彼女が可愛くないときの男性心理|それでも付き合う理由と6つの対処法

お付き合いをしている彼氏には「可愛い」と思っていてほしいですよね。

でも、実際には彼女のことを「可愛くない」と感じている男性もいます。

彼の友達に「俺の彼女可愛くないんだよね」とこぼしているのを聞いてしまったり、自分のことを可愛くないと思っている女子にとって、彼の本音はとっても気になるもの。

今回は、彼女を可愛くないと感じる理由やそれでも付き合っている理由、そんな彼に対して彼女ができる対処法などをお伝えします。

彼女を可愛くないと感じる理由と男性心理7つ

お互いが好きだからこそお付き合いをしているはずなのに、彼女のことを可愛いと思えないのはどうしてなのでしょうか。

恋人である彼女を可愛くないと感じてしまう理由と男性心理をご紹介します。

他の女性と比べてしまう

付き合い始めは彼女のことを可愛いと思っていたにもかかわらず、職場や学校などで新しく出会う女性が多いと、どうしても彼女と比較してしまうことがあります。

彼女との付き合いが長くなればなるほどマイナスの部分も見えてきて、他の女性のほうが魅力的に見えることも少なくありません。

また、男性は競争社内のなかで生きています。

友達の彼女が自分の彼女よりも顔立ちが整っていたりスタイルがよかったりすると、対抗心や嫉妬心から比較をしてしまい、彼女のことを可愛くないと思うことがあるようです。

素直じゃない

男性が女性を可愛い・可愛くないと判断する基準は容姿だけではありません。

彼女のふるまいやしぐさなどに女性らしさを感じて「可愛い」と思うことも多いのです。

「あの子は可愛げがある」という言葉には、男性がしてくれたことに対して素直に喜んだり、寂しいときは強がらずに甘えてくれるなど、素直な感情表現ができる女性の可愛らしさが表れています。

彼氏が用意したプレゼントやサプライズに素直に「嬉しい、ありがとう」と言えていますか?

たとえどんなに容姿がよくても、素直さが足りない女性には「可愛い」と思えない男性も多いでしょう。

謝らない

彼氏に対して素直になれない女性のなかでもとくに可愛げがない女性は、自分の非をなかなか認めないことが多いです。

恋人同士の喧嘩というのは、どちらにも多少なりとも非がある場合がほとんどです。

明らかに自分が傷つけられたり人格を否定されているのでないかぎり、彼が感情的になるということは彼女のほうにも要因があるのです。

それなのに、彼が何を言っても一向に聞く耳を持たず、自分の悪いところを一切認めない姿勢はとても可愛いとは言えません。

謝罪は負けではありません。

そもそも彼氏は競争相手ではないはず。

喧嘩の後は、素直に「ごめんなさい」と伝えましょう。

愛嬌がない

女の武器には涙よりも有力なものがあります。

それが「笑顔」です。

ずっと一緒にいる彼女に対して男性が求めるもっとも大きな要素は「癒し」です。

仕事や学校で疲れていても、彼女の笑顔を見るだけで幸せになれると感じる男性はとても多いのです。

笑顔がない女性には愛嬌もありません。

いつもぶすっと膨れている人の隣にいても楽しくないのは男性も女性も同じこと。

たとえ顔立ちが整っていても、愛嬌がない女性が「可愛くない」と言われてしまうのは仕方のないことかもしれません。

自分勝手な要求ばかりする

長続きするカップルになるには、お互いへの思いやりが不可欠です。

ですが、付き合いが長くなってくると彼氏に「してもらっていること」より「してくれないこと」に目が向いてしまう女性も多いのではないでしょうか。

1日1回は電話してほしいとか、LINEの返信はすぐにしてほしい、女の子がいる飲み会にはできるだけ行かないでほしい… 彼のことが好きだからこそ不安になっていろいろ要求をするのでしょう。

