カップルの話し合いに必要なのは「アレを捨てること」

今回は、カップルの話し合いで必ずやって欲しいことをお話しています

彼氏(彼女)と喧嘩したときや、不満を抱えフラストレーションが溜まったときは、話し合う必要があります。

今回ご紹介する、カップルの話し合いのコツは「アレを捨てること」。

アレ・・・とは一体?

喧嘩が絶えず、話し合いがうまくいかないカップルにきっと役立つはずです。

話し合いに発展する3つの原因

まず始めに、喧嘩などから話し合いに発展する、そもそもの原因とはなんでしょうか?

きっと、この3つの要因が大きく関係しているのではないでしょうか。

  1. ジェネレーションギャップ
  2. 意見がぶつかる
  3. 言い方が悪くて伝わらない

歳の差カップルだと、世代間のずれ、文化や価値観の違いから、意見が対立することがあると思います。

いわゆる、ジェネレーションギャップというものですが、相手と頻繁に意見が食い違う場合は話し合いが必要でしょう。

他にも、意見がぶつかったり、言い方が悪くて伝わらないときも、ちゃんと話し合いをしなければいけません。

話し合いが必要な状況では、どうしても気持ちがネガティブになりますが、実は二人の関係を良くするチャンスでもあります。

その重要な手がかりとなるのが「対話」です

では、「対話」が二人の関係にどんな影響を与えるのか?これからお話したいと思います。

いま2人に「対話」が必要な理由

話し合いが必要なとき、自分にも相手にも話し合いをする能力がなければ、ただただ感情的になり悪憎(おぞう)が生まれるだけです。

たとえば、「これが俺だから!」「そういうあなたはどうなの?」といった具合です。

でも、対話というのは「目的をもった会話」ですから、相手の考えを聞き、その背景を理解しようとします。

つまり、ただのコミュニケーションではなく、信頼関係を築くための大切なプロセスなのです。

信頼関係は言い合いをしても生まれませんが、対話のなかでは生まれます。

信頼関係があるカップルほど、パートナーを否定したり排除したりすることなく、認め合い、共感したりすることができます。

これが、対話と愛の深い関りです

もうどうでもいい、こんな人とは別れたいと思ったなら必要のないことですが、どうにもできないことでも、どうにかしたいほど大切なパートナーなら、「対話」をするよう意識してみてください。

話し合いをうまく進めるために「アレを捨てる」

カップルがうまく話し合うために、対話が必要だとわかっても、具体的にどうすればいいのかわからないという人もいるでしょう。

話し合いをうまく進めるために必要なのは

相手の意見を聞くために「持論を捨てる」ということです

持論を捨てる…?

と思った方もいるかもしれませんが、話し合いが出来ない人の多くは、「自分の意見を曲げれない」という特徴があります。

それだと、意見を押し付けたり、暴言を吐くなどの力業になってしまいますよね。

だからこそ・・・

  • 聞く力:「うんうん、そうか。なるほど」
  • 持論の放棄:「私(僕)はどうしたらいい?」

このように、相手の意見を迎え入れ、自分の意見を手放してみてください。

すると、勝敗をつけたり、正解・不正解を探りあったりするのではなく、お互いが納得できる答えへと導くために、相互理解が働くようになります。

これが「対話」であり、話し合いに必要不可欠な要素です。

愛し合うカップルこそ、自分の欲求を押し通すような会話ではなく、じっくりと対話することが何よりも大切です。

話し合いを避ける人の心理とは?

話し合いをしたくても“出来ない”という人もいます。

たとえば、話し合いになったとき、黙り込んだり不機嫌になったり、言い訳ばかり繰り返し、話し合いを避ける人がいます。

どうして話し合いを避けるのかというと、その方が楽だからです。

問題に立ち向かうのはしんどい、だから無視をして、何も言わなくて済む楽な方を選んでしまう。

意見を聞いて、折り合いをつけるためにあれこれ考えるのがめどくさいから不機嫌さを装い、そして言い訳をする。

こうした「楽な方へと逃げる」という心理が、話し合いを避ける人にはあります

一種の甘えでもありますが、それでも、真剣に話し合いに応じるのが相手に対する礼儀であり、愛情です。

それなのに避けるという事は、自分のことしか考えていない、わがままな部分が出ているということです。

もし、ずっと話し合いを避けられるようなら、恋人との関係を見直した方がいいかもしれません。

まとめ

「相手を思って口にする」ことが抜けていると、カップルの話し合いはうまくいきません。

自分の中で正しいと思って伝えていることが、「もっとこうして欲しい」といった、相手に対する欲求になっていることもあります。

だから、いざ口にだしたとき煩わしく聞こえてしまうのです。

本当に分かってほしい人に分かってもらえないのは、対話不足からかもしれません。

まずは、持論を捨てて、パートナーの意見に耳を傾け、対話をしてみてください。

きっといい方向に向かうはずです。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。