【これが俺の付き合うきっかけだ!】男性の本音を大暴露!

憧れのあの人の真意が知りたい…。

彼はどんなきっかけで女性を好きになる?

どんなきっかけで付き合う?

最近、ちょっといい雰囲気になっている彼との距離感を縮めたい。

付き合いたい!彼の『彼女』になりたい!

恋する女性にとって、日々の生活で一番の関心事は彼の気持ちです。

私に脈はあるのか、私は彼の恋人になれるのかと考え出すと止まらなくなりますね。

そこで今回は、男性側の視点から付き合うときの決定打を見ていきます。

彼との微妙な距離感

最近、ふたりで話す機会が増えてきた。

もしかして彼と私っていい感じ?そう思っても、告白されない限り、女心は複雑です。

いけるかも!と思った次の瞬間、自分がただの勘違い女に思えて、やっぱ無理っていう気分になってしまいます。

大人になると勢いだけで恋に走らなくなる分、距離感が見えにくいですよね。

彼と私は恋人に近い関係なのか、それとも少し気が合う仲間程度の関係なのか…。

けれど反対に、彼とあなたは付き合う寸前のカウントダウン状態という可能性だってありますね。

男性の『付き合いたい』という心理は、必ず言動のあちこちに表れます。

そこにはふたりが急速に接近するきっかけがあるはずですので、見逃さないように彼を観察しましょう。

彼にこんな言動が見られたら♡

男が女と付き合うきっかけは、『俺の側にいてほしい』という気持ちが生まれた瞬間。

彼はその気持ちをちゃんと態度や行動で表してきます。

あなたが本命彼女になれるチャンス到来かどうか、以下の項目でチェックしてみましょう。

  1. 毎日当たり前のようにLINEや電話で連絡してくる。
  2. 会話が途切れても話を続けたがる。
  3. あなたに疲れや不調を感じると、まるで恋人のように心配し優しくする。
  4. あなたのちょっとした変化に敏感になる(帰宅がいつもより遅いなど)。
  5. 食事やデートに誘う(ふたりで会う機会を持ちたがる)。
  6. 仕事や趣味、休日の過ごし方など、個人的なことを質問してくる。
  7. 「実は」「本当のことを言うと…」など、彼の内面について話してくる。
  8. 彼の悩み事を打ち明けてくる。
  9. 反対にあなたに対しても「悩み事があれば俺に話してほしい」と言ってくる。
  10. あなたと会っているとき、にこにこと嬉しそうな顔をする。

男は演技が上手くない

ほとんどの男性は、女性ほど自分の気持ちを隠すのが上手くありません。

一緒にいて嬉しいと感じれば顔はほころびますし、あなたとつながっていたいという気持ちがあれば、連絡してきます。

反対に男性は感情が行動に反映されやすいため、興味がない女性に義務感や暇つぶしで電話をするなどはしません。

始めは女性に対して魅力を感じたとか、興味があるという程度のきっかけで連絡が来るようになります。

そして徐々に相手の内面に惹かれ、好きという気持ちに変わっていきます。

あなたのことをやたら知りたがる、心配する、自分の内面を伝えたがるなどの言動が見られたら、付き合う気持ちが高まっているサインです。

「昨日は暑かった」「今日は忙しかった」というような軽い世間話だけでなく、お互いの内面や心に触れるような会話をするようになったら、恋人同士になる日は近いです。

心のすき間を埋める女性

男性の多くは好きな人のことを『守りたい』と思っています。

そして同時に、『心の支えになってほしい』という欲求も持っています。

女性を守りたいという気持ちが表す言動

  • あなたの体調や気分が優れないことをやたらと心配する。
  • 困ったことや悩み事は俺に相談してほしいと言う。

女性に支えてほしいという気持ちが表す言動

  • 人に見せない内面を見せる。
  • 悩み事を打ち明ける。

この人のことを俺が守りたい。

そして、俺の支えになってほしい。

この2つの思いが強くなったときが、男にとっての付き合うきっかけになります。

ただ、大人になるとお互いの立場を考えて行動しますので、付き合う気持ちがあったとしても、すぐに告白とはいかないことが多いです。

じっくり相手の様子を見て、今の関係を温めるという『熟成期間』のようなものを持つのが、一般的な大人の恋愛です。

まとめ

男と女が付き合うきっかけを掴むのは、なかなか難しいものですね。

女が『勘違い女と思われたくないから、自分の気持ちが言えない』と思うのと同じで、男も微妙な距離感からの『あと一歩』が踏み出せないことがあります。

心の中では、この人はきっと自分のベストパートナーだ、この人を幸せにできるのは俺だと思っていても、やっぱり男だって迷います。

相手が自分のことを好きだという確証がないのに、告白して撃沈だったらどうしようと悩みます。

ですが、付き合うまでの微妙な関係が長かったカップルほど、付き合ってからもお互いの気持ちに配慮し合うようになります。

勢いで一気に畳みかける恋ももちろん素敵ですが、勢いで行ってしまっただけに、お互いのことがしっかり見えていなかったということも起こり得ます。

そうなると、喧嘩は起こりやすくなりますね。

まだ付き合っていない今の期間こそ、ふたりの愛を温め合う大切な期間。

けど、彼があまりにももたつくようなら、あなたの方から付き合いたいという気持ちを伝えてあげた方が良いかも知れません。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。