男性がハグしたいと思う5つのきっかけ!ハグされる女は愛される♡

どんなきっかけで、男性は女性にハグしたいと思うのか、そのタイミングを皆さんはご存知ですか?

女性にとって、男性からハグされることはとても幸福感の高いことです。

しかし、それは男性にとっても同じであると言えます。

つまり、ハグをされる女性というのは男性にとっても幸せを与えてくれる存在であり、幸せを与えてくれる女性は愛されます

今回は男性が女性をハグしたいと思う5つのきっかけについてご紹介していきます!

きっかけ①「ストレスが溜まっている時」

好きな人とハグするとどのような効果があるか、皆さんはご存知でしょうか?

それは、ハグをした時に脳内で分泌される「ドーパミン」と「オキシトシン」が幸福感に関係しています。

「ドーパミン」は幸福だと感じた時に分泌されるホルモンで、「オキシトシン」は呼吸が浅くなったり血圧の上昇を抑えたりする効果があるのです。

幸福を感じたり、血圧が安定したりするということは、脱ストレスの効果だって期待できます。

そのため、男性はストレスを抱えていると「好きな女性をハグして安心したい」という気持ちが自然と働きます

ストレスが溜まっていることを自分で感じ取っていなくても、誰かと肌を合わせることで気持ちを落ち着かせたいと思うのです。

きっかけ②「たまらなく愛おしいと思った時」

男性心理として、相手の女性に対してたまらなく好きだという気持ちが沸いてきたときにハグしたいと思うものです。

例えば、好きな女性が自分に向けてとびっきり可愛い笑顔を向けてきた時、可愛い仕草をとった時、男性は好きな気持ちが高まって思わずハグしたいと思います。

皆さんも小さな子供や犬や猫などの動物が「可愛い!」と思った時に思わず、抱きしめたくなったり、触れたいと思うことがあるのではないでしょうか?

男性にとっても女性をハグしたいと思う感覚は、このような感覚と非常に似ていると言えます。

“愛おしい”と思う感情が高ぶったタイミングで、思わず女性をハグしたいと思うのです

きっかけ③「相手を安心させたい」

自分の大切な人が不安そうな顔をしていたら、ギュっと抱きしめてあげたことはありませんか。

ハグにはこうした安心感を与えるという効果もあります。

例えば、好きな女性が目の前で泣いて悲しんでいたら、思わずハグして気持ちを落ち着かせてあげたいと思うものです。

きっかけ①でもお話ししたように、ハグには人のストレスを解消する力を持っています。

そのため、相手を安心させてあげたいと思う時に、男性は言葉をかけなくとも「抱きしめる」ことで気持ちを落ち着かせようとします

あなたが悲しんで、不安に思っているときに抱きしめてくれる男性は、あなたのことを心から想ってくれていると言えます。

きっかけ④「良い香りがしたとき」

恋愛にとって嗅覚はとても大事な役割を果たします。

男女ともに、好きな相手に匂いで印象付けたいからと良い香りの香水を選んだりしますよね。

それだけ匂いは記憶にも留まりやすいのです。

女性から良い香りがすると、嗅覚から刺激を受け、思わずハグしたいと思ってしまいます。

自然と、もっと近くで良い香りを感じたいと思いハグしたくなるのです

香水の香りでなくても、石鹸の香りやシャンプーの香りといったナチュラルな香りを好む男性も多いです。

女性にとっても常に男性にとって心地の良い香りを身に着けておくことは恋が始まるきっかけにだってなります。

男性が思わずハグしたくなるような愛され女性を目指すなら、自分の身にまとう匂いで男性をうっとりさせるのも一つの手段だと言えます。

きっかけ⑤「愛情表現」

女性でもハグは愛情表現として行う人も多いかと思います。

ハグは好意のある相手にしか積極的にすることのできない行動です。

そのため、好きな女性もしくは彼女に「好きだ」という自分の気持ちを伝える手段としてハグをする男性だっています。

口下手な男性にとっても、自分の気持ちを相手にわかってもらうためにハグをすることは“言葉で言わなくてもわかる愛情の伝え方”として取り入れやすい手段です。

男性からハグをされるということは一種の愛情表現です。

相手の愛情表現が感じられるハグであるときには、しっかりと相手の気持ちに応えてあげるようにしましょう。

男性がハグしたいと思うきっかけのまとめ♪

今回は、男性が女性をハグしたい!と思う5つのきっかけについてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか?

好きな人と肌を合わせてハグをするということは、とても幸せを感じやすいです。

そして、幸せを感じるハグというのは相手に対して好きであったり良い感情を持っていないと成立するのは難しいです。

そのため、男性からハグをされたということは、相手にとってあなたは愛される存在であるということを覚えておきましょう。