でも、彼には彼のペースがあります。

それを理解しようとせず、自分の要求ばかりする自分勝手な女性は可愛いとは言えません。

体型が変わった

一般的に男性は女性よりも恋人の見た目の良さを重視する傾向があります。

顔立ちやファッション、髪型などを細かくチェックしていますが、そのなかでも女性の体型に関してこだわりのある男性は少なくありません。

彼女が付き合い始めのころよりも明らかに太っている場合、見た目が大きく変化をしているため「もう可愛くない」と感じてしまうのです。

彼女といることに新鮮味がなくなった

恋愛感情にはときめきが必要です。

付き合いたてのころは彼女の見た目やふるまいのひとつひとつが新鮮で、彼女と一緒にいられるだけで幸せだと感じる男性は多いでしょう。

ですが、付き合いが長くなればなるほど二人の関係には新鮮味がなくなっていきます。

それが深い愛情へと変化するならむしろいいことなのですが、「胸がきゅんとすること=彼女が好き」という感覚をもっている男性は、ドキドキがなくなると「可愛いと思えなくなった」と感じることもあるようです。

可愛くない彼女と付き合っている8つの理由

彼女のことを可愛くないと感じていても別れたいとは考えていない男性もいます。

女性からすれば、可愛くないのにどうして付き合ってくれているんだろう?と不安になることもありますよね。

男性が可愛くない彼女とお付き合いを続ける理由をいくつか挙げてみたいと思います。

自分の好み

好きな異性のタイプは人それぞれです。

多くの異性から好まれる容姿というのはたしかに存在しますが、そうでないからといって誰からも好かれないということはありません。

特に男性はストライクゾーンが広いと言われています。

一般的に見て可愛いと思う人が少なかったとしても、彼氏にとっては彼女がいちばん可愛いのかもしれません。

この場合、「可愛くない」と思っているのは彼女自身だけ、という可能性が高いですね。

容姿以外の魅力がある

女性に内面的な魅力がある場合、見た目が可愛いか可愛くないかは彼氏にとって特に重要とならないことも多いです。

価値観が近い、考え方がしっかりしている、仕事ができる、家事ができるなど、容姿以外に惹かれて彼女を選ぶ男性は年齢を重ねるにつれて増えてきます。

また、好きという感覚はときに言葉では説明のできない感覚的なものです。

直観的に「好きだ」と感じる彼女だからこそ、客観的な見た目にかかわらず「可愛い」と感じることもあるでしょう。

一緒にいて楽しい

恋の始まりにドキドキや緊張感は欠かせません。

ですが、恋人をパートナーとして考えると、高揚感よりも居心地のよさを求める男性が多いでしょう。

彼女と一緒にいて楽しいと感じれば、自然ともっと一緒にいたいと思うようになります。

そうした感覚に相手の容姿がほとんど関係ないことは女性にも理解できるはずです。

たとえどんなに美人だったとしても、いつもネガティブだったり愚痴しか口にしない彼女とは一緒にいたいと思えません。

安心感がある

狩猟本能が備わっている男性を振り回すような美しい小悪魔女子は、モテます。

でも、男性が生涯のパートナーとして女性を選ぶときは、容姿が整っている駆け引き上手な女性よりも、一緒にいて安心感のある女性を好むでしょう。

可愛くて美人な彼女は自分のステータスを上げてくれて気分がいいかもしれませんが、いつか他の男性に取られてしまうんじゃないか、自分もかっこよく振舞わないといけない、という感覚が働いて疲れてしまうのです。

笑顔が可愛い、愛嬌がある

男性は女性の笑顔に弱い生き物です。

彼らが仕事を頑張るのも、ちょっと張り切ったプレゼントをくれるのも、恥ずかしいのを我慢してかわいいカフェについてきてくれるのも、すべては大好きな彼女の笑顔を見るためです。

世間的には可愛くない彼女だったとしても、笑った顔が可愛かったり、いつも笑顔が絶えない愛嬌のある女性なら、彼氏も一緒にいるだけで明るい気分になれるのです。

自分と釣り合っている

一般的に見て可愛くない彼女と付き合っている男性のなかには、自分の容姿やステータスに自信がないため美人で可愛い女性を彼女にしたくないと考えている人もいます。

自分と不釣り合いな彼女と一緒にいて不安になるよりは、自分と同程度の容姿をした女性のなかで一緒にいて落ち着く人や価値観の合う人と付き合ったほうがいいと思っているのです。

