彼氏からこんな別れたいサイン出てませんか?!サヨナラを回避する方法

トラブル・別れ
スポンサーリンク

最近、彼氏からラインの返信がほとんど来なくなった…。

理由を訊いても「仕事が忙しい」の一点張り。

彼氏が最近冷たいなと感じたら、別れたいサインという可能性もあります。

今回は、ちょっと冷たくなった彼の本音を探ってみましょう。

あなたの彼氏は別れたいと思っているのでしょうか。それとも少し距離を置いているだけなのでしょうか…。

わかりやすい「別れたいサイン」

一般的な男性は、女性と比べて態度や行動に気持ちがでやすいという特徴を持っています。

一緒にいて嬉しいときは、その気持ちが表情にも言葉にもにじみ出ます。

反対に楽しくないときは、退屈そうな顔をしたり、反応が薄くなったりします。

ただ、最近たまたま喧嘩が多かったとか、付き合いが半年・1年を越え、倦怠期に入ったなどの理由がある場合は、冷たい=彼氏からの別れたいサインとも限りません。

とりあえず今は、少し離れたいという気持ちを持っているだけということもありますので、慌てずに対処しましょう。

「不満」をはっきり言われた

最近のふたりの会話を思い起こしてみてください。

彼氏からはっきりと不平・不満を言われたという人は、その日を境に彼氏がどんどん離れていったのではないかということを振り返る必要があります。

不満を言うのは、まだ一緒にやっていこうという気持ちがあったという表われです。

ですが、その後も全然改善する意思が感じられないとか、何を言っても言い返されてしまうと感じた場合は諦めモードに切り替わります。

どうせ何を言っても無駄という考えになったとき、男女関係は一気に下降します。

話し合っても良い結果が出ないことで、一緒にいる意味が感じられなくなるのです。

以前は喧嘩しながらでも意見を言う人だった彼氏が、全く連絡してこなくなったということなら、別れたいサインである可能性は濃厚です。

ラインで読み取れる彼氏の気持ち

男性の多くは、文字でのやり取りを女性ほどは好みません。

ふたりの仲が上手くいっているときでも、メッセージの長さや回数は彼女の方がやや多めというカップルが多いですね。

恋人を思う気持ちが弱くなってきた場合、男性は自分が苦手なものからサボり始めます。

  • じゃれ合うようなスキンシップが苦手な男性は、ベタベタするのをやめる。
  • 言葉で愛を伝えるのが苦手な男性は、愛情表現をしなくなる。
  • ラインでメッセージが来ても返信しなくなる。

彼女とのコミュニケーションの中で、どんなことが苦手なのかは人それぞれです。

しかし、多くの男性に共通しているのが、彼女との仲がいまいちになってくると『ラインするのが面倒臭い』と感じる点です。

但しラインはしてこないけど、用事があるときに電話をしてきてくれるとか、時々会う時間を作ってくれているのであれば、彼氏からの別れたいサインは出ていないと思っても大丈夫です。

電話もなかなかつながらない・最近全然会っていない・ラインもしてくれないとなれば、事態は深刻です。

好きな女性が熱心にメッセージを送ってきているのに、既読スルーや未読放置を続ける男性はいません。

どうにもこうにも連絡がないとなれば、彼氏の気持ちは別れに傾いていると考えた方が良いです。

別れを回避させる方法

  1. ラインを立て続けに送るのを止め、しばらく時間を空けてから連絡してみる。
  2. 彼氏の気持ちを問いただすような質問をしない。
  3. 彼氏が忙しいとわかっている時間帯を避けて連絡するようにする。
  4. 一言でも返事をくれたときは、話せて嬉しいという気持ちだけ伝え、深追いしない。
  5. ふたりの間に共通の友達がいる場合は、友達と一緒に会うと雰囲気が和らぐ。

彼氏の気持ちを取り戻すコツ

そもそも彼氏が別れたいサインを出したり、連絡する気がなくなった背景には、『一緒にいると疲れる』とか『話をしても喧嘩ばかり』など、何らかの理由があります。

関係を修復させるためには、相手をイライラさせない・疲れさせないという配慮が必要です。

彼氏を思う気持ちが強いあまり、立て続けにラインしたり、質問を重ねると、相手はさらに疲れてしまいます。

追い込めば追い込むほど、男女関係は取り返しがつかない方向へと流れてしまいがちです。

彼氏が忙しい時間帯を避ける、質問を止める、大量にラインを送らないなどの配慮をしながら、彼が『もう一度ちゃんと話してみようかな』という気持ちになるようにしていきましょう。

関係が危うい男女がふたりきりで向かい合うと喧嘩になりやすいので、友達や知人と一緒に会うという選択をするのも賢い選択です。

ふたりの原点

一度、別れたいサインを出してきた彼氏との関係を元に戻すのは、簡単ではありませんね。

でも、どんな恋人同士にもドキドキした時代があったはずです。

ふたりが恋に燃えた頃、どんな場所に行き、どんな会話をしていたのかという『原点』があります。

その原点に一緒に戻ることができれば、お互いがどれほど大切な存在かを思い出すきっかけになります。

ふたりの間にできてしまった溝にばかり注目していると、どうしても喧嘩は起こりやすくなります。

今ふたりが抱えている現状の問題は少し置いておいて、ふたりで過去の楽しかった話に気持ちを向けるのは、上手くいっていないカップルを修復する一つの方法です。

可能であればふたりの思い出の場所に彼氏を呼び出し、ふたりであの頃を振り返ってみましょう。

トラブル・別れ
シェアする
ラブベイト