彼氏が甘える心理って?「甘え方」でわかる甘えん坊男子の対応方法

甘えん坊な彼氏を持つあなた。

彼氏の甘え方によって、彼の心理とるべき対処法が違うって知っていましたか?

甘える彼氏を「可愛い♡」と感じる方も、「ちょっとヤダな…。」と感じる方も必見です!

甘え方でわかる!彼女に甘える男性心理

癒されたい

普段は甘えん坊じゃない彼氏がやたら甘えてくるなら、癒しを求めている可能性が高いです。

愚痴や不満をこぼすなら、仕事などで疲れやストレス感情が溜まっているのかもしれません。

男性がこういう弱った心理状態を見せられるのは、相手を信頼している証拠でもあります。

自分を受け入れてほしい

赤ちゃん言葉や甘え口調を使う人は、パートナーに精神面での安心感を求めています。

社会的に上の立場にいたりして、外では男らしく振る舞っている男性によくある傾向です。

ギャップに驚くかもしれませんが、恋人にはありのままの自分を理解してほしいと思っています。

愛情を確認したい

わがままを言ったり、だだっ子のような甘え方をするのは愛情確認です。

最近あまり構ってあげていなかったのなら、寂しさや不安を感じているサインかもしれません。

寂しがり屋で自信がないタイプの人も、わがままな言動で愛を試そうとすることが多いです。

いちゃいちゃしたい

とにかくベタベタしてくるという場合は、あなたへの愛情表現です。

大好き!もっと一緒にいたい!という気持ちがスキンシップに表れているのです。

こういうタイプの男性は、カップルらしい行動を好むロマンチストな性格でもあります。

彼氏に甘えられる女性の特徴

年上彼女

彼女が年上という年の差カップルは、「大人のお姉さんに甘えたい!」と期待されがち。

年下男子ならではの無邪気な可愛らしさに、母性をくすぐられることもあるでしょう。

ときどき母親気分に疲れてしまい、頼りなさや子供っぽさを感じてしまうかもしれません。

面倒見がいい

世話好きで、頼まれごとを「仕方ないなぁ」とつい引き受けてしまうタイプの女子です。

甘える彼氏に対しては、なんだかんだで「可愛いな」と感じているかもしれません。

ただし甘えられることは多いけれど、自分自身は甘え下手というケースが多いのが特徴です。

優しくて愛情深い

癒し系と言われるような柔らかい雰囲気の女性も、男性から甘えられやすいです。

甘えられたいというより「相手の笑顔が見れるなら嬉しい」というスタンスが多いでしょう。

わがままを断れなかったり、甘えられすぎて疲れても言い出せない優柔不断な一面も。

甘える彼氏へのベストな対応方法

褒めてあげる

甘えん坊な男性は、自分を肯定してもらうことを求めています。

ですから小さなことでも褒めてあげて、自信をつけてあげることが大切です。

特に癒しを求めているタイプや、子供っぽく甘える彼氏には効果てきめんですよ。

ストレスを抱えがちな彼にとって、一番の味方になってあげましょう。

愛情表現をする

甘えるという行動は、愛されたいという気持ちの表れです。

できるだけわかりやすい言葉や行動で、たっぷり愛情を示してあげると満足します。

「大好きだよ」「ずっと一緒にいよう」と言葉や目に見える文章にすると喜ばれるはず。

寂しがり屋な男性や、彼氏が不安を感じているタイミングでは特に効果てきめんです。

スキンシップする

温もりを感じることは、甘えん坊な彼氏にとって必要不可欠な安心感を得られます。

ベタベタするのが疲れるなら、時間を決めたりご褒美としてのスキンシップがおすすめです。

くっつくのが好きな人は放置すると浮気しやすい傾向があるため、いい抑止方法になりますよ。

メリハリをつける

甘える彼氏がいくら可愛くても、メリハリをつけるのは大切ですよね。

恋人の前でだけ甘えん坊ならいいのですが、精神面で子供だな…と感じるなら対応が必要です。

甘える男性側も、無意識に愛のムチを求めているというケースは意外と多いです。

度が過ぎているなと感じることがあれば、ダメなことはダメときっぱり言ってあげましょう。

逆もいい♡甘えん坊彼氏への甘え方

ストレートに伝える

甘える彼氏が日常になっていると、自然に立場を逆転させるのは難しいかもしれませんね。

そんなときは「私も甘えていい?」「今日は甘えたいな♡」と素直に可愛く伝えてみましょう。

向こうが応じない場合は「あとで甘えさせてあげないよ~」と冗談めかして言うのがおすすめ。

甘えん坊な彼氏の性格を逆手にとって、彼氏が甘えることをご褒美にしてしまうのです。

お互いに甘え合える関係は、カップルが長続きしやすい秘訣でもあります。

小さなお願いをする

甘えん坊なタイプはとにかく“褒めて伸ばす”のが効果的です。

まずは小さな頼みごとをして、やってくれたら褒めることを繰り返しましょう。

「ありがとう~!○○くん頼りになるね!」と思いっきり褒めて甘やかすのがポイント。

何度もしていると、褒められたい一心から自発的に頼りがいを見せようとしてきます。

そのうちに「頼られると嬉しい」という男性心理にも目覚めてくるでしょう。

メールやラインで甘える

直接甘えることに照れがあるなら、メールやラインに甘える要素を盛り込むのも手です。

甘えることが好きな男性は、可愛いメッセージのやりとりを好む傾向があります。

キスのスタンプを送ったり、「大好きだよ」と一言送るだけで彼もキュンとしてしまうはず。

もう一歩踏み込んで「今度のデートはいっぱい甘えたいな」と送るのもいいでしょう。

まとめ

甘えたり甘えられたりするのも、恋愛の醍醐味ですよね。

甘えることはカップルにとって大切なコミュニケーション方法の一つです。

甘えん坊な彼氏を持つ女性は、この記事を参考にして上手に対応してあげてくださいね!