彼氏におねだりして成功する女子と失敗する女子の差ってなに?

仲良くしたい
スポンサーリンク

彼氏と自分の関係を、他のカップルと比べる必要は全然ありません。

…とはいうものの、やっぱり友達の自慢話なんて聞いちゃうと羨ましいって思うのが女心ですよね。

彼氏におねだりしたら欲しい物を買ってもらえたとか、有給休暇を取って旅行に連れていってくれたなんて話を聞けば、私だってそんな経験してみたいと思ってしまいますね。

今回は、彼氏へのおねだりが成功している女性と、失敗している女性の違いに注目してみます。

可愛くおねだりすればOKではない

『彼氏におねだりするのが上手な女子』と聞くと、ほとんどの人が可愛い女性を連想するのではないでしょうか。

確かに、女性が好きな人に甘えておねだりするシーンを想像してみると、きっと、ものの言い方や態度が可愛いんだろうなという印象を持ちますね。

ですが、彼氏目線で考えると、言い方や態度が可愛いだけでは足りません。

『彼女の要求を叶えてあげたい!』と思わせることができる女性は、セリフや表情や態度だけが可愛いのではなく、彼氏から見たとき中身も可愛いのです。

そのことに気づけなければ、いくら甘えておねだりをしたところで、可愛げを男性に感じてもらうのは難しいです。

次の項目からは、彼氏へのおねだりを成功させている女性の特徴を紹介していきます。

どこがどんな風に可愛げがあるかを掴み、あなたもおねだり上手を目指しましょう。

一途さが伝わってくる

女性が女性である限り、こんな物が欲しいとかこんな服が着てみたいという欲求は、途絶えることがありません。

また、そういう欲求が高い女性の方が人生を楽しみ、自分磨きも頑張っているようにも見えますね。

ただ、おねだりされる側の彼氏としては、あれもこれも買ってほしいと目移りするような要求の仕方をされると引いてしまいます。

彼氏には、彼女が本当に大好きな物やハマっている物を買ってあげたいという心理があります。

ずっと1つのキャラクターを集めているとか、同じブランドのものをいつも欲しがっているということであれば、彼氏としても『たまには俺が買ってあげようかな』という気持ちになります。

一生懸命働いて得たお金。

好きな人が本当に喜んでくれることに使うなら惜しくないという考えを持つのは、女性も同じかも知れませんね。

彼氏をイライラさせないタイミング

おねだり上手な女性は、ねだるタイミングもちゃんとわきまえています。

彼氏が大きな買い物をした後や、給料前におねだりしても無理なことはわかっていますので、彼氏の機嫌が良さそうなときや、給料後やボーナス支給の前後を見計らうなど、相手が受け入れやすいタイミングに話をしますので、成功する可能性も上がります。

「一緒に」という言葉が鍵

彼氏の立場でおねだりされて最も嬉しいのは、『一緒に』という言葉を入れた要求の仕方です。

どこかに出かけたいときでも、洋服を買ってもらう場合でも、「私はこうしたい」という言い方でなく「一緒に」という言葉が入ると、印象はがらりと変わります。

『一緒に』という言葉に可愛げを感じる

  • この服を着て一緒に出かけたい。
  • 一緒に遠くに旅行がしてみたいな。
  • 有名店の高級料理を一緒に食べたい。

彼氏への気遣いを忘れない

彼氏へのおねだりを成功させるもう一つの秘訣は、一方的にねだらないことです。

『あなたは物を買ってくれる人』『私はねだる人』という関係を喜ぶ男性はいません。

普段の彼女のちょっとした気遣いによって、自分のことを大切に思ってくれていると感じてもらうようにすると、相手も自然と彼女の要求に応えたいという心理になります。

彼女ならではのプレゼントは効果が高い

  • 彼氏が疲れているとき、湿布を買ってあげたりマッサージをしてあげたりする。
  • 彼氏の両親に父の日・母の日プレゼントをする。
  • 身のまわりの生活品などを買ってあげる(下着や歯ブラシなど)。
  • 美味しい手料理を振る舞う。
  • 部屋を掃除してあげる。

人選ミスの可能性もあり

今回は、彼氏へのおねだりを成功させるポイントをご紹介してきました。

最後に、どんなに上手な方法を習得したところで、通用しない相手もいるということをお伝えしておきます。

彼女が可愛くおねだりしたとても、人選ミスをしている場合は効果が出ません。

おねだりに応えない可能性大の男

  • 金銭的余裕がゼロの男(収入が低すぎる・大きなローンを抱えているなど)。
  • ドケチな男(自分の物以外は買いたくない・自分の物ですらできれば買いたくない)。

もしも、上記のどちらかに当てはまるような男性があなたの彼氏だった場合、相手は『できるだけお金を使わない』という価値観を強く持っていますので、それを変えるのはかなり難しいでしょう。

こういうタイプの男性が彼氏の場合、彼女から何かをねだられると逃げたいような心境になります。

自分の可愛さや甘え方、おねだりの仕方をいくら研究しても、全然上手くいかない!と感じている女性は、もしかすると人選ミスをしてしまっているのかも知れません。

この機会に、どんな人と付き合えば自分は幸せになれそうかということもセットで考えてみましょう。

仲良くしたい
シェアする
ラブベイト