しかし、相手も同じ経験をしたとわかると、話を聞いてみようという気になります。

既婚者の意見

不倫にどっぷりハマっていく友達を説得するとき、大人の意見を入れるという方法もあります。

その友達が太刀打ちできないくらいの大人の力を借りるということです。

恋愛の達人のような人の意見を伝えても良いですし、既婚者の意見を伝えるという方法も効果はあります。

友達同士だと、年齢も経験の幅も似たり寄ったりですので、一生懸命説得しても言葉が伝わりきらないことがありますね。

友達同士だと感情的になり、喧嘩に発展する危険もあります。

友達よりも大きな視野、多くの知識を持っている人に一緒に会話に入ってもらうことで、不倫している友達の視野は広がります。

止めずに見守る

仲良くしている友達が不倫していると知ったとき、私が止めるべきだろうか?と考えるのは、友情があるからですね。

友人として心配なこと

  • 放っておいたら彼女はどんどん深みにはまるんじゃないか。
  • 結局、傷つくのは愛人なんじゃないだろうか。
  • 相手は悪い男かも知れない。
  • 奥さんにばれたらとんでもないことになる。

友達が浮気や不倫などに突き進み、ひどく傷つく可能性があれば、友達として何とかしたいと思うのは正常な感情です。

けれど、恋愛にのめり込んでいる人を説得するというのは、とても難しいことです。

彼女を救ってあげたい、不倫を止めさせたいという気持ちはわかりますが、あなたが誠意を持って伝えた言葉も彼女の心に届かない可能性は充分あります。

心配な気持ちを消すことはできませんが、一線を引いて黙って見守るというのも一つの選択肢です。

もしも不倫している友達が相手の男性の奥さんとトラブルになったとしても、どんなに傷つけられたとしても、それはあなたのせいではありません。

友達は友達の意志で今の恋を選び、許されざる関係だとわかりながら、既婚者男性と関係を結んだのです。

友達のことを考えすぎて、何も悪くないあなた自身の胸が傷つかないようにしましょう。

不倫友達の行く末

世の中には、いくらでも不倫に走る男女が存在します。

未婚者同士の『浮気』と違い、既婚者がからむ浮気=不倫は、一般論でダメ出しされているような生ぬるいものではありません。

法律上でも、既婚者の不貞な行為(他の異性と性的関係を持つ)ことは許されざるべきものとされています。

そう考えると、ますます不倫している友達のことが心配になりますね。

確かに、世間には不倫のごたごたで離婚問題や慰謝料問題に発展するケースがたくさんあります。

けれど一方で、長年かけて略奪愛を成功させる女性もいます。

どちらが正しい、どちらが幸せというのは、簡単には答えが出せない問題です。

  • 略奪することで妻の座を手に入れ、幸せになる。
  • 男性から別れを告げられ、ずたずたにされる。

どんな運命が待っていたとしても、それを乗り越えるのはあなたではなく、不倫をしている友達自身です。

そんな友達のことをあなたが必死で止めても、逆に見守るだけという選択をしても、あなたが友達のことを思い続けていれば、その気持ちは必ず彼女に伝わる日が来ます。

人を見捨てないという姿勢は、どんな言葉よりも人に伝わります。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。