夏限定!彼氏を最高に喜ばせる真夏のデート術5つ

デートのコツ
スポンサーリンク

夏はテンションが上がる季節です。

カップルなら楽しいイベントも盛り沢山ある夏はとっても楽しみだし、彼氏と過ごす夏だからこそ、特別な思い出を作りたいですよね。

実は、夏には夏限定のデート術があるのです

彼氏があなたにキュンと来てくれて、お互い最高に幸せな気分になれる。

そんな2人の素敵な夏の思い出を作るためにも、彼氏を喜ばせる真夏のデート術を5つご紹介致します。

スポンサーリンク

彼氏がキュンと来るような格好をする

真夏のデートは、他の季節より特別感があります。

海や山、夏はデートをする機会も増えます。

日頃から彼氏ウケする洋服をリサーチしておくことはとても大切です。

デートの時、彼の心をキュンとさせる為には、見た目を可愛くしていきましょう。

男性の永遠の憧れでもあり好みでもあるのは、見た目が清楚な洋服です。

見た目がとても爽やかなので、夏のデート服には白を取り入れることもおすすめですよ。

男性は、清楚な姿の彼女を、友人や家族に紹介したくなるそうです

自分の彼女が可愛いという事は、男性にとってはステータスになります。

女性も可愛い格好で気分が上がりますが、一緒にいる彼もそんなあなたに惹かれ、隣にあなたがいることを居心地よく思ってくれますよ。

ですが、ここで一つ注意点です。

彼を喜ばせようと、張り切って薄着になりすぎるのはNGです。

真夏のデートで屋外から室内に入ると冷房がとても効いていて、一気に鳥肌が立つほど震えてしまうこともあります。

真夏のデートだからと油断せず、可愛いはおりものなどを持って行くようにしましょう。

暑い夏こそ爽やかな香り!夏の汗のニオイケア

真夏はじっとしていても汗をかきます。

これは男女共通ですが、彼氏からデート中に「なんだか汗臭いな」と思われてしまうのは残念ですよね。

そこで、夏はしっかりとしたデオドラント対策をして、常に爽やかな香りに包まれるようにしましょう。

特に真夏は、デートにもニオイケアグッズを常に携帯すると何かと便利です。

汗拭きシートやスプレーなど、携帯用のニオイケアグッズもたくさん売られています。

他にもハンカチを持ち歩いて、こまめに汗を拭きましょう。

デート中、彼氏の汗もさりげなく拭いてあげると喜ばれますよ。

メントール系の汗拭きシートで拭いてあげるのもおすすめです。

汗を拭いた後もひんやり爽やかに感じるので、男性にはぴったりなんです。

気をつけることとしては、彼の汗を拭いてあげる時、まずは自分をきちんとケアしてから拭いてあげてくださいね。

汗を拭いてくれる彼女からふわっと爽やかな香りがしたら、男性はキュンとしてしまうのです。

暑い夏こそ良い香りのアイテムを利用しながら、爽やかさと居心地の良さをアピールして行きましょう。

爽やかな香りは、暑さのイライラを吹き飛ばしてくれるのでおすすめですよ。

真夏のデートは喧嘩に注意!

真夏に外でデートするとつい喧嘩が勃発しそうになります。

これは、デートの移動中に汗をかいたり喉が渇いたりして、暑さからイライラしてしまうからです。

でも、いくら暑くても大好きな彼氏とのデート中に「暑い」「だるい」など延々と不満を言い続けるのはちょっとわがまま過ぎますよね。

不満やイライラを人にぶつけてしまえば、ぶつけられた方もイライラしてしまい、負の連鎖が起こって喧嘩の原因になってしまいます。

夏なのですから、外を歩いたら暑いのは当たり前。

それなのに、暑い暑いと言っていても仕方ありません。

人に不満をぶつけるのはマナー違反!

真夏に外でデートする時は、暑さを覚悟してから出かけましょう。

居心地の良い場所で過ごすデート

真夏のデートと言っても野外イベントばかりではなく、居心地の良い快適な室内で過ごすこともおすすめです。

エアコンの効いた室内でお家デートをするのも真夏のデートの楽しみ方の1つです。

お家でのんびり2人の好きな映画を見たり、2人で好きな食事を作って一緒に食べたりすることも、外のデートとは違ってリラックス出来ます。

2人でのんびりと過ごすお家デートは、真夏にも最適なのです。

お家デートの時は、よりリラックスムードの服で可愛いコーデをすることもお忘れなく

彼が思わず触りたくなるような、ふんわり生地のワンピースがあれば最高です。

彼氏と共有するアイテムを持って行く

暑い夏のお出かけには、彼氏との共有アイテムを持って行くと、うだるような暑さの中でも「気がきく!」と喜ばれます。

冷たさを感じるクールタオルや保冷剤をいくつか持っていきましょう。

日傘をさしたい女子も多いと思いますが、あなただけ日傘を指すのは気遣いのできていない証拠

日傘をさした人が隣にいると、骨が目に入りそうになるから危ないし、傘がある分距離も離れてしまいます。

そして、彼氏は日傘がないので暑い思いをするだけ。

日傘を持って行くなら、2人が余裕で入れる大きめの傘を用意しましょう。

(まとめ)彼氏を最高に喜ばせる真夏のデート術

彼氏を喜ばせるためのデート術をご紹介しました。

大好きな彼氏と過ごす夏を、ただ暑い暑いと言ってイライラで終わってしまうのはもったいないですよね。

2人で過ごす夏をより楽しくするためにも、まずはあなたの方から快適な真夏デートの提案をしてあげて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
デートのコツ 特集
シェアする
ラブベイト