人を好きになれない原因は、あなたの心の中にある!誰かを本気で愛する方法

人が持つ恋愛感情は複雑です。

会ったこともないネット上の異性を本気で好きになってしまい、悩む人もいます。

そうかと思えば、現実社会での出会いに恵まれているのに、人を好きになれない人もいます。

今回は男性との恋愛関係そのものではなく、それ以前に好きな人ができない!という女性にスポットを当てます。

彼女たちは、どうすれば本気で人を愛せるようになるのでしょうか。

恋愛体質になれない女性

世間には次々と人を好きになり、彼氏をころころ変える人もいます。

また、彼氏にばれないように浮気をし、ダブル恋愛を楽しむ人もいます。

『人を好きになれない』という女性からすれば、恋愛体質や浮気性の女性が羨ましく思えることもあるでしょう。

恋をしている女性はとても楽しそうだし、輝いて見えます。

本気で恋ができる自分になるために、人を好きになれない原因をゆっくり探ってみましょう。

関心が持てない

女が2人以上集まると、ほぼ絶対的に話題に挙がるのがこの3つ。

  1. 美味しいお店の話
  2. 最近太ったという話
  3. 恋愛の話

この3つの話題は多くの女性にとってご馳走です。

時間さえあれば、延々としゃべっていられるくらい好きなテーマです。

でも中には、恋愛の話になった途端、「へえ、そうなんだ」「ふ~ん」と相づちを打つだけになる女性もいます。

他の女性たちから「彼氏作ればいいのに」「可愛いのに」と勧められても、反応はいまいち。

このタイプの女性は、恋愛に対する関心がそもそも薄いことが人を好きになれない原因です。

関心が低いので、本人は『私だって恋がしたいのに!!』とはなりにくいです。

理想が高すぎる

人を好きになる要素は充分にあるのに、恋の相手に対する理想を高く設定しすぎると、好きになれないことがあります。

心のおもむくままに行動していれば、とっくに好きになれたはずなのに、頭がストップをかけてしまいます。

  • こんな男は私に相応しくない!
  • もっと金持ちの男じゃなきゃ、嫌だ!
  • この男は背が低くてカッコ良くない!

理想がわからない

逆に、自分が好きになれる男性の理想が全く掴めない女性も存在します。

おっとりとした女性や、お人好しの女性にいるタイプです。

「あの人素敵だよね」「あの人はハンサムだよね」という程度の関心は示しますが、競争心が低い性格の女性です。

どうしてもあの男を落としたい!とはならず、のんびりとした気持ちで異性を見ているだけで満足してしまいます。

憧れの気持ちが一気に恋心に変わるような、「キターーー!!!」という感覚が来ないから、好きになれないのです。

思い込みに支配されている

過去に大恋愛を経験し、その男性と破局を迎えたことによって、「私は二度と、誰のことも好きになれない」と思い込んでいる女性。

いわゆる燃え尽き症候群のような人のことです。

過去に本気で人を好きになった事実がありますので、本当は人を好きになれる女性のはずです。

ですが、どんな男性と出会っても、自分で自分の心にストップをかけてしまいますので、恋愛感情に発展させられません。

もう一度恋をするエネルギーがないと思い込んでいるということです。

深い闇を抱えている

人を好きになれない女性の中で、最も克服するのが難しいのは、心に『深い闇』を抱えているのが原因の人です。

好き嫌い以前に、異性を受け入れられないという心理の人もいます。

恋愛以外の「過去」に苦しめられる女性 (例)

  • 何らかの理由で子供の頃、父親との関係が築けなかった。
  • 幼い頃に充分な愛情を与えてもらえなかった。
  • 失恋というレベルではなく、異性から精神的に、または肉体的に傷つけられた。

誰かのことを本気で愛し、その人の胸に飛び込むには、人を愛することができるベースが必要です。

人は人の愛し方というものを、大人になるまでに『愛されること』によって学んでいきますね。

愛された経験が薄いと、お手本にするものがないため、上手く人を愛することができません。

こういう女性が最良のパートナーを見つけ、本気でその人のことを好きになるためには、まず徹底的に愛してもらうという経験が必要となります。

心に深い傷を負った人にとっては、あの男がいい、この男を彼氏にしたいというような感覚で恋に走るのは難しいです。

恋や異性というものへの嫌悪感を払拭するには、本気で愛してくれる人の出現が必要です。

きっかけ

今回は、人を好きになれない女性について考えてきました。

過去の原体験の中で、深く傷つけられた人については、先に述べたように徹底的に愛してくれる男性が現れることが、解決への道となります。

でも、それほど深い闇を抱えているわけじゃないのに、人を好きになれないという女性の場合は、ちょっとしたきっかけさえ掴めれば、恋ができるはずです。

いくつか方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 恋は頭でするものではない。頭で考えるのを止める。
  2. 自分のフィーリングを信じる。話していてワクワクできる男性が現れたら、その人のことをただ眺めるのではなく、1対1の関わりを持つようにする。
  3. 恋に発展するか否かという問題を考えないようにする。
  4. 告白してくれた男性と、とりあえず付き合ってみる。一緒にいることで好きになるという恋もある。
  5. 一緒にいて楽しい男性が現れたとき、「これが恋だろうか」ということをいちいち難しく考えない。
  6. 相手の男性を、自分が持つ理想という物差しで計らない。その人のありのままを見て、感性で素敵と思う気持ちを大事にする。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。