結婚を視野にいれている

男性が結婚を視野に入れて彼女と付き合っている場合、見た目よりも「生活を共有できるか」という点を重視する傾向があります。

そんな男性は、いくら容姿がよくてもお金の使い方に関する価値観が合わなかったり、家事をまったくしない、口うるさい女性は敬遠します。

彼女ではなく将来の妻として付き合っていけるかどうかを判断するのです。

美人ではなくても安定した生活を想像できる相手とは一緒にいたいと思いますよね。

体の相性がいい

男性は、女性が考える以上に恋人との体の相性を重視しています。

彼女の見た目が好みではなくても、体の相性がいいと離れたいとは思わなくなるようです。

恋人同士が体の関係を結ぶとき、愛情はより深くなります。

ちょっとしたすれ違いや気持ちの変化が起こったとしても、行為によって相手の愛情を受け取ることができるため心が満たされるのです。

「私、可愛くないかも…」と思ったときに彼女ができること

付き合っている彼氏に直接「可愛くない」と言われることはまれかもしれません。

でも、彼が友達にそう言っているのを聞いてしまったり、自分のことを可愛くないと感じている女性が不安になるのは当然のこと。

可愛い彼女になるためにできることはあるのでしょうか?

外見を磨く

男性は視覚で恋をします。

彼氏に「可愛い」と思ってもらうには、まず外見を磨くことが大切です。

あなたは自分のことを可愛くないと思っているかもしれませんが、女性は努力次第でおどろくほど変身ができる生き物なのです。

ダイエットをしてみたり、今まで無頓着だったスキンケアやヘアケアに力を入れてみる、自分に似合うファッションを研究するなど、ちょっとしたことに気を遣うだけでも変化が現れます。

男性はひとつひとつの細かい変化には鈍感なことも多いですが、外見を磨く努力を続けていると、ふとしたときに「なんか可愛くなったな」と気づいてくれるはずです。

内面を磨く

可愛いか可愛くないかの判断基準は外見だけにあるわけではありません。

彼氏にかわいい彼女だと思ってもらうには、内面から可愛くなることが不可欠です。

あなたは「どうせ顔立ちが整っていないから何をしてもだめ」と卑屈になってはいませんか?

そうした自信のなさやネガティブな態度がさらに「可愛くない印象」に拍車をかけるのです。

男性は明るくてポジティブな女性と一緒にいたいと思っています。

自分の内面の欠点に向き合って改善しようとするのはいいことですが、それによってさらにネガティブになる位なら「このままでいいや」と開き直るほうが可愛い彼女への近道になるかもしれません。

