元彼と友達になるのは不可能?良い関係を保つ事ができる男性の特徴と条件

嫌いで別れたわけじゃない元彼とは、何となくいつまでもお互いに連絡し合ったり、微妙な関係になることがあります。

友達といえば友達のようでもあるし、ちょっと違う感じもする。

それが元恋人との不思議な関係ですね。

今回は特に男性側にスポットを当てながら、元彼と良い友達になるための条件を探っていきます。

元彼に「次の彼女」ができたとき

元恋人同士というのは、男女の愛情が感じられなくなっても、良い友達になることができます。

ふたりは長い間、向きあってきた仲ですので、他の友達とは比べられないほど理解し合っていますよね。

別れたからといって、そのまま関係を断絶してしまうのはもったいないかも知れません。

ですが、いくらあなたと元彼とがそう感じていても、ふたりがいつまでも連絡を取り合うことを『許せない』と思う人もいます。

それは、元彼の次の彼女や、あなたの次の彼氏です。

自分の恋人に異性の友達がいることは理解できても、『元恋人』とだけは縁を切ってほしいと思うのが普通です。

どんなにあなたと元彼が友達として良い関係を築けてたとしても、まわりからストップをかけられることはあります。

未練に苦しめられる

ふたりのどちらかに未練がある場合、あなたと元彼とが普通に友達としてやっていくのは難しいです。

『これからは友達としてやっていく』と必死で自分に言い聞かせても、恋心がわずかに残っていると、会う度に苦しくなります。

彼と接触がある度、どうして別れてしまったんだろうとか、もう一度やり直せたらいいのに…などの思いが沸き起こるようでは、本当の意味で友達にはなれません。

特に男性心理は、別れた女性に対してはっきりと線引きができない方向に行ってしまいがちです。

ふたりが心から本心で友達になりたいと思わない限り、良い友達関係を築くのは不可能です。

友達になれないタイプも

中には、どんな元カノとも友達になりにくいタイプの男性もいます。

元彼が以下のような性格の人の場合、良い友達になるのは難しいといえます。

  • 別れた女性の悪口を言う。
  • 別れた女性のことを逆恨みしている。
  • 別れた相手をまるで自分のもののように束縛しようとする。
  • いつまで経っても『お前のことを一番理解してるのは俺だから』という意識が捨てられない。

こういうタイプの元彼は、一見友達のような関係でありながら、元カノに対してあれこれ命令してくることがあります。

元彼があなたのことを特別視せず、他の女性を見るときと同じようにフラットな気持ちでいられないようなら、友達関係にはなれません。

ふたりが友達でいられる条件は?

ここでは、元彼と良い友達として関係を続けていくための条件をまとめます。

  1. 恋人同士の頃のように頻繁に連絡し合わない。
  2. 未練は捨てる。
  3. お互いの仕事や趣味など、できるだけ日常的な会話をするように心がける。
  4. よほどのことがない限り、お互いの内面を探るような深い会話はしない。
  5. 何か相談を受けても、恋人のような目線や、上から目線でのアドバイスはしない。
  6. ふたりがいつまでも関係を続けることを、良く思わない人もいることを理解する。
  7. ふたりが男女の関係に戻ってしまいそうなシチュエーションでは会わない。

元彼・元カノという関係は、お互いがしっかりと線を引いていなければ、あっという間に崩れていきます。

誰もいないような場所でふたりきりになったり、毎晩のように連絡を繰り返していれば、いつの間にか恋人同士の頃の雰囲気に戻ります。

もちろんあなたと元彼の両方がフリーなら、復縁してしまえば良いだけのことですので特に問題はありません。

しかし、すでに新しい恋人がいる場合は、大きなトラブルに発展してしまいます。

元彼とあなたとのどちらかに、ほんのちょっとでも『付き合ってた頃は楽しかったな…』とか『相手に触れたい』などの心理が働いた場合、ふたりは坂道を転げ落ちるように男女の関係に舞い戻ってしまう可能性が高いことを理解しておきましょう。

一番大切なひと

元彼と別れて時間が経ち、新しい彼氏ができたとき、あなたはその彼氏の男性心理を理解してあげる必要があります。

もしも彼氏が「もう元彼とは縁を切ってほしい」って言ってきたら、あなたはどうしますか?

「あの人はただの友達なんだから、別にいいでしょ!」と言い返すのか、それとも元彼との関係を切るという決断をするのか。

二者のうちどちらかを選ばなければならなくなったとき、どうしても元彼との友達関係をやめるのは嫌だという感情が沸き起こってきたなら…。

それはつまり、あなたにとって一番大切な人は今も元彼だということです。

人は本能と理性で動いていきます。

『もうあの人はただの友達』と理性で言い聞かせているうちに、自分でもそうだと思い込むようになります。

けれど、いざその人が遠くに行ってしまうとか、その人との縁が完全に切れるなどの窮地に立たされたとき、自分が一番失いたくないのは誰かということを、『本能』が教えてくれます。

あなたがなぜ、元彼を友達として置いておきたいと思うのか。

なぜ、元彼と良い関係を作る方法をインターネットで調べているのか。

元彼と完全に絶縁した自分を想像したとき、どんな気持ちになるのか。

今一度、よく見極めておくことが必要かも知れません。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。