【離したくない彼女】たった3つの方法で男が手放したくない女になれる!

「今の彼氏は、絶対に離したくない!」と思ったら、彼女としては何をどう改善していけば良いものかと悩んでしまいますよね。

彼氏を夢中にさせたい。だけどその方法がわからない。

女目線で考えても恋愛のセオリーが見えてこないときは、男性心理から発想するのがポイントとなります。

今回は、男から見て『そばにいて欲しい女』『離したくない女』とは、どんな彼女かをお伝えします。

男が言う「好きなタイプ」に惑わされない

男同士の会話を聞いていると、男って女の見た目しか見ていないの?と思えてきます。

幼い雰囲気が残っているアイドルの名前が出たかと思えば、全然違うタイプのグラビア系の女性のことを褒めまくる…。

彼女としては、自分はどんな雰囲気の女性を目指せば良いのかがわからなくなります。

セクシー系がいいの?ボーイッシュな方がいいの?

彼氏にとって離したくない彼女になるために、女性はみんな努力しています。

だけど、「あの女がいい、この女がいい」と言われると、自分磨きにも限界を感じてしまいます。

男の心理って単純なようで複雑に見えるし、複雑かと思ったらやっぱり単純に戻ったりしますね。

彼氏にとって離したくない女になる第一条件は、『男の発言にいちいち振り回されない』ことです

彼氏の一言一句を気にしたところで、100%満たせる女になるのは無理な話です。

和服が似合う人を見れば「古風な女っていいな♪」って思うし、水着姿の女性を見れば「セクシーでたまらない♡」となるのが男です。

あなたは、あなたに似合うメイクやファッションを追求するだけで充分だという自信を持ちましょう。

彼の気持ちに添う彼女

男性が女性の見た目に惹かれまくるのは、単なる『目の保養』を求めているだけのことです。

ですが、男性は彼女に対しては全く違うものを求めています。

彼氏から見てあなたは目の保養ではなく、もっともっと大切な存在です。

男の心を捉えて離さない彼女の共通点は、彼氏の内面(気持ち)にぴったりと寄り添ってあげているという点です。

男はプライドが高く、外ではかなり肩に力が入っています。

カッコ悪い自分、ダサい姿は人に見せたくないからですね。

ですが、外で頑張っている彼氏だって、やっぱりどこかで自分の弱さやカッコ悪さを出さないことには、精神的に参ってしまいます。

彼氏にとって良き理解者になり、安心感で包み込んであげる

そんな女性は、男性にとって『絶対に離したくない彼女』です。

「この人の前では、本当の自分でいられる」という安心感を与えてあげましょう。

彼の依存心を引き出す

彼氏から見て彼女というのは、目の保養というような遠い存在ではありません。

もちろん、あなたがセクシーさを追求すれば彼氏は喜びますが、彼の自然体の姿や弱さに寄り添っていくことができなければ、単なる『いい女』で終わってしまいます。

離したくない彼女になりたいなら、彼氏の心の中にある、女性への依存心を引き出すと効果的です。

普通に恋愛を楽しむ『男と女』という対等の関係だけでなく、ふたりの間に『母と子』や『姉と弟』のような関係も作っていくと、彼氏はあなたから離れられなくなっていきます

女性には元々母性が備わっていますので、彼氏が年下であろうと年上であろうと、母や姉のような気分で男性のことを見てあげる感情は持ち合わせています。

特に彼が疲れ切っているときや、スランプ状態のとき、彼の中にある甘えたい心理は強くなります。

優しくなだめてあげたり、背中を撫でてあげたり、お姉さん的な口調でアドバイスをしてあげると効果は高いですよ。

離したくないと思わせるコツ3つ

《1》料理で彼を呼び込む

男性は皆、料理上手な女性に好意を持っています。

美味しいものを食べたいという欲求と、リラックスしたいという欲求が同時に満たせるのは、家デートでの食事しかないですね。

彼女の料理を気に入ると、男性は「またあの味が食べたい」と思って彼女のところに通いたくなります

離したくない彼女を目指すなら、料理は外せない重要なポイントです。

《2》居心地の良い雰囲気を作る

彼氏の気持ちをしっかりつなぎ止めるには、「帰る場所は彼女のところしかない」と思わせる必要があります。

一緒にいると癒される、心身共に解放されると感じさせれば、心は自然と彼女の方を向きます。

疲れた彼氏がいびきをかいて眠ってしまっても、ガミガミ文句を言わない起こさない

多少だらしない一面を見せても、優しいお姉さん気分で見守ってあげる。

そんな存在になってあげることを目指しましょう。

《3》最高の理解者になる

「絶対に俺のそばにいてほしい」という気持ちにさせていくためには、彼氏が本音や本性を出しやすい女になる必要があります。

とにかく彼の話は最後まで聞いてあげること

彼の考えや意思を尊重してあげること。

この2つの姿勢は崩さないようにします

但し、何でもかんでも「うん」「うん」と受け止めるだけでは、あなたの存在価値は今一つ高いと感じてもらえませんよね。

一通り話を聞いたら、「私ならこうするかなー」とか「私の知り合いで同じ経験をした人がいるよ」というように話を展開させるのも大事です。

世間のカップルが羨ましがる、『お互いを高め合うことができる関係』というのは、こういう関係のことですね。

もしそんな関係になれたら、ふたりは最強です。

とっておきの秘策

今回は、離したくない彼女ってどんな人というテーマをお届けしてきました。

男から見て離したくない女というのは、一言でいうと『余裕のある女』なのかも知れません。

最後にもう一つ、彼氏を夢中にさせる秘策を教えちゃいます。

男というのは満たされすぎると、彼女に対して手を抜く傾向があります。

この人は何でも許してくれると思ってしまうからです。

優しさを感じさせつつ、同時に逃げられたくないという危機感も持たせれば、男は彼女に誠実になります

私ってモテ女なんだよということを時折匂わせてみてください。

「転勤してきた男の人から、食事に誘われた」とか「先月もデートしようって言ってきた男の人がいた」という話を、さり気なくするのがコツです。

効き目は絶大ですよ♡

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。