素直になる

男性が女性を可愛いと感じる要素はたくさんありますが、そのなかでも女性が持つ「素直さ」に惹かれる男性はとても多いです。

男性は一般的にプライドが高いと言われているため、なかなか素直になることができません。

そんななか、感情表現が豊かで素直な女性はたとえ見た目が好みでなくても可愛いと感じます。

素直で可愛い女性はどんな些細なことでも「ありがとう」と笑顔で言うことを忘れません。

恥ずかしがらずに「好きだよ」と伝えることができますし、言い訳をせずに「ごめんなさい」と謝ることができます。

ちょっとしたことのように思えますが、このような素直さは女性の可愛らしさと紙一重だと言ってもよいでしょう。

彼女が可愛くないと感じたときに男性が取るべき6つの対処法

彼氏に可愛くないと思われているかも… と不安になる女性心理と同様に、男性も恋人である彼女のことを可愛いと思えないことに悩んでいるかもしれません。

ここでは少し視点を変えて、男性が彼女を可愛くないと感じてしまったときの対処法をご紹介します。

自分に自信を持つ

意外かもしれませんが、彼女が可愛くないと感じる理由のひとつに「男性側の自信のなさ」というものがあります。

一緒にいて楽しい彼女のことが好きなはずなのに彼女の容姿を気にしてしまう男性は、自分の容姿にも自信を持っていないことが多いです。

自分はこのレベルの見た目の女性しか手に入れることができないという劣等感が心のどこかにあり、たとえ内面が美しい彼女を目の前にしても暗い気持ちになってしまうのです。

まずは自分に自信を持ちましょう。

容姿に自信がなくても、男性だってファッションや髪型、ダイエットなどで雰囲気のあるイケメンに変化することは可能です。

また、仕事や趣味などで成果をあげる努力をしてみましょう。

自分に自信を持つことができれば、劣等感で彼女を選んだのではなく、自分が好きだと思ったから彼女を選んだのだ、とポジティブな気持ちで彼女と向き合えるはずです。

可愛くなる手助けをする

彼女を可愛いと思えなくなったとき、彼女自身がそのことに気付いていなければ二人の関係は悪いほうへと向かっていくでしょう。

でも、女性に直接「可愛くない」と伝えられる男性はまずいませんよね。

彼女に可愛くなってもらいたいときは、さりげなく手助けをするのがおすすめです。

ぜひ一緒に買い物に出かけて彼女の服や持ちものを選んであげてください。

メイクやヘアアレンジに興味のない女性には、そのことを責めるのではなく「こんなふうにすれば似合うと思うよ」と自分の好みを伝えてあげましょう。

二人で同じ美容院に行ってみるのも新鮮です。

好きな彼氏の好みには合わせたくなってしまうのが女心というもの。

今の彼女を可愛くないと感じるのは、変身の可能性を秘めているからかもしれません。

「可愛いね」と褒める

男性は隠しているつもりでも、彼氏が彼女を可愛くないと感じていることを女性はなんとなく気づいています。

彼の態度や言葉のはしばしにそんな空気を感じてしまうと、女性はどんどん自信をなくしてしまいます。

結果的に「どうせ可愛くないし…」と暗い気持ちになって、さらに可愛さとは程遠い女性になっていくのです。

彼女を可愛くないと思ってしまったときほど「可愛いね」と伝えてみてください。

女性は自分に自信を持てるようになるとどんどん輝いていきます。

大好きな彼氏からの「可愛い」という言葉はどんな褒め言葉よりも効果があるのです。

新鮮な気持ちで彼女と接する

彼女の見た目が好みではなかったとしても、「好き」という気持ちがあったからこそお付き合いが始まったはず。

今の彼女を可愛くないと思ってしまうのは、長い付き合いになってその気持ちを忘れかけているからではないでしょうか。

可愛いと思えないことで彼女を嫌いになったわけではない場合、カップルなら避けては通れない倦怠期の可能性があります。

そんなときは、新鮮な気持ちで彼女と接してみることをおすすめします。

彼女と付き合うきかっけになったのはどんなことでしょうか?

彼女のどんなところに惹かれたのでしょうか?

いちど彼女を可愛くないと感じると悪いところばかりが見えてきます。

意識的に彼女のいいところ、彼女がしてくれることに目を向けるようにしましょう。

「別れたい」なら別れてあげよう

彼女を可愛くないと感じたときの対処法をお伝えしましたが、もし男性側が可愛くない彼女と一緒にいることに嫌悪感や恥ずかしさがあるなら、いっそのこと別れてあげるほうが彼女のためかもしれません。

彼女の内面が本当に好きでずっと一緒にいたいと思っているのに、可愛くないことだけが引っかかっているなら上の対処法は効果があるでしょう。

ですが、彼女が可愛くないことが原因で本当は別れたいと思っているのに、「彼女」というステータスがほしかったり、体の関係を持てる女性を手放したくないからという理由で付き合い続けるのは、男性にとっても女性にとってもいいことではありません。

「別れたい」と思うなら、別れてあげましょう。

彼女のことを心から可愛いと感じる男性は他に必ずいるのです。

「可愛くない」と思っているのは誰?

彼女が可愛くない。

大好きな彼氏がそう思っていたらどうしようと不安になったことがある女性は多いはず。

自分の容姿に自信を持てない女性は少なくありません。

つい周りにいる可愛い女性と自分を比べてしまったり、彼氏がテレビに出ているモデルさんを「可愛い」と言っただけで「私は全然だめだ…」と自信をなくしてしまったりしますよね。

ですが、もしあなたが彼氏に直接「可愛くない」と言われていないのなら、自分が可愛くない彼女だなんて思う必要はまったくないのです。

「彼女が可愛くない」と感じているのは、彼氏ではなく、実はあなた自身だったりしませんか?

Writerこの記事をかいた人

ふみ

恋愛は人生を豊かにするひとつの材料です。苦しんだり辛い思いをしているのなら、本物の恋じゃないのかも。 恋愛はテクニックよりも思考法。どうすればもっと楽しく、幸せな気持ちで恋愛ができるのか一緒に考えていきましょう。 好きなものは、文学と哲学、おいしいコーヒー。