良いことだけじゃない?国際恋愛の苦悩とは?

仲良くしたい
スポンサーリンク

近年グローバル化の影響で、国境をまたいだ人々の行き来が盛んになっていますね。

その影響で違う国籍の人と恋愛をする、いわゆる国際恋愛カップルが増えています

街を歩いていても人種の違うカップルを見かけることが増えたのではないでしょうか。

普通の恋愛でも難しいのに、言葉も文化も違う人との交際はもっと難しいはず。

国際恋愛の苦悩とその乗り越え方をご紹介します。

「分かるだろう」は通用しない!

日本人同士のカップルだと、「暗黙の了解」という言葉にあるように、わざわざ口に出して言わなくてもお互いに理解できることがあります。

日本人は、相手の気持ちを汲み取ろうとする力が強いため、他国の人より「言葉に出さない部分」に意識を向けることが得意です。

これは日本人独特の文化ですが、日本の社会には「本音と建前」や「空気を読む」といった独特の習慣があります。

ところが、その文化を持たない外国人は「空気を読む」ことが一体何なのか分かりません。

言葉にしないと伝わらないのです。

態度で感情を表現し、気づいてもらおうと期待することはほぼ不可能です

むしろ、人の気持ちを言葉なしで推し量ることはとても難しいことであるため、それを外国人に強要するのは酷であるともいえるでしょう。

日本文化をよく理解し、日本人の特徴について理解がある外国人ならまだしも、日本以外の文化で育ってきた人は、そもそも日本人の考え方を理解していません。

言葉で伝えなければ理解してもらえないのです。

特にヨーロッパ、アメリカ、アフリカ系の人たちは、言葉によるコミュニケーションをとても大切にします。

「言葉で自分の気持ちをいかに表現するか」ということが、人間の人格的成熟度を表すとも考えられています。

つまり彼らにとって、黙ってムスっとしているのは子供がすることで、成熟した大人は言葉で気持ちを表現するべきという認識なのです。

何でも口に出すのははしたない、カップルなんだから言わなくても分かるのが理想的、などと思わずに、知っていてほしいことや気づいて欲しいことはしっかり言葉にするように心がけましょう。

言語の壁は大きい

国際恋愛の苦悩と聞いて、最初に思い浮かぶのは言語でしょう。

違う言語を話す人と恋愛をすることは、とても難しいものです。

言語の壁をもつ国際恋愛カップルには2パターンあります。

1つはどちらかが相手の母国語を話す場合、そしてもう1つはお互いが共通の外国語を話す場合です。

お互いがお互いの母語を話す場合もありますが、その場合はこのケースでいう「言葉の壁」はないのでとりあげません。

1つ目のどちらかが相手の母国語を話すケース、フランス人と日本人のカップルを例にとってみます。

フランス人が日本語を話す場合、日本人側は特に言語の壁はありませんが、フランス人側は言語における著しい努力が必要になります。

逆もまた然りです。

片一方が母国語を、もう一方は外国語を話す関係は、言語におけるストレスがアンバランスになってしまいます。

言語におけるストレスは辛いですが、少なくとも一方は楽に関係を続けることができるので、思いやり次第で何とでもなります。

もう一方のケースである共通の外国語を話す場合は、お互いの外国語レベルによりますが、言語習得の過程で同じ苦悩を味わっています。

その点で相互理解が深まりやすく、その言語文化を通した感覚を共有することができます。

ところが、2人ともが外国語を話さなければならない関係は、双方にストレスが溜まる状態です。

お互いに伝えたいことを100%伝えきることができないもどかしさが残ります。

元ボクサーで南アフリカ共和国、最初の黒人大統領ネルソン・マンデラ氏の言葉にこういうものがあります。

あなたが人に何かを話すとき、その人がわかる言葉で話すとそれは脳に届く。またその人の母国語で話すとそれは心に届く。

理想形はお互いが双方の母国語を話し理解し合うことです。

それが難しい場合でも、相手の言語文化を理解する努力はしたほうがいいでしょう。

日本の街では結構目立つ

国際恋愛カップルは、日本の街を歩いているととても目立ちます。

特にヨーロッパ系やアフリカ系、アラブ系といった、日本人の外見から遠く離れた人とカップルの場合はその傾向は顕著です。

外国人があまり多くやってこない地域では、外国人と日本人のカップルが一緒に歩いていると、どうしても注目されてしまいます

二人からすると、見知らぬ人にジロジロと見られるのは心地の良いことではありませんよね。

また、相手が初めて日本を訪れたケースですと、その視線の不躾さに嫌気がさしてしまうかもしれません。

日本に長く住んでいる外国の方ならその視線に慣れているかもしれませんが、そうでなければ意外に不快な思いをします。

「イケメンの白人彼氏を連れて歩きたい~♪」と軽く考えていると、全く期待しない感情を持つはめになるので注意してください。

まとめ

国際恋愛カップルの様々な苦悩を紹介しましたが、育った環境や文化が違うと考え方が変わり、お互いに理解することが難しくなります。

しかし、国際恋愛をしているカップルは意外に強く、その違いすらも刺激になって楽しいという人たちもいます。

カップルにとって大切なのはお互いを信頼することです

それは国籍、人種が違っても変わるものではありません。

人として相手を信頼できるか、そして信頼してもらえるかが大切なのです。