男:「彼女のわがままが可愛い~!」彼氏は彼女のどこを見て喜んでる?

仲良くしたい
スポンサーリンク

女はわがままな方が可愛いというセリフ、よく聞きますよね。

でも、男はなぜ彼女のわがままを可愛いと感じるんでしょうか。

甘えたような言い方や態度?

それとも、男は我が強い女の方が好きなの?

今回は、男が女のわがままのどこにキュンとくるのかを解説していきます。

男性心理を知ったら、あなたも「少しわがままになってみようかな…」と思うかも知れません。

「俺の女」だと実感できる

わがままな女と聞くと、女性はどちらかというとネガティブな印象を抱く人が多いのではないでしょうか。

『大人のくせに』とか『ずる賢い』というような感じを受けるからですね。

ですが、男性は意外と女のわがままに対して寛大な人が多く、「彼女はわがままな位の方が可愛い」とさえ言います。

わがままという行動は、あれが嫌だとかこれがしたいとか、こんなことをしてもらいたいなど、自分の要求をストレートにぶつける行為ですね。

でもこの行為、愛され女子は誰にでもやっているというわけではありません。

自分の家族や仲良しの友達など、気を許している相手だけに見せる、メンバー限定の行為なんです。

そして、女性が一番気を許している相手といえば、彼氏ですね。

彼氏が彼女のわがままさを可愛いと感じるのは、『俺にだけ、わがまま言ってるんだろうな』ということがわかるからです。

男が引いてしまうわがままもある

稀に、どこに行っても誰に対してもわがまま発言オンパレードという女性もいます。

初対面の人たちが集まるコンパで、「こんなの食べられな~い!」などと言うようなタイプです。

わがままは、出す場所をわきまえなかったり、頻度が高すぎるとまわりに不快な思いをさせます。

出会ったばかりの男性に無茶を言ったり、彼氏が受け止められないほどわがままを重ねれば嫌われる可能性大です。

彼女の「素」を感じる行動

わがままを言うとき、きちんとした敬語を使うなどということはまずありません。

背筋を伸ばしてお辞儀をすることもありませんね。

彼氏というのは、女性にとって一番気が許せる人です。

他の人には絶対に見せない『素』が出しやすい相手です。

日常生活で見せている雰囲気とかけ離れた自分。

そんな素の部分をさらけ出すと、彼氏はキュンときます。

外では大人の仮面をかぶっていても、本当は弱い一面も、子供っぽい部分も持っているんだということがわかり、彼女のことが愛おしく思えます。

『わがまま=可愛い』と感じさせる秘訣

  • 甘えたような口調
  • 上目遣い
  • 子供のように口を尖らせる

男も女も満足感が得られる

男性は、『女を守りたい』『女に頼られたい』という潜在的な欲求を持っています。

男性は女性に甘えられたり頼られたりすると、自分の男らしさを認めてもらえたと感じ、嬉しくなります。

わがままは男にも女にもメリットあり

  • 女:彼氏から『可愛い』と思われ、愛される効果がある。
  • 男:『彼女に頼られたい』という欲求が満たされ、自分の男らしさも感じることができる。

彼女のヤキモチ

普段からわがままを言い慣れている女性や、男性に自然に甘えられる女性というのは、恋人に本音を言うことに抵抗がありません。

彼氏に対してヤキモチを妬いたときも、どんな風に伝えればちゃんと聞いてもらえるかを、経験上わかっています。

あれこれ計算して駆け引きしてくる女性よりも、わかりやすい言葉を使ってストレートにごねてくる女性の方が、男性としては扱いやすいです。

何故すねているのか、彼氏にどうしてほしいのかが伝わりやすいコミュニケーションを取るのが、わがまま女子の特徴です。

  • 「あんな女と仲良くされるのは絶対に嫌!」
  • 「飲み会に行ったときでも、ちゃんと連絡してきて!」
  • 「凄く寂しかったんだからね!」

彼女の可愛いヤキモチは、思わず抱き締めたくなってしまう男性が多いようです。

また、ヤキモチを妬かせるような出来事があったとき、わがまま上手な女性は交換条件を出すという方策に出ることがあります。

許してあげる代わりにわがままを通す

  • 「今度の土曜日は休めないって言ってたけど、休んでもらうからね!」
  • 「本当に好きという気持ちがあるんだったら、仲直りの旅行に連れてって!」
  • 「新しいバッグを買ってくれたら、反省を認めてあげる」
  • 「SNSに、私とのツーショット画像を載せてくれたら許してあげる」

まとめ

わがままな女性の行動をつぶさに見ていくと、単に「可愛い~!」と言われるだけの存在ではないことがわかってきますね。

自分の要求をストレートに表現し、彼氏の心をバッチリ自分のものにする。

意のまま思いのままに、自分の要求を押し通し、時には欲しい物まで彼氏に買わせてしまう。

同性として、ちょっと羨ましいところもあるのではないでしょうか。

  • 甘えたいときには甘える
  • 気に入らなければ文句を言う

複雑なコミュニケーションを苦手とする男性にとって、シンプルな言葉や態度は心に届きやすいものです。

わがままは、ふたりの関係を楽しいものにしていく大きな秘訣の1つです。

彼氏をキュンとさせるスキルとして、あなたも取り入れてみませんか?

仲良くしたい
シェアする
ラブベイト